無料期間ありの定番動画サービス

PC & モバイル

【辛口レビュー】Windows11は「出来損ないのMac」みたいなクソUIの改悪版Win10だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回の記事ではWindows11はインストール要件が厳しくて手持ちのPCにはいずれもインストールができず、終始「エアプ」としてレビューするしかなかったが、結局、裏技的な方法でインストールすることにあっさりと成功した。

10年前のTPM非対応のボロPCでも入れられる

ネット上の情報を参考にして要件チェックをスルーして強制的にインストールするという方法を使い、10年くらい前の第2世代Coreiを積む、どーでもいい古いPCにWindows11を入れてみたのだ。

ちなみに、その手順はレジストリすらいじらず、Windows11のインストール用ISOファイルから「source」フォルダ内の「appraiserres.dll」を削除して実行するだけというもの。このdllが要件確認に関わっているらしく、削除するだけでスルーできるというのだ。なんというオモチャ仕様なのかと・・・。

Windows11自体は中身はほぼWindows10のようなので、動作が重たいから新しい世代のCPUが求められるということでもないらしい。Windows10が動くPCなら、動作感覚的にはWindwws10と同じだ。インストール要件の厳しさはTPMのセキュリティ機能だとか、買い替え需要を煽るために古いPCを排除しているだけに思える。

Windows11のインストールは古いPCでも20分くらいで何のトラブルもなく完了した。触った感じ、Windows10の設定もきちんと全部引き継がれていたし非常にスムーズ。

それでは、さっそくWindows11で変わった部分で気になった個所をレビューしていきたい。辛口なのでMS信者の人は要注意。

スタートメニューとタスクバーが改悪

誰が得するのか、MacやiPad OSにクリソツな出来損ないUI

Windows8が登場した時、スタートボタン廃止や、もう何ていう名前だったか忘れたが初期画面のような場所からアプリを起動するのもかなりインパクトがあった。Windows8は結局、少し試しただけですぐにクソだとわかり、一瞬で7に戻したのでほとんど使わなかった。

その後、スタートボタンは世論を反映して復活して10でも健在だったのだが、11ではスタートボタンはあるものの、その使い勝手は10までとは大きく違う。

タスクバー自体も出来損ないのMacのようになった。10までのように小さいボタンにしたりグループ化しないようにしたりといった、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズするといったことが出来ない。

カスタマイズ性が薄い押し付け仕様

カスタマイズ項目が少なくて以前のようには変えられない

カスタマイズできるのはデフォルトの中央を左寄せにするくらいなもの。とは言っても、以前のようなスタートメニューとは違って、アプリをピン止めするようなスペースでしかないため、10までとは使い勝手が別物である。

さすがに8よりはマシな気もするがMacを使っている人間からすると、どうしても出来損ないのMacに思えてしまう。ウインドウのふちが丸みを帯びてたり、ドロップシャドウの感じなんかはMacそっくりだ。寝ぼけていたらMacと勘違いしてしまうかもしれない。

コンパネもあるし根本部分はWindows10と同じ

中身がWindows10なのでコンパネなんかもある

Windows11は見た感じ、中身は10で見た目やUIをMac風に変えただけのクソOSである。

それだけのためにCPU要件などのハードルを上げて買い替え需要を煽るのもどうかと思うが、根本的な部分は10のまんまだと思えるのがコントロールパネルなどがそのまま残されていること。

メモ帳とかペイントとかメディアプレイヤーとかもそのまんまだし、UIが出来損ないのMacになっただけである。

最後の砦、エクスプローラも大改悪

「その他のオプション」という二度手間仕様

ファイル操作など使う頻度の多いエクスブローラは大改悪された。

Windows7→10の時点でも使い勝手が悪くなったが、10はまだ我慢すればストレスは溜まるものの使える範囲のものだった。

それが11では右クリックすると出てくるメニューは主なものだけで、それ以外の細かい操作は「その他のオプション」というのをクリックする仕様となった。初心者向きでシンプルな操作感を目指したのだろうけど、仕事で使ってたり細かいことをやろうとすると、ただ二度手間になるだけである。

まとめ Windows11の利点は一瞬で10に戻せることのみ

UIが出来損ないのMac風になった以外には、特に感じることもなく、10と比べて悪くなった部分はいくつもあっても、良くなった部分が何もなかったというのが正直なところ。

UIが全体的にMacやiPadに近づいたというのはあるが、こういうインターフェースが好きな人はMacを使った方がいいと思う。Macを使ったことがない人は丸みを帯びたウィンドウや柔らかなドロップシャドウが新鮮に思えるかもしれないが、Macでは昔からそうだし、Windowsらしいビジネスライクさがなくなったとも言える。

利点は10に一瞬で戻せることだ。スタートボタンから設定的なものを出し、「回復」メニューから戻すことができる。

注意点は10日間とか猶予がないこと。個人的には10日どころか1時間経たずに戻したが、元がタブレット向けのUIなだけにPCとして使うにはゴミ過ぎるUIだったというのが使う気にならなかった理由だ。

サポートが終わるぎりぎりまで10を使って12にトライという感じかなぁ。でも、このクソOSのためにマザボ一式買い替えとかしなくてよかったー(^^)/

【PR】U-NEXT31日間無料トライアル

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実! スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービス!

無料体験はこちら