Sixth Stage 沖縄やんばる Special Touring Style

11日目 沖縄本島一周、完走へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

沖縄本島にベースキャンプを確保した私は、沖縄本島一周を完了させることにした。

約半年前に走行した区間を合わせると、本島一周ルートにおいて、まだ走っていない場所は『沖縄市~東村』の区間だけだ。また東村に行くのは億劫に感じたが、完走のためにはやるしかないだろう。

この日の朝、本島一周を目指して出発。まずは沖縄市方面へ向かう。

このあたりは西海岸と東海岸の中間地点くらいで、中部地方の各都市を結ぶ交通の要衝でもある。観光客はほとんどいないが、地元の人達の車が多い。それに目をつけたのか、ライカム交差点のあたりに県内最大規模の新しいイオンができるようだった。何もこんなところにイオンを作らなくても・・・と素人考えでは思うが。

沖縄市に入り、北上していく。途中、作業員の方が集まっている弁当屋を見つけたので、適当な弁当を買う。近所の公園のようなところで食べる。

あまり知られていないが、沖縄本島の国道は場所によるが北海道と同等程度に歩道や路側帯が広くて自転車にとって走りやすい。

但し、車のマナーは北海道よりだいぶ危険。まず、自転車が普段あまり走っていない地域なので、自転車の動きを予測できていないドライバーが多い。自転車がいるなんて思わず左折したり、自転車の方が停まってくれるだろう、よけてくれるだろう・・・というような状況に何度か遭遇した。あと、これは北海道の田舎と同じだが、歩道=駐車場という思想の人が多い。

弁当を食べ終わり、さらに北上していくと、途中雨がパラついてきた。今日は失敗だったかな、と思ったが、少ししたら雨は止んで晴れてきた。

金武町に入る。金武町に来るのは初めてだった。でかければいいというものでもないが、この街は巨大タコライスの世界一の記録を持っているという。金武町を過ぎると西海岸とそれほど変わらない、綺麗な東海岸の海を右手に走ることになる。沖縄本島を北に向かって走っているのに、海が右手にあるっておかしいわ・・・。

やがて名護市に入る。名護は広くて、西側にも海があるし、東側にも海がある。沖縄本島は西海岸にビーチリゾートが多いが、このあたりもカヌチャリゾートというリゾート地帯だ。海は綺麗だけど、国頭村よりはマシだが、アクセスがあまりよくないので、恩納村に比べると穴場っぽい。恩納村のホテルに予約が取れなかった人か、コアな沖縄リゾートマニアみたいな人しか来ないんじゃないだろうか。

このあたりの道の駅で沖縄そばを食べた。このへんは中南部より物価が安い。中南部でまともな沖縄そばを食べたら最低550円~600円くらいするが、この店では500円。まともな味だったから、絶対的な観光客数が少ないこのへんの方が那覇あたりより物価が安いのだろう。

再び、やんばるの森っぽい雰囲気のところに差し掛かった私は、東村に向けて本島一周のラストスパートへ突入。しかし、やんばるの森はラストスパートを拒む。最後の抵抗をしているかのような、いじわるなアップダウンが続く。

一般の観光客にドライブコースとして東海岸があまり選ばれないのは、道が悪いからというのが大きな要因だろう。東海岸の北部には、自転車で走った感じ、地図には載らない20~30くらいの峠がある。セミがミンミンうるさいし、自転車には関係ないがガソリンスタンドも滅多にない。敬遠されても仕方がないだろう。

ツーリングマップルに急勾配注意みたいなことが書かれている場所など、峠を何度か登り下りする。基本的にツーリングマップルはバイク用に編集されているので、バイク向けにでも急勾配注意と書かれている場合は、自転車にとっては地獄の急勾配ということになる。実際、アホみたいな登りだった。峠でもないのに、こうしたアホみたいな登りとセミのうるささは、やんばるの東海岸名物と言っても良い。

アホみたいなアップダウンが落ち着くと、いかにも修学旅行生が集まっているエリアに差し掛かる。人の集団を見るのは珍しい。こいつらは沖縄屈指、すなわち国内屈指のマングローブ地帯を見学しに来たやつらだ。

そこは水場があって、カヌー体験などができるようだった。北海道の人間なので北海道を贔屓するわけではないが、釧路湿原とかの方がずっと雰囲気があるように思えた。もしカヌーデビューするんだったら、私は釧路湿原の方がいい。

駐車場には高輪中学校と書かれた観光バスが3台くらい止まっていた。アホなくらいに色白な東京の中学生どもが、同じ日本人とは思えない真っ黒に日焼けした沖縄の中学生から『水分補給を必ずするように』とレクチャーを受けている。高輪は泣く子も黙る東京の高級住宅街だ。

こうやって沖縄と東京の中学生を同時に並べられると、東京の金持ちボンボンの中学生どもは、まさしく『もやし』にしか見えなかったのである。沖縄の灼熱の太陽を浴びて、今にもよれよれになって萎れてしまいそうだった。

マングローブの公園を2分だけ見学した後、東村へと再び走る。

あの平良の交差点をゴールにしようと思った。軽いアップダウンの道を数キロ走ると、右手にそれほど整備されていないけど、そこそこ綺麗な東村のビーチが見えてくる。やがて平良の交差点に辿り着く。

初めて沖縄に来たのが9年前、来沖10数回、今ここに沖縄本島1周が完了した。

なんというか、虚しいな・・・。人生の根本的な価値観が180度変わるとか、そこまでのことは期待していなかったが、もう少し達成感があるものだと思っていた。きっと、日本一周したり、世界一周したりしても、こんなふうに虚しい感じなのかもしれないと思うと、自分が今まで何度か自転車旅行してきた経験のほとんどが、なんだか虚しいものに感じられた。失望したと言ってもいい。

例の道の駅の少し手前に個人商店があったが、高いし買いたいと思うものがなかった。仕方ないので、しょぼい道の駅でカットパインと島バナナとメロンクリームソーダを買った。

外の妙にチクチクした芝生に座り、カットパインと島バナナを食べる。が、私は島バナナというものを初めて買ったが、緑の状態では粉っぽくて苦いだけで、とてもフルーツとしては食べらないのであった。体力を回復させるためにバナナが食べたいと思って買ったのだが、熟して黄色くなるまで、このバナナは食べられないのであった。

ちなみに、この場末の道の駅では島バナナが100円で売られていたが、豊見城のメジャーな道の駅では800円で売られていた。

さて、島一周も終わったのでベースキャンプに戻らなくてはならない。

初めは来た道を戻るつもりだったが、あのアホなアップダウンをまた走るのは体力&精神的に不可能だった。名護経由で西海岸を通って戻ることにした。西海岸を通った方が5倍は楽だ。

国道331号線の山道を走っていると、あまり見ないような案内板があった。『恥うすい碑』・・・なんだろう。体力や精神が消耗しているので、一旦は通り過ぎたが、気になって50mほど戻って立ち寄ってみることにした。

純白で純粋な大人の愛・・・と書かれている。石碑には『野山越える道や 幾里隔みても 闇にただひとり 忍び行ちゅん』と書かれてる。全然わからんが、なにやら訳アリだ。全国によくある地元のアマチュア作家みたいな人とかが作ったやつだろうと思ったが、後で調べると、ある伝説に基づくものだった。

昔の沖縄では違う村の異性との恋愛や結婚はタブー。この場所は、違う村に住む、ある男女がお忍びで会っていた場所なのだという。しかし、ある日、女は約束の時間になっても相手の男が来ないので、男の住む村に様子を見に行ったら、村の女達といちゃついているところを発見。ショックで女はこの場所で自殺してしまう。男が村の女達と遊んでいたのは、村人に対する一種のカモフラージュだったのだが、後に男もこの場所で自殺してしまう・・・という話だ。(参考 やんばる国道物語)

さて、名護市内に無事に戻る。名護の国道58号線沿いには上等なJAの農産物直売所がある。ここで惣菜類をいくつか調達した。直売所の惣菜は付近の飲食店や農家などか作ったもので、スーパーで売られているものより種類も多いし、安くて美味しい。沖縄で惣菜を買うなら、街の個人経営の弁当屋か、JAの直売所がおすすめだ。

惣菜を買って名護のビーチで食べていると、ここはジョギングなどの人が多いのだが、40代くらいの男性に「ツールド沖縄頑張ってください! ちばりよー!」と激励される。

はい? と思ったが、もうすぐツールド沖縄という自転車レースが開催されるらしいので、ツールド沖縄に出る人だと勘違いされたのだろう。ここ名護が拠点なので、勘違いされても無理はない。

ツールド沖縄のことはよく知らなかったが、レース部門とサイクリング部門があるが、レース部門は本当にガチ。たぶん競輪選手とかガチの人達が出て、使用できる自転車や服装にも規定がある。公道を封鎖して行うガチの自転車レースなので、フラットバーハンドルのクロスバイクやママチャリは出場不可。

コースを調べると、1泊2日で沖縄本島を一周するようなものから、伊江島などの離島に行くもの、あのクソアップダウンのやんばる北東部を通るものなど、特にレース部門はガチな内容だ。

確かに、やんばる方面を走っていたときに、ロードバイクのクソ早い選手っぽい人達を何度か見かけた。ああいう人達はきっと真のツールド沖縄の人達だ。

夕食が済んだら名護の海岸を散策して、南に向かう。この名護の海岸は捨て猫が多い。少なく見積もっても海岸だけで200匹くらいはいるだろう。それもアメリカンショートヘアーやチンチラなど、ペットショップで買ったら10万円くらいするような外国の猫が多い。

22時過ぎ、割りと疲れ果てて北中城へと帰ってくる。

あやかりの杜は、受付時の説明では夜間も歩行者&自転車用の通路は開いているとのことだったが、門は閉ざされていた。図書館は20時、カルチャーセンターやカフェも22時にはクローズするので、22時で門が閉まる。

調べると、歩行者用の通用口は鍵がかかっていなかったので、開けて入ってみる。守衛のおじさんにギョッとされるが、キャンプ場利用者であることを説明して通して貰う。平日にここのキャンプ場を利用する人は滅多にいないのだろう。

キャンプ場利用者は今日も私一人で、静かな夜だった。

しかし、この場所は小さな山の所の頂上付近にあるのだが、近くに沖縄自動車道があるので、車の走行音が割りと昼夜問わず聞こえる。そして、あのクソうるさいセミの一族がテントのそばで鳴き出しやがった。小石を投げてみたりしたが、クソセミは鳴き止まず。

2時間くらいしたら、やっとセミは静かになった。

【PR】まだキャリア携帯? 月額1千円台~でネットも通話もOKな格安SIM/スマホ!!

1人でも、家族でもおトクに!ドコモエリアで使えて、お手持ちのスマホがそのまま使える格安SIMのBIGLOBEモバイルを紹介しています。ファーウェイなどの人気最新端末の同時購入も可能!!

詳しく見る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください