無料期間ありの定番動画サービス

Sixth Stage 沖縄やんばる Special Touring Style

-7日目 台風19号が沖縄本島直撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

台風シーズンの真っ只中、ここ数年でも超巨大とされる台風19号が沖縄本島に迫っていた。

JALやANAなどの大手航空会社は10月10日~12日頃までの沖縄発着便を欠航の可能性があるとして、無料でキャンセル対応をサイト上で受け付けていた。飛ぶか飛ばないかわからん・・・という状態は人にストレスを与えるので、不要不急の人、要するに遊びに行くだけの観光客とかは無料でキャンセルさせてあげるよ、という大手ならではの配慮なのだ。沖縄では那覇空港が閉鎖され、ローカルスーパーのユニオンですら臨時休業する事態になっている。

ジェットスターはLCCと呼ばれる格安航空会社なので、一般的にはキャンセル対応などができないと世間では思われている。しかし、実際は天候や機材不良による欠航については、返金や変更対応が行われる。それどころか、直前の欠航決定で空港まで来ちゃっている場合はホテル代や食事券なども手配してくれるという。

私は台風が100年に1回しか来ない北海道東部で生まれ育ったので、台風や飛行機欠航についての知識、経験がない。埼玉にいても、なぜかそれほど台風で本当に困ったような経験がない。

どの程度の台風なら飛行機が飛べるのか? そういったものの予測ができず、30分ごとにジェットスターや気象庁のサイトなどを確認して状況を見守った。

ジェットスターは10月11日~12日の沖縄発着全便の欠航を発表。まだ、私が搭乗予定の13日早朝便は欠航が発表されない・・・。どうやら、台風が近くにあっても雨が降っていない場合は風速25m以下なら飛行機は飛ぶらしかった。

成田空港までは今まで通り自走で10時間近くかけて向かうので、空港についた段階で欠航が発表されると精神的ダメージが大きい。早朝なのでホテル代なども出ないし、ただ成田空港まで往復200Kmのサイクリング(決して楽しくない道のり)をするだけになってしまう。

ジェットスターは一般的には変更ができないと思われているが、3500円くらいの手数料と差額が発生する場合は差額を払うことで便の変更ができる。身の回りの準備なども遅れていたので、欠航発表を待つのに痺れを切らして、3500円くらいの手数料を払って出発を1週間後に変更した。

後日談。13日の早朝便は問題なく飛んだようだった。

【PR】いらなくなったPC、家電の回収サービス!!

国が唯一認定した『パソコン/小型家電の宅配便回収サービス』

ご家庭に眠っている不用なパソコン/小型家電を宅配便でご自宅まで回収に伺い、国認定工場にて適切にリサイクルを行っています。

詳しく見る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください