無料期間ありの定番動画サービス

旅モノ

【北海道】札幌から最も近い銭函のビーチに行ってきたぞ(18年ぶり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

銭函駅にある、その名の通りの銭函

札幌から最も近いビーチ、小樽市の銭函という場所にあるサンセットビーチに行ってきたぞ。18年ぶりに。

意外かもしれないが札幌には海がない

日本の大都市は東京、横浜、名古屋、大阪、福岡など大体は海沿い位置しているが、札幌には海がない。歴史的には隣町の小樽が大都市として栄えて、内陸の札幌が開拓されたという形だが、そんな札幌から最も近いのが銭函のサンセットビーチだ。

銭函駅のホーム。本数多めの快速は停まらないので注意。

アクセスはJR函館本線で札幌駅から普通列車(各駅)に乗って27分、片道440円と電車が高めの北海道にしてはリーズナブルなのもポイント。車がないと出かけるのが大変な北海道にして、電車だけで行けるビーチなのだ。

ちなみに、この区間を走っている普通列車はUシートと言うグリーン車的なものが連結されている場合がある。以前は新千歳空港の快速エアポートとして運用されていた車両だが、この区間で普通列車として走っている場合は追加料金なしでUシートに乗れるローカルルールがあるので覚えておくと良いかも。

銭函駅から30分くらい歩く

電車で行く場合、銭函駅を出て東側に道なりに30分くらい歩いていく。海水浴シーズンの土日なら、それっぽい人たちが歩いているはず。以前は夏に車で来たことと、なぜか冬に訪れたことがあった。歩道があったりなかったりで、決して歩きやすい道ではない。

ラブホテル的な建物とサンセットビーチという看板が出てきたら、砂利道を入っていく。路駐する車が多いので注意。しかし、海水浴場=ラブホというのも何だかと思うが、18年前にも確かにあったぞ。よく覚えている。

北海道的なビーチへのアプローチ。この草むらの向こうがビーチなのだが、初めてだとどこからビーチにアプローチするのかわからない。地元っぽい人がいれば様子を見てみよう。

ビーチの様子

北海道のビーチはこんな感じ。沖縄の白いサンゴのビーチを見慣れていると、黒っぽいのが特徴。

昔はこういうビーチでも一日中寝っ転がったりしたものだ。

銭函駅付近は若い人の溜まり場

今回の気づきとしては、大都市である札幌から最寄りの海であり、電車で来れる場所だから、銭函駅付近の堤防は高校生くらいの若い人の溜まり場的になっていた。

海が見たかったらここに来て青春を過ごすのだろう。若い人向けのファーストフード店とかがあれば儲かりそうだけど、そういう店があんまりないのが残念なところ。ビーチに向かう道中にコンビニはあったけど。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

当サイトがオススメする「J-TRIP(ジェイトリップ)」は、快適なJAL便と好きなホテルを組み合わせるだけで、自宅から旅の予約ができるサイト。JALなのにLCC並みに安い場合もあって驚くかも。。。

J-TRIPで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください