無料期間ありの定番動画サービス

旅モノ

ホテルによくある折り畳み椅子みたいなものの正体と本来の使い方がわかった→バゲージラック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

画像は折り畳み椅子のイメージ

年間50泊くらいホテルに泊まるというのに、つい最近まで「折り畳み椅子みたいなアレ」の正体を知らなかったのでござる。

このページに検索で来た人は何らかのきっかけで「バゲージラック」という言葉を知ったばかりだと思うが、筆者も少し前まで似たような状態だった。ある時に楽天トラベルで泊るホテルの設備を確認していて、バゲージラックというワードが目について、何じゃそれ?と思ったのがきっかけ。

バゲージラックの正しい使い方

バゲージラックは名前の通り、baggage=荷物を置くためのラックである。

スーツケースを置いて立ったままの姿勢で開閉できるようにしたり、ホテルの洋室は基本的に土足なのでブランド物のバッグとかを床に直接置きたくなくてバゲージラックを使う場合もありそう。電車とかでも床にバッグ置くのが嫌だという人もいるしね。筆者は全く気にしたことがないが、人によっては有り得ないことだろう。

逆に、スーツケースもブランド物のバッグも、床に直接バッグを置くのが気にならない人だと、そんなに存在する意味がなかったりもする。

高級ホテルやリゾートホテルだと、より高級感のある立派なバゲージラックが用意されている傾向にある。ホテルのランクが下がると、折り畳み式の簡易的なものだったり、バゲージラック自体がない場合もある。ホテルのグレードを表すバロメーターでもあるかもしれない。

バゲージラックの間違った使い方

筆者の場合、バゲージラックというものを知らずに育ったので、座ったことはないが補助イスとか、ハンガーに掛けるほどでない衣服やどうでもいい観光パンフレットとかの書類を置くのに使うことが多かった。

ちなみに、バゲージラックは人が座るようにはできていない。万が一、壊したり怪我しても教養がないバカ扱いされるだけなので、絶対に座ってはいけない。

日本人の生活に馴染みがないのは本音

ホテル業界や旅行業界、家具業界で働いている人なら知っているのが当たり前かもしれないが、それ以外の日本人には馴染みがないのが本音ではないだろうか。

日本の一般家庭でバゲージラックがあるとは思えないし、ホテル向けに販売している業者なんかもあったり、海外ではどうか知らないが日本ではプロ用の商品なのだ。

それでも、一般向けに売っているバゲージラックもあるので、自宅をホテルっぽくハイセンスにしたい場合は自宅用に買ってみるのも良いだろう。バゲージラックのことを考えると、なんか急にバゲージラックが欲しくなるから不思議だ。これって恋だろうか?

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください