病気と健康

病気と健康

電動歯ブラシは手磨きより歯垢が取れない疑惑が湧く昨今

半年ほど前、虫歯になりやすい歯質であることに嫌気がさして電動歯ブラシを導入することにした。

それまでも歯科衛生士に手磨きでの磨き方の指導は受けていたのだが、明らかに電動歯ブラシを導入してからの方が歯垢が除去できていないように感じる。

歯垢がごっそり残っている事実

電動歯ブラシだけで磨いて何日か経ってから思うのは、ほとんど歯垢が取れていないのではということである。

指や爪で奥歯などの側面を触ると、ごっそり歯垢が残っている。手磨きの時はこんなことはなかった。

説明書に従って、ブラシ部分を当てるように磨いているが、やり方が悪いのか、もっと根本的な部分を間違っているのかは不明だが、現実問題として手磨き時代より劣っているように思ってしまった。

メーカーが謳う歯垢除去「99.7%」などのトリック

某メーカー製の電動歯ブラシを使っているが、広告で「99.7%」などの数字を見かける。

パッと見だと歯垢の99.7%が除去できるからほぼ100%じゃん! すげー! と錯覚してしまいそうだが、よくよく見るとメーカー調べによる手磨きとの比較でしかない。

手磨きは歯科衛生士から個別の歯の状況に応じた磨き方の指導を受けないと効率よく歯垢除去ができないが、雑に手磨きしている人に電動ブラシを使わせたら2倍近く歯垢除去ができたというだけの数字ではないかと思う。

メーカー調べだからいくらでも都合のいい数字を出すことができるだろうし、数字のトリックに騙されてはいけなかったのだ。

電動歯ブラシはブンブン回転するから磨いた気になってしまう

電動歯ブラシで磨くとブンブン回転して振動も凄いから、何となく適当にやっても磨かれているような気になってしまうことだろう。

これもトリックと言えばトリックだ。

手磨きの時と同じように歯垢が角度を調整しながら当てないとならない気がする。

しかし、振動が凄いものだから細かく調整するのが難しいし、歯茎の状態によっては回転や振動はよろしくないような気がしてしまう。

ブラシ部分の交換を怠ってはいけない

電動歯ブラシは激しく回転するだけあって、ブラシ部分の消耗は激しい。

3か月も交換していなかったら歯垢除去能力は著しく落ちると実感する。

交換してびっくりしたが、まるで歯に当たっている感覚が違うのだ。

手磨きの時は多少交換しなくても違いがわかりにくいが、電動歯ブラシは頻繁に交換しないと本来の能力が発揮できなくなると思う。

電動歯ブラシでも歯間清掃はこれまで通り必要

電動歯ブラシであっても歯間清掃は別途必要なので、糸ようじなどとセットで使わないとならない。

個人的には電動歯ブラシは広告でのイメージほど優れたものではないと思わざるを得ないが、歯間の歯垢を除去する能力は手磨きと同等か劣るものだと思う。

えっ、じゃあ電動歯ブラシを使う意味がなくないか? という考えに至るのだけど、事実、そう思ってきている。

人間の体は不便な部分は沢山あるが、歯は特に現代人の生活に全く適応できていない部分の代表格だと思う。

歯医者で相談したら手磨きは別途必要なようだった

実際問題、奥歯の奥の方などは電動歯ブラシでは全く磨けていなくて汚れが溜まってしまい、他にも原因はあるのだけど歯茎が腫れる事態になった。

歯医者で相談したら、やはり電動歯ブラシでは磨けない部分があるので、結局は別途手磨きが必要とのことだった。

奥歯の奥などの磨きにくい場所はタフトブラシという、隙間清掃に特化した細いブラシを使うといいらしく、そのへんで市販されている。

ますます電動歯ブラシの存在に疑問を持ってしまう昨今だ。

病気と健康

お酒を飲むと風邪や病気にかかりやすくなるのは医学的な根拠があった

画像はイメージ。今まで飲んだ酒代でビルが建つかも(嘘)

成人になってからの20年くらいの間、感覚的に薄々そんな気はしていたが、お酒は万病のもとであることが最近はっきりした。

なんでもアルコールは免疫力を大幅に低下させるというのである。

重い風邪をひくのは決まって酒を飲んだ翌日

そんなに風邪をひく方ではないが、風邪をひく時は大体はお酒を飲んだ翌日であることが多かった。

外で酒を飲んでふらふらしているうちに風邪をひいた・・・というのならわかるけれど、家飲みでもそうなのだから、酒が風邪をひくトリガーになっていると考えるのが自然であった。

そこで「アルコール 免疫」などのキーワードで調べてみたら、案の定、酒のアルコールによって人間が持つ免疫力が大幅に低下するとのことだった。

通常時なら跳ね除けられる程度の風邪ウイルスであっても、アルコールで防御力が低下しているためにノックアウトされて風邪をひいてしまうのである。

コロナ禍で酒の提供をしないのも同じ理由だったのかも

世間的には酒で免疫力が下がることが知られているのかどうかわからないが、コロナ禍において酒の提供を自粛したり、時短営業する飲食店が多かったのは、酒による免疫力低下の懸念からであったと考えると色々と納得がいく。

グループで酒飲んでワイワイ騒ぐから感染するというのもあるだろうけど、アルコールで免疫力が大幅低下することの方がリスクが高かったのだろう。

家で一人で飲んでいるから安心なんて思うのは大間違いで、自分なんかは一人で飲んでいたけどコロナに感染したクチだから、酒による免疫力低下はもっと意識しなきゃならんかったと思うのであった。

感覚的にはわかっていたけれど、疲れやストレスが溜まっている時なんかに酒飲んじゃうと、そのへんに漂っているウイルスに一発でノックアウトされてしまうのは、やっぱり医学的な根拠があったわけだ。

ちなみに、パイロンPLは病院て処方されるやつと成分が全く同じ。風邪薬を常備しておくならパイロンがオススメ。

病気と健康

【胸焼け、吐き気】やっぱり危険だったインスタント麺の話

安くて手軽だけど危険な食品(個人の意見)

カップ麺やインスタント麺を食べたあと、なんとなく胸や喉がムカムカ、ヒリヒリしたり、胃の痛みや不快感を覚える人はいないだろうか?

日本は経済優先のためか、タバコ、酒、インスタントラーメン(うどん、そばなどを含む)をはじめとして、口にすると危険な食品が手軽に変える環境にある。

安くて手軽で美味いから罠にハマる

あらゆる危険な食品の中でも、多くの人にとって身近なのがインスタント麺だろう。

安くて保存が効くし、化学調味料たっぷりだから美味しい。コンビニやスーパー、ドンキやドラッグストアーなど、あらゆる場所で買える。

でも、個人的な意見として言わせてもらえば、インスタント麺ほど冗談抜きで危険な食品はない。

いや、即席麺業界を敵に回すかもしれないけど、実際、何気なく食べたインスタント麺のせいで酷い胸焼けや息苦しさが襲って、貴重な1日を台無しにしてしまったこと数知れず。

だから、今後の人生でインスタント麺を積極的に食すことはないとここに誓うのである。

インスタント麺は見えない油が大量

インスタント麺というのはノンフライを別にすれば、油であげて作られている。

見た目上はそんなに大量に油が使われているようには見えないが、実際にはかなりの油が麺に含まれている。

筆者調べだと平均的には15g~20g以上もの大量の油が含まれている。これでは油を食っているのと変わらんではないか。具合が悪くなるのも当然だ。

ラーメンはもちろん、健康食に思える蕎麦も同様である。

しかも、味を良くするために大量の塩分や化学調味料とのダブルパンチ。

日本人は胃癌や食道癌が多いが、塩分や熱々の食品が原因と指摘されている。

もはや、胃や食道にとってはアンパンマンやカレーパンマン、食パンマンもビックリするくらいのトリプルパンチなのだ。

インスタント麺を食べた時の症状

個人差があると思うので、あくまで自分の場合。

基本、若い人などでまだ胃や食道などが健康な人はインスタント麺を食べても何ともないと思うが、ある程度の年齢になったり、胃や体調が悪い時など、何らかのきっかけでインスタント麺が人体を破壊する生物兵器と化す場合がある。

それは地方に出かける用事がある日の朝食だった。

始発列車で出かけるので手早く済まそうと思ったのが間違い。

買い置きしていた袋麺を茹でたのである。食品名は出さないが、某大手メーカーの商品で、何の変哲もないインスタント麺である。

食べた直後は何ともなかったが、2〜3時間後くらいから、胸焼けや喉の詰まり感が徐々に強まったのである。油と調味料による胃酸の逆流が起きたためである。

一度、この症状が起きると短くて半日、平均でその日ずっと症状が続いてしまう。

仕事や大事な用事があったとしても、インスタント麺ひとつですべてが台無しになってしまうのだ。

どうしても食べるなら油抜き必須

フツーは袋めんにしてもカップ麺にしても茹でた汁をそのままスープにして食べる。

そうではなくて、油で揚げた麺は麺自体に大量に油を含んでいるから、ゆで汁をそのまま利用するのではなくて、ゆでた汁やカップ麺で戻した汁は一旦捨てる。カップ麺によっては初めからスープの化学調味料の粉がまぶしてあるものもあるから、そんなものは初めから買わない。

湯切りをしたら麺を水で2~3度洗う。熱いものはそもそも食堂や胃に悪いので、ぬるいくらいの温度にした方がよい。熱々の味噌ラーメンが好まれる北海道では全国平均より胃がんが多いのは食生活が関係していると思われる。

スープは別に作ることで、非常に手間がかかるが油を減らすことができる。当然、スープは塩分と化学調味料が大半だから飲んではダメだ。

商品数は少なくなるが、ノンフライ麺を選ぶのもよいだろう。

そういえば、北海道には屋台十八番というのイフライ袋めんのシリーズが昔からある。

カップ麺だったら麺づくりシリーズのノンフライがオススメ。普通に旨いし胸やけもしなかった。

インスタント麺とどう向き合うか?

日本の食文化の一つと言ってもいいくらいなインスタント麺だけに、どう向き合うべきかというのは、それぞれが考えなくてはならなら。

個人的には、よくよく考えれば、わざわざ食べる必要は全くないと思っている。

インスタント麺でしか取れない栄養素なんてないし、むしろ大量の塩分や油、化学調味料で体にダメージを受けるデメリットは大きい。

いくら安くで手軽でも健康を害して病院代でマイナスになるのでは逆に高く付く。

災害時などの保存食には良いかもしれないが、お湯がないと美味しく調理できないし、災害で不自由なときに体調不良を起こすようでは、災害時の食品としても褒められたものではない。

ノンフライ麺でも塩分や化学調味料は同一なのは言うまでもなく、インスタント麺はわざわざ食べる必要がないというのがファイナルアンサーだ。

それしても、日本には危険な食品があまりにも身近に溢れている。選ぶ側が実を守るために賢くならなくはならない。