グルメ

グルメ

【渋谷】世界に6500店舗もある巨大タコスチェーン「タコベル」に行ってきたぞ

渋谷道玄坂店の外観

沖縄でのタコスやタコライス興味に端を発して、全世界に6500店舗もあるという惑星規模の巨大タコスチェーンの「タコベル」が日本にもあるということで、その代表的な店舗である渋谷道玄坂店に行ってきたぞ。

タコベルは記事執筆時だと東京周辺と大阪に計12店舗ある。

コスパはそんなによろしくない

とりあえず標準的なセットメニュー

いきなり酷評だけど、日本で一般的なファーストフード店と比較するとコスパはそんなによくない。

写真のセットメニューはタコス2つとナチョスとソフトドリンクが5種類くらいのドリンクバーで1000円超え。写真で見るとそんなにボリュームは無さそうだけど、実際にそんない。

アボカドベースのワカモーレというソース(?)

ナチョスかフライドポテトか選べるけど、せっかくなのでナチョスにした。ナチョスはほとんどドンタコス。いくつかチョイスできるが、ワカモーレというアボカドベースのあまり味がしないソースっぽいものを付けて食べる(たぶん)。

タコシェルはハードとソフトを選べる

ハードタイプとソフトタイプが1つずつ

タコスを食べ慣れていない一般日本人だとタコシェル? って感じだろうけど、皮に当たる部分がタコシェル。

アメリカ風(たぶん)のハードタイプとメキシコ風(たぶん)のソフトタイプを選べる。セットメニューだと1つずつを勧められるみたい。ハードタイプは喉が渇くので、どっちかというと、ソフトタイプの方が美味しかった。

ホットソースはタコベルのオリジナル

ホットソースが付属するので好みでトッピングする。

総評 タコスは日本人の主食になる夢を見るか?

少し早いランチ時間帯の誰もいない店内

1000円超えという価格を考えると、ボリュームも味も物足りない感じがした。

ジャンキーな味でもなく、ヘルシー志向でもなく、甘くも辛くもなく、「食った食ったー」という感じがしないボリューム。

海外のタコベルは食べたことがないけど、月見バーガーとかを出しているマクドナルドとかをもっと研究して、日本人の舌に合わせた方が日本ではウケる気がする。

タコライスとかあっても良さそうだったけど、タコライスは沖縄料理なのでメニューにはなかった。カウンターでメニュー表とにらめっこして、注文に迷っている客が多かった。客層はメキシカンな感じの若者が多いのかなと思ったけど、普通に20代~40代くらいの付近のサラリーマンが中心。

場所は飛ぶや109の裏側の小道あたり。他には渋谷から原宿方向に歩いた宮下パークという商業ビルの3Fフードコートにもある。

グルメ

【タコス】業務スーパーとカルディだけでタコスとタコライスを作ってみた実験

沖縄の有名店「チャーリー多幸寿」のタコス&タコライス

タコスやタコライスは沖縄を別にすると、日本全体としてはそれほどメジャーな食べ物ではない。

1年に1回も食べない人も多いだろうし、タコスやタイライスと言われても???マークが浮かぶ人の方が日本人全体としては多いはず。

タコスとタコライスの概要

タコスはメキシコ発祥の国民食で、日本で言えばオニギリや寿司みたいなもの。アレンジが無数に存在していて日常的な食べ物だが、それがアメリカに導入されてアメリカでアレンジされたのが日本人が何となく知っているタコス。

一般の日本人が沖縄旅行で食べるタコスもアメリカでアレンジされたタコスがベースになっていて、大抵は沖縄の現地に合わせてアレンジされている。

アメリカではマクドナルドみたいなハンバーガーチェーンと同じく、大規模なタコスチェーン(タコベルとか)があったりするのだが、基本的にお米の国である日本ではそんな事情は知られていないだろう。ちなみに、タコベルは一応日本にも進出していて東京の渋谷などに数店舗展開している。

業務スーパーやカルディが近所にあれば作れる

沖縄だと繁華街はもちろん、住宅街だとか人がいるところにはどこかしらにタコス屋やタコライス屋があるのだけど、沖縄以外ではタコス屋やタコライス屋というのは滅諦にあるものではない。

飲み屋街の沖縄料理店のメニューにタコライスが存在しているくらいだろう。タコスに至っては積極的に探さない限り、食べられる店は滅多に見つからない。

そんな日本のタコス事情だが、家の近所に業務スーパーやカルディコーヒーがあると自宅で作ることができる。色々と実験しながらだけど、勘所みたいのがわかってきたので、似たようなタコスやタコライス難民のために共有してみる。

業務スーパーとカルディで買い分ける理由

結論を言うと、エスニック系食材など輸入食材の専門店(たぶん)であるカルディコーヒーに行けば、タコスやタコライスで必要になる特殊な食材は全部買うことができる。

では、なぜ業務スーパーに行くかというと、カルディより業務スーパーの方が安いからだ。カルディは沖縄で売られている沖ハムのタコスミートなんかも売っていたりするのだが、沖縄現地より平気で2倍もしやがる笑笑笑笑笑

どうしても出来合いのタコスミートが欲しいなら、沖縄で買いまくってくるかネットで買った方がいいくらいだ。

まずは業務スーパーで必要なものを調達してみる

近所に業務スーパーがある人は先に行くとよい。なければカルディに直行してもよい。

何はともあれタコシェル

世界には様々なタコスシェルメーカーがある

業務スーパーで売っていたタコスシェル。11枚~12枚入り(アバウトだなw)で300円くらい。

この商品はベルギー産で業務スーパーの運営会社である神戸物産が輸入していて箱とかもデザインしているオリジナル商品みたい。

中身はこんなん。未知との遭遇

こういう箱入りのタコシェルは沖縄のスーパーなどでもよく売られているが、筆者も中身は未知との遭遇だった。

トルティーヤ、つまりトウモロコシの粉を焼いたトウモロコシチップスとも言えるハードハイプの皮である。感覚としてはドンタコスという日本でもポテトチップス並みに売られているお菓子の何も味が付いていなくて、サイズが大きいものと思って貰えばよい。

メキシコのタコスの皮は柔らかいものが一般的なので、これはアメリカでアレンジされた「テクス・メクス」式のトルティーヤだ。カルディの方が種類が豊富だったりするが、値段は業務スーパーの方が安いので拘りがなければ適当に安い方を選べばよい。拘りが出てきたら初心者は卒業だ。

ネットで探す場合は「タコシェル」というワードが最良っぽい。

ちなみに、業務スーパーには冷凍トルティーヤも大量に売られている。そんなに需要あるのかな~と思うけど、大量に売られているということは買う人がいるということだろう。知らないだけで近所にタコスを大量に提供している店があったり、日常的にタコスを食べている人が大量にいるのだろうか。謎だ。

サルサソースとホットソース

一般的なスーパーにも日本メーカーのカゴメが出しているサルサソースが売られている。そっちの方が手軽に買えるし値段も安いのだが、業務スーパーに行けばメキシコ本場のサルサソースやホットソースが安く買える。

写真に写っているのは左がサルサで300円くらい。カゴメのやつより大容量で辛い。右のホットソースは100円だけどメキシコ本場のもの。右のサルサソースだけで十分辛いのでなくてもいいけど、より刺激を求める場合はついでにホットソースも買っておくとよいだろう。

沖縄っぽい味にするならタコライス用のホットソースがオススメ。メキシコのは1段階か2段階辛さが上。タバスコでも代用できるけど、風味はそれぞれ別物。

業務スーパーで買うものはこんなところ。

近所に安いスーパーがない場合は、良さげなチーズとかが売っていれば業務スーパーで買ってもよい。

カルディコーヒーで買うもの

カルディのよいところはタコス関係の色々な商品があること。但し、全体的に値段が高い。

タコスシーズニング

あまり聞きなれない調味料だと思うけど、要はタコスミートを作るために挽肉にタコス味付けるためのもの。香辛料とかが入っている。

カルディオリジナルの物を含めて4種類くらい売られていた。これは500gの挽肉に対して使える量で200円くらい。

最近だと日本のハウス食品もカレールウ形状のタコスミート用のルウ(?)を売ってたりするけど、本場のタコスシーズニングがこれというわけ。

ちなみに沖縄だと各社からレトルトで調理済みのタコスミートが売られている。沖縄以外ではカルディや沖縄物産展で売られているけど値段が高い。まぁ、挽肉を買って自分で作ってもそれほど難易度は高くない。

タコスシーズニングを使わずに塩コショウとホットソートとかで味付けしても、似たようなものは作れる気がする。沖縄のタコス専門店でもカレー味のタコスミートとかアレンジしたものが使わている場合もあるし、それほど拘る意味はないのかも。

タコスの作り方、レシピ

日本で言うとオニギリとか手巻き寿司とかのイメージなので正式な作り方はあってないようなもの。

タコスミートの作り方

まずは、近所のスーパーで安い挽肉を300g~500gくらい買ってくる。一度に作る量は1人分だったら200gくらいで十分。

これをフライパンにぶちまけて焦がさないように炒めて、タコスシーズニングと水を適量ぶちまけて10分くらい適当に煮込んで水がなくなったら完了。

レタスを刻む

近所のスーパーで買ってきたレタスを刻もう。

沖縄でタコスやタコライスを食べ歩いた経験から言うと、レタスの刻み方で味や美味しさがかなり変わる。専門店のは豚カツ屋の刻みキャベツ並みに細かく刻んであることが多い。大きめに刻むとワイルドな感じになるのでお好みで。色々試すとよい。

合体させる!

ここから先は個人の好みの領域に

あとは手巻き寿司感覚で好きなように合体させればよい。

自分の場合はタコシェルに刻みレタス、タコミート、サルサ、チーズ、ホットソースの順番で合体させた。余力がある場合はトマトをトッピングしてもよいけど、思ったほどタコシェルに具が入らない・・・。

タコシェルはオーブンなどで先に軽く温めてもよい。あんまりハードなタコシェルが好みでない場合は、合体させた後にほんの少し電子レンジで温めるとしっとりするし、チーズも溶けていい感じになる。

タコライスも作れる!

そもそも沖縄のタコライスはタコシェルの代わりにライスを使ったものなので、余ったご飯とかがあれば、そのままタコライスも作れる。具は全く共通。

米を食べ続けた日本人なので、トルティーヤよりご飯で食べたくなってしまうんだよね。

タコスを作るとやっばり米が食べたいなぁと思って来てタコライスが誕生してしまったのがわかる気がした。

タコスやタコライス難民になっちゃってる人はお試しあれ。

グルメ

【沖縄】嘉手納の米軍施設内レストラン「シーサイド」で米軍仕様のハンバーガーを食ってきたぞ

マックのハンバーガーの3~4個分はある

沖縄本島の嘉手納にある米軍施設内にあるレストラン「シーサイド」で米軍仕様のアメリカ本場のハンバーガーを食ってきたぞ。

それは一般日本人でも入れる希有な施設

沖縄本島には数多くの米軍基地や米軍関係の施設があり、街の一等地や国道58号線みたいな大幹線道路を分断する形で存在している。米軍施設は沖縄の中のアメリカだ。許可のない一般日本人が立ち入ることはできない。

大抵は金網のフェンスや有刺鉄線で一般日本人が入れないようになっており、無断で間違って入ろうものなら、拘束、拉致監禁、射殺されても文句は言えないのだ。

そんな中でこのシーサイドというレストランだけは、一般日本人が立ち入ることを許されている希有な施設なのだ。

シーサイドの場所と「いらっしゃいませ」


沖縄本島中部地方の嘉手納町にある。

国道58号線を北谷方面から北上、左右を空軍基地で挟まれている一帯を抜けた当たりの左手に「いらしゃいませ」という、海外の怪しい日本人向け観光地にありがちな微妙な看板が目印。ネーブル嘉手納という昔からある絶妙なショッピングモールの手前だ。

筆者は徒歩なので見逃さないし、以前から何度も気になってロックオンしているので問題ないが、車だと一瞬なので予め目星を付けておいた方がいいだろう。

ちなみに少し前までシーサイドレストランというような名前だったが、リニューアルして「シーサイド」だけになった。わかっている人でないとレストランであることがわからないので以前の方が良かったと思うが、きっとアメリカや米軍の間ではナウい響きなんだろうね。

いざ建物内へ進む

特に敷地内に入る時にも身分証のチェックなども全く必要ない。7年くらい前の成田空港では国内線利用でも身分証のチェックがあったけど、米軍施設であることを感じさせないくらい何もない。

店名のシーサイド。まぁ、沖縄はシーサイドだらけなんだけど

細かく言うと、ここは米軍の保養施設として営業しているレストランなのだ。とは言っても、北谷近辺には米軍関係者というかアメリカを意識したような飲食店はいっぱいあるし、一般の店に比べて特別ここが安いとかそういうわけでもないから、営業的な理由で一般日本人にも開放しているという形だろう。

席はインサイドとアウトサイドがある

入り口付近の海水魚の水槽

ここはアメリカ本場のフルサービスのレストランなので、店内に入ると席まで係の人が案内してくれる。

ネットで下調べすると以前は一般日本人でも全部英語で接客される場合もあったそうだが、こっちは明らかに一般日本人なのでオール日本語での案内だった。アメリカ人店員さんでも日本語ペラペラだし、半分くらいは日本人スタッフな気がする。

インサイドだとこんな感じ。アメリカサイズでゆったりしてる

要は日本語しか喋れなくても問題ないということ。逆に一般日本人だけど英語が喋りたければ勝手にどうぞ~という感じ(変な人だと思われるかもしれないけど)。

日常を取り戻しつつあるけどコロナもあるし、天気が良ければ基本はアウトサイドというかテラス席を案内されるみたい。まぁ、天気は良かったけど強風で落ち着かなかったんだけどね。

チーズバーガーとドクターペッパーを頼む

メニューは文字ビッシリだけど色々ある

この写真はアルコールのメニュー表の一部。ビールだとバドワイザーが一番安くて、オリオンはバドワイザーの2倍近くする。

アルコールも色々あるけど、料理も思いのほか色々ある。シーサイドレストランなので海鮮を使ったメニューなんかもある。

パスタとかよくわからない洋食セットみたいのもあるけど、案内されたテラス席がアメリカサイズでヤケに椅子が高くて、気を付けていないとひっくり返りそう・・・という問題に直面しつつ、最初から決めていたクラシックチーズバーガーとドクターペッパーを頼んだ。

席に案内したのはアメリカ人女性だったが、接客担当は日本人のお兄さん。ここはアメリカのフルサービスレストランなので席ごとに担当者が付く。注文から支払いまで固定なのだ。もちろんチップ制だから接客の良し悪しで手取りが変わるため、日本の安い飲食店なんかとか比べ物にならないくらいサービスが良い。

シーサイドという店名の通り、テラス席からは海が見える。飲み物はドクターペッパー以外にはコーラはあったがルートビアはなかった。

直接関係ないけど10年くらい前に比べると、沖縄でもルートビアを見る機会が減っている気がする。沖縄の地場スーパーでも扱っていないことがあるし。15年くらい前だと、かねひでとかで1缶48円とかで売られていた気がしたけど。

マックの3倍はあるチーズバーガー到着

撮影の都合で肉は見えないけど、とにかくデカいバーガー

ドクターペッパーを前菜(?)にしつつ、10分ほど待つとクラシックチーズバーガーが到着。おお、デカいバーガーで串が刺さっとる。ボリュームがあるから串を刺さないと形状を維持できないからな。というより、テラス席は強風で気を付けていないと色々なものが飛んでいきそうなんだけど。

言うほど普段はハンバーガーを食べない筆者だけど、マックとかのハンバーガーに比べると3つ分くらいのボリュームがある。

むしろフライドポテト!!

ハンバーガーには何も言わないでもデフォルトで添え物としてフライドポテトが付いてくる。添え物と言ってもマックフライポテトのLサイズ以上のボリュームがある気がするし、フライドポテト大好き人間の筆者からしても旨い!! フライドポテトだけでご飯がイケそうな味。

かぶりついた断面はこんな感じ

マックとかのハンバーガーだとサクッと食べる軽食というイメージがあるけど、ここのバーガーはきちんとした食事だ。マックの場合は意識したことないけど、ここのハンバーガーはパンが香ばしく焼かれているし、ハンバーグもきちんと調理されたものなので、1口目は思わず「うまっ!」と思ってしまう味だった。

「うまっ!」と脳内で思っているタイミングを見計らって、接客担当のお兄さんが再来。

「お味ばどうですかー?」
「・・・(もごもご)、旨いです!」

というやり取りもある。日本のレストランではあまりないよね、たぶん。

食べてもなくならないハンバーガー・・・

ボリュームで言うと食べても食べてもなくならない・・・。マックとかのハンバーガーなら食い終わっているくらい食べても、まだ半分以上残っているのだ。ボリュームがあるぶん、ちょっと後半戦は味が淡泊なので飽きてくる感じはあったけど、本場のハンバーガーを食べる機会はなかなかないので良い経験であった。

飲み物のお代わりは無料!!

ドクターペッパー拷問の始まり

事前情報で知っていたが、このレストランは飲み物のお替りが無料。

お代わりしなくても元々のサイズがビッグなのでどうしようかと思ったが、タイミングよく「お代わりいかがですか」の接客お兄さんにお願いして運ばれてきたのでデキャンタ入りのドクターペッパー。

元のドクターペッパーと合わせて1リットルくらい飲むことになったけれど、ここはアメリカだからアリとしよう。A&Wなんかもルートビアはいくらでもお代わりできるしね。ドクターペッパーは好きだけど特大ハンバーガーとポテトとで、いっぱいいっぱい。というか、胸焼けして気持ち悪いくらい(笑)

ドキドキのドル建て会計

日本円で1400円くらい

日本の平均的なレストランと違って、会計は席で行う。食べ終わった頃を見計らってレシートを持ってきてくれる。

日本の現金でも払えるけどお釣りが・・・という事前情報もあったので、基本はVISAなどのクレジットカードがスマートだと思う。ドル建てなので円高の時の方が安くなる。この時は1ドル114円くらいの円安傾向だったけどしゃーない。

チップは15%が相場

レシートのチップの金額を自分で書き込む

ここはチップが必要な国なのでアメリカ本国に則ってチップも払う。

現金の時はどうだか知らないが、クレジットカードの場合は先にレジに通して貰って、チップ記載用のレシートが発行されるのでチップとトータルの金額を自分で書き込み、席に置いたまま退店して終わり。後でクレジットカードにチップ込みの金額が請求される仕組みだと思う。

チップの相場はネット情報受け売りだが15~20%だという。しばらく海外旅行してないし、海外に行ってもチップが必要な店であまり食事しないからパッと浮かばないよね。大体15%くらいの金額を書き込もう。

まとめ 一般日本人観光伽も行ける米軍レストラン

テラス席から見える景色の一例。米軍の人のレクリエーションか訓練用かわからないけど、小型の船が発着するマリーナというものもある。食事中は外人が船に乗り込んだりしていた。

味もボリュームもアメリカ仕様だけど、普通の沖縄のレストランに飽きたり、ちょっとした思い出作りにはいいのかしら。

平日の昼間は空いていて半分くらいは観光客含む日本人客だし、最初は銃殺されるイメージでいたからか意外と何でもなく過ごせた。注意があるとすれば月曜日は定休日なのと週末や夕方は混むかも、というくらいかな。