グルメ

グルメ

【日清】爆裂辛麺は辛さレベルMAXだけに人類史上トップクラスの激辛ラーメンだった

日清の袋ラーメン「爆裂辛麺」のレビュー。

人類史上トップクラスかどうかはわからないけど、辛党で大体の辛いラーメンを美味しいと感じる自分にしても、トップクラスの辛さに感じるラーメンであった。

ちなみに、「爆裂辛麺」はイオンで1袋150円くらいする袋ラーメンとしては高級な部類。とても常食したり、家族で食べるような辛さのレベルではないからか、1袋単位でしか販売されていなかった。

麺は極太麺。茹で時間は5分

鍋に入れた様子。麺は袋ラーメンだからできる極太麺で、つけ麺とかの麺のよう。

裏面の作り方には先に野菜を炒めて~というような説明があったが、一方で「麺だけも美味しく食べられる」という記載もあり。どっちやねんという感じもするが、作り方は自由らしい。

とりあえず、モヤシなんかを中心に手元にある野菜を入れてグツグツ。ここまでは普通のラーメンだ。

辛さレベルMAXはダテじゃなかった

3分クッキング(5分だけど)のごとく早回しして完成図はこちら。

画像から辛さが伝わるかわからないけど、パッケージには5段階で5のMAX表記の辛さがあるけど、これが辛いなんてもんじゃない。いや、辛党にしても辛いなんてもんじゃない。

よくある「旨辛」という料金は跳び箱3つぶんくらい飛び越えている。「旨い」と「辛い」のバランスで言うと「1:5」くらいで辛さが際立っている。例えると、普通の味噌ラーメンに間違って一味唐辛子の小瓶を半分くらいブチまけてしまった時のような辛さだ。旨さを感じる前に辛さが押し寄せてくる。

スープは辛すぎて飲めたものではなかったけど、太麺だけにスープの辛さがまとわり付いてくる。

辛さMAXに挑戦したい人や無性に辛いものが食べたい人向け

何とか麺だけは完食はしたが、個人的には旨辛の領域を飛び越えていると感じた爆裂辛麺。

オススメできるのは辛党なのは大前提だけど、無性に辛い過ぎるラーメンが食べたい人向け。辛ラーメンの5倍くらいは辛い。

チャレンジャーな人には、ぜひどうぞ・・・。

グルメ

【スパカツ】釧路の老舗「泉屋」のミートソースがレトルトになったらしい

道東・釧路の名物と言えば泉屋のスパカツ

北海道の道東地方を代表すると言ってもいい名物料理と言えば、釧路市にある洋食屋「泉屋」のスパカツである。

個人的には釧路に行ったら3回に1回は食べないと釧路に行った気がしないが、観光客はもちろん、釧路の地元の人にも愛されているメニューが「泉屋」のスパカツだ。

スパカツのミートソースがレトルトになった!!

スパカツじゃないミートソースパスタも泉屋にあるので、スパカツのミートソースという表現は微妙だが、先日、釧路駅で上の写真のようなポスターを見たのだ。

いかにも地方にありがちなデザインのポスターなことは置いておくとして、なんと泉屋のミートソースがレトルト化されたという。

ラーメンなんかは人気店がコラボしてカップ麺になったりするケースは多いが、洋食屋のミートソースがレトルト化されるというのは珍しい気がする。

自宅で泉屋の味を再現しやすくなったかも

以前、筆者は泉屋でスパカツを食べるために飛行機やJR、バスを乗り継いで釧路に行き来するのが大変なため、自宅でスパカツを作ることに挑戦した経歴がある。

雰囲気を出すために鉄皿も用意した。

そこでネックになるのはパスタとトンカツはもちろんのこと、味の決め手となるミートソースだったのだ。

そのへんのスーパーに売っているミートソースは、どうも本場の泉屋のものとはどれも違う気がした。スパカツというと、見た目のインパクトからどうしてもトンカツに目が行きがちだが、実は泉屋のスパカツはミートソースのオリジナリティも重要だったのである。

筆者の経験からも、自宅で泉屋の味を再現したい人には、ぜひオススメしたいミートソースだ。

グルメ

北海道ご当地やきそば「やきっぺ」VS「ホンコンやきそば」食べ比べ

突っ込み所満載だし、補足も色々あるけど詳細は本文中にて

なぜだか北海道はインスタント焼きそば文化が栄えている土地だ。

全国の北海道物産展や北海道土産の定番とも言える「やきそば弁当」は有名だけど、それ以外にも「やきっぺ」と「ホンコンやきそば」という袋麺タイプのインスタントやきそばが大体どこのスーパーでも売っているので紹介したい。

突っ込み所の多いホンコンやきそば

中華コック長というステレオタイプな中国人イラストが特徴

先にホンコンやきそばから解説すると、正確には北海道ご土地ではない。

元々は全国区で販売されていたものの、売れ行きが悪い(たぶん)かなんかで販売地域が限定されて、今では北海道と宮城県と九州の一部に絞って販売されているという。

販売元はゴールデンカレーなどの本格派カレールウも手掛けるヱスビー食品。ヱスビー食品が手掛けているインスタント麺というのが珍しい。それがホンコンやきそばなのだ。

ホンコンやきそばの作り方

やきっぺと同じ距離を輸送したが、ホンコンだけ麺が砕け散っていた

フライパンに200ccの水を入れて沸騰させ、麺を投入し、水気がなくなるまで炒めるだけ。ホンコンやきそばは麺に味が付いているのが特徴で、水気がなくなった頃には完成しているわけだ。

具を入れる場合はどうするのかというと、モノにもよるが別に調理して最後に混ぜ合わせた方が良い気がする。味付きの麺だし、水気がなくなった時点で焦げやすくなっているからだ。

ホンコンやきそばの味

青のりなどのふりかけが付属する

スパイスに強いヱスビー食品だけあって、割とスパイシーな味。

麺はやや太麺だが、昔ながらのインスタント麺という感触で、中華料理をイメージしているからか化学調味料系の味がする。よくあるカップ焼きそばのソース味とはちょっと違った風味だ。

ハマればクセになるかもしれないけど、日常的に毎日食べると少し胸焼けしそうな感じがする。

東洋水産のやきっぺ

こちらは北海道限定販売の商品

続いては、もう一方の「やきっぺ」について。

こちらは北海道限定商品で、販売元は「やきそば弁当」を手掛ける東洋水産である。

「やきそば弁当」と違って全国的な知名度こそはないが、北海道ではよく見かける商品だ。

やきっぺの作り方

見た目は普通の袋麺みたい

基本的にホンコンやきそばと同じだが、フライパンに220ccの水を沸騰させて水がなくなった頃に出来上がり。

麺に味は付いていないので付属のソースで味付けする。

やきっぺの味

スープはないが、ふりかけが付属する

幼い頃から「やきそば弁当」を食べ続けてきたが、やきそば弁当の袋麺タイプとも言っていいような味。正確には麺もソースも違うし、具の有無もあるので別物だけど、麺の感触やまろやかなソースの味はやきそば弁当にかなり近い。

むしろ、やきそば弁当と違って加熱調理があるぶん、麺が生の中華麺みたいにツヤツヤしていて普通に美味しい。北海道民の味を好みを追求した袋麺やきそばというイメージだ。

北海道のインスタントやきそばは色々あるので、食べ比べてみるのも面白いかもしれない。