ゲーム

ゲーム

【PS4/PS5】LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶のプレイ記録、感想

PS4/PS5「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶(ロストジャッジメント)」の個人的なプレイ記録、感想、レビュー。基本、ネタバレなしだけど、プレイの感想自体がネタバレだったりするので気になる人は注意。

前作にあたるジャッジアイズはストーリーの完成度とバカゲー要素満載のサブストーリーに引き込まれて、プレイ時間は200時間越え、4~5周くらいメインストーリーをプレイ済み。

前作が好きだったから、果たして続編的な本作は楽しめるのかどうか不安だったが・・・。

60/100点程度、色々と中途半端な印象

龍が如くシリーズや前作ジャッジアイズは、本編とは別にサブストーリーが充実しているのが特徴だけど、ロストジャッジメントは今どきのゲームとしてはメインストーリーがあっさりしている。メインストーリーのみだとプレイ時間は15~20時間程度。

PS3時代の龍が如くとかもそんなもんだった気がするから、ある意味、昔の龍が如くをやってるような懐かしい感じがした。

ただ、中盤以降はグダグダした同じような話が続くのが気になった。連続ドラマとかアニメみたいに、同じ話でグダグダ時間を稼ぐような。

探偵としての新ガジェットを使った要素は追加されているけど、前作で特長的だったドローン調査やサムターン回しは削除されている。

マップは神室町、横浜、高校内の3つ

舞台は龍が如く7の使い回しマップが基本で、神室町と横浜(7より行ける範囲は狭い)が舞台。横浜には後で述べるユースドラマの舞台、拠点ともなる誠陵高校という、都会のマンモス校(?)的な1つの独立したマップとも言える施設がある。

最初はキムタクで横浜の街が散策できると楽しみだったが、ユースドラマという高校内のサブイベントがメインストーリーと同じくらいにボリュームたっぷり過ぎたせいか、前作や龍7みたいに、街中の人とのサブイベントは相当少ない。

なんと有料DLCを買えば彼女イベントとかも追加されて過去作と同程度にはなるが、リアルマネーを払わないと街中のイベントは少ないのでがっかりした。

アスレチック要素は厄介者ポジション

体験版の段階で知っていたが、攻略には壁を登ったり、壁を走ったり(?)するアスレチック的な要素が追加されている。

特別難しいわけでも特別簡単なほけでもないが、メインストーリー中に結構な頻度でやることになるので、ただただテンポが悪くなっているだけに感じた。

面白みを感じた部分はなく、登る操作をする前に登れそうな場所を見つけないとならないのだが、ゲームの中のキムタクの運動能力がよくわからないので、登れそうな場所を見つけるのに苦労した場面が多かった。アスレチック要素は面倒なだけの要素だった。

ユースドラマのボリュームがありすぎる

メインストーリーは高校内のイジメという社会問題をひたすら扱っているが、メインストーリーとは別に「ユースドラマ」という、高校の部活動に絡めたサブストーリーが用意されている。

全くやらなくてもメインストーリーには支障がないが、ユースドラマはやり出したら全部クリアするまでにメインと同じく15~20時間くらいかかってしまった。さすがに力を入れるところを間違っていると思った。

しかも、ユースドラマはロボットコンテスト的なロボ部のシミュレーション的なゲーム、暴走族のバイクレースゲーム、格闘アクションなボクシング、バーチャファイターそのものでプレイするeスポーツ部、そんなに難しくはないがリズムゲームなど、ミニゲーム要素をクリアしないとならない。

ジャンルの得意、不得意でクリアするのが苦痛だったり、時間がかかってしまう場合もあるだろう。

ストーリーの内容的にはバカゲー要素もあったり、真面目だったり、どうにも中途半端な印象が残ってしまった。

ロボットコンテストは熱い!

暴走族もビジュアルだけは面白かったが、似たようなレースが多くて飽きてしまうのが難点だった。ボクシングも似たような内容で時間だけかかるのが難点。リズムゲームも過去作に出てきたような感じだけど、中途半端な印象があった。

そんな中、ロボットコンテストは過去作には登場しなかったタイプのミニゲームだし、戦略やパーツの吟味など、楽しめる要素が多くて白熱した。

難しすぎず、簡単すぎずの難易度だけど、要はブロックが出て来る場所がランダムだから、パーツを強化して、何度かプレイしていれば、いずれ運で勝てるようになっている。

気になったりは、ロボットを強化するのにゲーム内マネーがかなりかかること。高校内でパーツの素材を買うこともできるが、高校の外に出て買わないとならない場合もあり、移動がとにかく面倒。

高校の中はファストトラベルができないし、快適性を追求してきたシリーズのはずだけど、妙に快適性が実装されなかったのがロストジャッジメント。高校内からタクシー呼び出しくらいできてもいいと思うけどね。

2周目プレイする気が起きないメインストーリー

前作ジャッジアイズはストーリーがよく出来ているし、悪と正義の構図がわかりやすいものだった。

しかし、ロストジャッジメントは序盤からビジュアル的に胸糞悪いものや、そもそもイジメ現場をリアルに描いているので、学校というものに良い印象や良い思い出がない人には、繰り返しプレイしたくなる要素がない。

謎解き要素にしても、基本的にはキムタクやゲーム内のキャラが解決してくれるし、フィクション要素の強いものだから、プレイヤー自身が謎解きする気も起きない気がする。

中盤以降は似たような話のズルズルがラストまで続くし、いまいちゲームとしての切れ味が足りてない気がする。

まとめ 前作が好きなら買ってもいいけど過剰な期待は×

基本的にはキムタクはじめ、前作の要素の使い回しが何かと多いけど、メインストーリー本編と、ユースドラマのミニゲーム集で合わせてプレイ時間は40時間ってところ。

ユースドラマのミニゲーム集だけでも1本のゲームになりそうなボリュームだけど、サブストーリーやユースドラマは有料DLCを買わないと楽しみ切れないような作りになっているのが気になった。

個人的には有料DLCは買わなかったが、ユースドラマ充実パックというのを買わなくても、バイクのレースもロボットコンテストも普通にクリアできるようになっているし、特に買う意味はないように思った。

ユースドラマのミニゲームはボリュームは多いけど、本編とミニゲーム集で40時間というのもフルプライスのゲームとしては微妙だなぁと思った。

ちなみに、執筆時だとPS5番よりPS4版の方が中古価格が高い。PS5って人気ないんかなぁ、という別の感想も持ってしまった。ジャッジアイズシリーズは諸般の事情で今作で打ち切りになるという話もあるので、前作が好きだったらやっても損はないと思う。

ゲーム

【PS4】アイドルマスター スターリットシーズンの初見プレイ感想

アイドルマスターシリーズ最新作「スターリットシーズン(以下スタマス)」の序盤15時間程度の初見プレイ、個人の感想。ネタバレあり。

プレイ環境、アイマス経歴

機種はPS4通常版。

アイマスシリーズはXBOX360時代からPS3、PS4まで全部プレイ、難易度高めのアイマス2もトゥルーエンドでクリア済み。

スタマスのグラはむしろ退化している?

今作はスマホで展開しているミリシタやデレステのキャラが登場するからか、前作ステラステージの流れというよりは、スマホ版のアイマスシリーズの流れ組むキャラのモデリングになっている。

加えて、PS4だけじゃ採算が採れないからかSTEAMでの展開のためにUnreal Engineというゲームエンジンを使っているので、グラフィックの感じはステラステージやプラチナスターズからは退化しているように見える。

ステラステージの実在感あるモデリングに比べると、キャラがのっぺりした紙人形のように見えてしまう。ハレーション系のエフェクトで誤魔化しているように見えてしまって、グラフィックは退化しているように思えてしまう。

ライブ中にアイドルが汗を飛ばす(?)演出があるが、これは違和感が凄いのでいらない・・・と思ったら、オプションで消せる。良かった。

スタマスの序盤はクソゲー仕様

今までみたいにお気に入りのアイドルでプロデュースするというよりは、同じ課題曲をひたすら固定メンバーでライブをしていく感じ。

コミュや営業などのシリーズお馴染みの要素もあるが、好きなキャラで回していくこともできるけど、実質的に課題曲に参加するメンバーを育てないと1カ月ごとに決められたノルマをクリアできずに、あっという間にゲームオーバーになるクソゲー仕様。

好きなキャラで進められた過去作とは別物。

巻き戻し仕様がクソ

コミュなどでの育成が出来ていないとライブがパラメーター不足でどうやってもクリアできず、そのまま進めるとファン数のノルマが足りなくてゲームオーバーになる。

ゲームオーバーになるとアイマス2みたいに巻き戻し仕様があり、最大で1カ月前まで戻れるが、なんとその間のレッスンや育成はリセットされて、本当に「やり直し」になってしまうのだ。

スキル継続で何度でもやり直しが出来たアイマス2の巻き戻し仕様や、永久に続くOFAのような仕様を期待しているとガッカリどこかブチ切れてしまう。

STEAMで展開していることもあって、ハードなゲームバランスを好む海外ユーザー向けの仕様にしているのだろう。緩くやりたいユーザーにはクソゲーに思える仕様だ。

ライブが地味に難しい

ライブ自体は過去作みたいにパラメーターが振り分けられた「タンバリン形式」のリズムゲーム的なものだが、過去作はタンバリンが3つだったのが5つになって間違いやすくなった。

パーフェクトの判定もシビアな感じがあり、BADだとなんと特典がマイナスになる。

今どき、この手のリズムゲームが求められているのか知らないが、ライブが地味に難しくて苦痛に感じる人も多いのではないだろうか。

いっそ、コミュ中心のアドベンチャーゲームにして、ライブは鑑賞のみとかでもよかった気がする。どうせ、一通りクリアしてライブ鑑賞でしか起動しなくなるんだし。

とりあえず序盤はクソゲー判定

一通りクリアすれば感想も変わるのかもしれないけど、序盤はやれることも少なくて、同じ曲をひたすらプレイしていくクソゲー仕様なのにはがっかりだ。

中盤とか後半もかなり難しいし、今どき据え置きアイマスを買う人は過去作もかなりやり込んでいる人のはずだけど、難しいっていう評価が散見されるのも頷ける。アイマスのユーザーは難しいゲームなんて望んでない気がするのにである。

ゲーム

【PS4】Need for Speed Heatの初心者向けストーリー最短ガチ攻略のコツ

PS4/Xbox one/Steamの『Need for Speed Heat(ニード・フォー・スピード ヒート)』のメインストーリーを最短攻略したい初心者向けの個人的ヒント集。

NFS2015が好きだったのでセールに惹かれて後継作であるNeed for Speed Heatを買ってみたものの、世界観やゲーム性がかなり違って投げ出しそうになったけど、ストーリーモードをクリアしたので、サクっとクリアしたいけど行き詰まってしまったり、そもそも、どうやって進めたらいいかわからない人向けにアドバイスしてみる。

攻略のプレイ動画なんかもいくつか見たけど、プレイ動画なんかはある程度上手い人がやってることが多いので、ほとんど参考にならず、結局、自分で攻略法を考えることになった。

攻略情報のお約束でネタバレ満載なのと、はっきり言ってNFS2015に比べたらかなりのクソゲーなので、そのあたりは事前にお断りしておく。

ちなみに、クリア時間の目安は15時間~20時間くらい。忙しい社会人とかでも、頑張れば土日の2日間で攻略できるはず。

Need for Speed Heatのゲームシステム特長

昼の合法レースで(主に)資金を稼ぎ、夜の違法レースで(主に)REPと呼ばれる経験値を稼ぐシステム。

REPを稼がないとクルマをグレードアップさせるパーツが解放されず、パーツを買うには資金がいる。ストーリーを進めるにはクルマの強化が必須なので、必然的に昼と夜を交互にプレイしていかないとならない。はっきり言って非常にウザいシステム。

RPGだと敵を倒せば金と経験値が貰えるのが普通だけど、お金しか貰えないマップと、経験値しか貰えないマップが別々にあって、行ったり来たりしないとならない。これはウザいだけの両極端なシステム。昼は良ゲーだけど夜はクソゲーって誰か言ってたけど、ホントにその通り。

基本的に昼は平和だけど、夜はストーリーのテーマともなっているが、クソ恐ろしい警察車両が全力で突進してくる!! ラスボスはサシで一騎打ちだ!!

昼→夜は好きな時に切り替えられるけど、夜→昼はガレージでないと切り替えられないシステムとなっている。

Heatってか警察との熱い闘いがテーマ

Need for Speed Heatのストーリーモードや、世界観の中心となっているのは『走り屋VS警察』のバトル。副題はHeatじゃなくて『VS Police』が相応しい。

NFS2015とかだと警察はチョロイもんだったけど、Heatは警察がめちゃくちゃ手強い。対処法を知っていないと逃げ切るのが非常に困難。Heatのレベルが上がると四方八方からミサイルのごとく突っ込んできて逮捕となる。

ラスボスは警察官マーサーとの一騎打ち!!

ネタばれ上等で書くと、ストーリーモードの最終レースというか、最終バトルは悪徳警官のマーサーとの一騎打ち。

今作は格闘ゲームのごとく車両に体力ゲージがあり、終盤はレースというよりも、ぶつけ合いバトルが繰り広げられるwww

個人的にはNeed for Speed Heatはレースゲームじゃなくて、クルマを使った格闘ゲームだと思っている。

ざっくりとシステムや世界観を学んだところで、ここから先は具体的に最短でストーリーモードを攻略する方法を紹介する。

クルマは初期車両とラスボス用にもう一台あれば十分

今作も沢山のクルマやチューニングパーツが登場するけど、ストーリーモードを攻略するにあたっては初期車両をグレードアップしていけばほとんど事足りる。

自分はアメリカのゲームだからFordの初期車両をグレードアップしてラスボス直前まで行けた。

ラスボスのイベントに挑戦できるのはREP30だけど、REP30の段階で手に入るパーツではどうやってもラスボスのマーサーに付いて行けず、50000クレジットくらいで買える適当なクルマに乗り換えた。金もREPも貯めるのが大変なので、サクッとクリアだけしたいならクルマはあまり買わない方がよい。

REPを上げれば初期車両でもクリアできる気もするけど、REPを上げるのは大変なのでラスボス用のクルマを適当に買った方がよい。

警察車両の比較的簡単な倒し方

夜にレースに参加すると大抵はHeatが上がって警察に追い回されることになる。普通に街中を走って警察を振り切るのは大変というか無理ゲーに近い。

だが、警察にも弱点があるので、追いかけられたら下記のどれかを行おう。

ジャンプ台を利用して海に落とす

最初のホームの右側あたりの海に近い場所にジャンプ台がいくつか設置されている。

警察車両はジャンプがまともにできないらしく、海に落ちたり、追いかけるのを辞めてくれる。昼間のうちにジャンプ台の場所をいくつか抑えておくのが攻略には必須。

特にオススメなのは円形のスタジアムみたいな建物近くのジャンプ台。スタジアムが目立つのでわかりやすいし、警察に追われたらここをグルグル回ってれば多分振り切れる。

振り切ったらマップを開きつつ、付近の安全に帰れそうな隠れ家に戻ろう・・・。むしろ、これが意外と難しいけど。

海辺で海に落とす

海辺近くでUターンや急ハンドルを切って、警察車両を海に落とす。

色々試した中では、これが比較的簡単かつ成功率が高い。

自分のクルマの体力ゲージに余裕がある時なら、捨て身で海に突っ込めば警察も海に突っ込んでくれる。体力が少ない時だと捕まってしまうので注意。

警察車両との闘い方の小技、豆知識

本作は悪徳警官がテーマなのでゲーム中も警察車両はチート級に強い。闘うにあたって知っておきたい知識を書いてみる。

肉弾戦や無謀なチェイスはやめとけ

本作は格闘ゲームの如くクルマに体力ゲージがあるが、衝突させて肉弾戦で警察車両の体力を奪えば倒すこともできる。

しかし、次から次へとパトカーが投入されるし、1対複数のうえに、警察車両の方が攻撃力もスビードもうえで、少なくとも初心者でストーリークリア前のクルマでは勝ち目がない。

街中で小刻みに走っても振り切れる確率は低いので、定番のジャンプスポットに誘い込むのが一番だ。

ヤバくなったらガソリンスタンドで回復

街中にあるガソリンスタンドで体力ゲージを回復させることができる。どんな修理か知らないが、一瞬通過するだけで全快する。

日中は使う価値はほとんどないが使い放題な一方、夜は一晩に3回までしか使えない。

レースを終えたら寄り道せずに隠れ家に直行するのが最短クリアの道だ。

効率のよい資金稼ぎの方法

最初のガレージ近くにある円形のサーキットがオススメ。

簡単なうえに一回で2万クレジットくらい稼げる。2回目は1万5千くらいに下がってしまうが、2回やったらガレージに戻れば金額が2万に戻る。

ストーリーモードクリアに必要な資金稼ぎはこれだけで事足りる。他にやる必要はない。

ちなみに、使わなくなったクルマのパーツ(PROとかSUPERとか)はPS4の場合はR1ボタン切り替えをすることで売却ができる。全車種共通(?)で、他のクルマに付け替えたりもできる。資金を大幅に節約できるので、ぜひ覚えておこう。

効率のよいREP稼ぎの方法

ストーリーに関わるイベントを開放して進めていくにはREPを上げていかないとならない。

ラスボス戦に挑むにはREP30が必要。その直前のイベントはREP24なので、ラスボス前にウザいレベル上げが必要になる。この作業に5時間近くかかりおったw(←クソゲー要素)

基本的にはその時点で一番REPが稼げるレースに挑むとよい。ゴール後にHeatレベルが2とか3とかになってることが多いと思うが、Heatレベルがそのまま取得REPの倍率となる。

例えば、取得REP1万のレースをクリアして、Heatレベル3で警察を振り切った場合はREP3万となる。但し、これは無事に隠れ家に帰還できた時の話。捕まれば資金やREPは全部ではないけど没収されてしまう。無理は禁物なわけだ。

後半のREP稼ぎは上の画像の『新たなる地平』がオススメ。Heat倍率3倍で一度に4万くらい稼げるのと、レース中に警察を振り切れるのが良くて、しかもゴール地点の近くに隠れ家があったりする。隠れ家が近いのは超重要。

資金に関しては夜のレースに挑む前にガレージでパーツを買って使い切るようにしよう。

難易度選択について

イージーでもハードでも取得経験値や報酬は変わらない。

難易度で変わるのはレースの難易度なので、サクッとクリアしたい人は迷わずイージーにしよう。イージーでも警察は強いけどw

ラスボス(マーサー)戦のコツ

ラスボス一騎打ちの直前までは初期車両でもクリアできたけど、一騎打ちになると車両のパラメーターで言うとイージーでも300以上は必要。

260くらいの車両で挑んだら、どうやっても追いつけずにアタックを加えることができなかった。

300以上あれば追いつけるので、適当に突っついたり、前に回り込むと勝手に体力を削れて死んでくれる。死んでくれるとか、もはやレースゲームじゃないけどw

ゲーム全体のざっくり感想

ストーリーはあってないような、よくある汚職警官の話だった。

今作は警察が圧倒的に強い。ストーリーに絡めて強いというのはわかったけど、それにしてもゲーム性が酷いように思った。権力という力で抑え込む世界がこんなにもつまらないものなのかと実感できるゲームだった。

NFS2015の濃厚なストーリーや世界観に比べると、キャラクター描写なんかも薄っぺらいし、警察が凶悪過ぎるため、クリア後にやり込みプレイしたいとは思わなかった。このシステムで資金やREPを上げるのは大変だし、個人的にはかなりのクソゲーという評価。

グラフィックも最初は凄いと思ったけど、夜~朝方の滑らかな変化があったNFS2015の方が見どころがあったな・・・と思う。Heatは警察が襲ってくるから、じっくり夜の景色を好きな時に見たりもできないしね。

まぁ、サクッとクリアしたい人は上記参考にしてくれれば、個人的には苦労が報われる。終盤なんかはガチに格闘ゲームだと思ってプレイした方がいいw