ゲーム

ゲーム

【名作】かまいたちの夜を久々にやったり今の時代でも面白すぎる

スーパーファミコンの「かまいちの夜」という名作サウンドノベルを知っているだろうか? スーパーファミコン後期の1994年11月25日に出た、小説を読み進めて行くようなジャンル、サウンドノベルの代表作とも言えるゲームである。

今30~40歳くらいの人なら小学生高学年や中学生くらいの時にプレイしたことがあるかもしれない。何しろ、SFC版だけで約75万本売れたヒット作だ。

ストーリーや演出は今やってる全く色褪せてない

犯人当てなど推理小説がベースのゲームなので、さすがにネタバレはしないが、当時としてはもちろん、26年経った今でも演出が色あせているようには見えない。

実在するペンションの実写に紫色のシルエットで表現された登場人物や、ニュース番組などでもよく使われているBGMや効果音、猫が動いたりするアニメーションなど、ほんとによく出来ている。

ストーリーもよくできていて、序盤は観光地的なほんわかした演出で、サスペンスものながら時折ギャグがあり、エンターテインメントとしても優れている。

ゲームとしてはテキストを読み進めて選択肢を選ぶだけの単純な操作ではあるが、前後文章などで巧妙に犯人やトリックがわかりづらくなっていて、事件解決の難易度ははっきり言って高い。

初回プレイでは普通の人には犯人を当てるのが難しいので、連続殺人で皆殺しにされてバッドエンドになるのが定番コース。しかし、段々と犯人が絞られてくるようになる。犯人の名前を入力するのは当時としても今としても斬新。早い段階で犯人を突き止めることも可能で、多数のサブストーリーが用意されているのもポイント高し。

今やるならオススメは初代PS版

SFCでヒットしてから、その後は初代プレステや携帯機などに移植されている。

今やるんだったらチャート機能が搭載されて遊びやすくなっているプレステ版がオススメ。初代PSは実機がなくてもPS3で遊ぶことができるほか、課金環境があればダウンロード版でもプレイすることもできる。

続編も出ているが・・・

かまいたちの夜のヒット以降、2や3などの続編にあたる作品も出ているが、内容的には賛否両論と言える。

ハリウッド映画などでもそうだが、初代を超えるのは難しいらしく、演出やストーリーなども個人的には初代がやはり素晴らしいと思う。

PS3のは初代風のリメイク?

関連作品の中でも、初代を彷彿させるのがPS3のこちらのゲーム。

岩手県の遠野のペンションが舞台となり、推理部分などが初代に近いものがある。初代に比べるとトリック(?)がわかりやすく、少し薄味ではあるかもしれないが、推理物に慣れていない人でも楽しめる内容となっている。

ゲーム

【初見、忖度なし】神次元ゲイム ネプテューヌVのレビュー

PS3の「神次元ゲイム ネプテューヌV」というゲームを近所のブックオフで300円くらいで買ったのでレビュー。

忖度なし、全然知らないゲーム。このゲームのファンは見ないで回れ右した方がよろしいレビュー。

ギャルゲーかと思ったらRPGだった

パッケージ的にギャルゲー的なやつかと思ったら、ギャルゲー風の立ち絵がある割とガチなRPGだった。

ダンジョンなどRPG部分はアトリエシリーズにも近いものを感じたが、戦闘はバカゲー要素強い。パーティは美少女のみな部分がアトリエとは違う。ゲーム業界のコアな内輪ネタが多くて一般の人にはどこが面白いか理解できない部分も多い。キャラクターがゲーム機のハードがネタ(たぶん)というが、そこまでコアじゃない人にはよくわからない。

ボリューム多くてフルボイスだが長くて飽きる

このゲーム、かなりのボリュームがある。ギャルゲー的にフルボイスでイベントは長いが、スキップしても長い。

クエストみたいのを受注していくと、割とつまることなくサクサク進むのだが、ダンジョンがデジャブーみたいに同じような作りの使いまわしばっかり。

ストーリーをスキップしまくったので、そういう設定なのかも知れないが、新しいダンジョンのはずなのに前に何回ややったような既視感を覚える。敵のバリエーションも色違いなどが多くて、クリストも「どこどこのダンジョンで特定の敵を倒してアイテム回収」というようなのばっかり。

ギャルゲー部分に力を入れているので、RPG部分は力少なめなのだろう。

総評 RPGじゃなくてギャルゲーとしてなら

全く知らないシリーズだったが、PS3やPS4などでいくつか展開していたり、アニメとかコミックもあるらしい。戦闘などRPG部分はガチでやると難易度高めでダンジョンは単調だから、ギャルゲーとして楽しめる人向け。公式サイトが2013年ころとはいえ、Flashで見れんw ゲイム業界にはそういうサイト多いけど。

ゲーム

【PS4】ジェシーゲー? FINAL FANTASY VII REMAKEの体験版をやった感想

もうすぐ発売になるFINAL FANTASY VII REMAKEの体験版をプレイした感想。

体験版はオープニングから魔晄炉爆破までを体験できる内容。

グラフィックは最高レベルのガチリメイク

同じスクウェア作品でも聖剣伝説2のPS4版とかは、海外の制作会社を使って移植したような微妙な出来だったり、そもそも20年以上も前のゲームだから、そのまま移植するとゲーム性だとかが「古いなぁ感」がどうしても出てしまう。

その点、FF7についてはPS4のハード終盤ということもあり、存分に性能を生かした文句なしのムグラフィックとなっている。パッと見、プリレンダムービーと見分けがつかないくらいのグラフィックでキャラクターを操作できる。

戦闘はアクション+コマンド式?

ゲームを始める時に難易度や操作体験を選べるが、クラシックというのにするとコマンド式になるらしい。それ意外は自分で移動して敵との距離を詰めたりして、攻撃や魔法などを選択する感じ。

仲間キャラクターが増えると切り替えて操作でき、自分の操作キャラ以外は自動になる。

FF15のクソつまらない最新のAI戦闘に比べると、従来のテイストを保ったまま、現代的にアレンジした感じと言えよう。ただ、体験版でプレイできる序盤だと、ほぼ物理で殴るだけで攻略できることもあり、この戦闘方式がどの程度なのかはよくわからない。

戦闘中の画面は派手でごちゃごちゃするが、FF15よりは何が起きているかわかる感じ。

キャラが濃いし、ジェシーが可愛いと評判

体験版をプレイした人の声に多いのがジェシーが可愛いというもの。

確か、序盤にして出てこない女性キャラだが、体験版の範囲ではヒロイン的存在。PS時代からの細かい演出も再現されていて、オリジナルをプレイした人は懐かしいのでは。

クラウドはクールというよりはトンがった感じ。バレットは俳優。

ミニマップがなくて通路がわかりにくい

3Dのマップだし、FF7は全体的に暗い世界観なので、どこが通路なのかわかりづらい箇所があった。

龍が如くシリーズのようにミニマップもない(たぶん)し、後々のダンジョンとかどうなのかなぁって気がする。

まとめ 体験版だけでは良し悪し判断できないが、悪くない気がする

正直、FF7はオープニング付近の演出が全RPGの中でも素晴らしい出来なので、そこだけ切り取ったこの体験版では良し悪しが判断できない。

ただ、オリジナルをプレイしていてPS4も持っている人なら、プレイして損はないゲームである気がする。