ゲーム

ゲーム

【レビュー】PS4、PSP「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」

元はPSPで、最近だとPS4にも部分リメイクで移植されている「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」のレビュー。アニメにもなったりして、続編にあたる2もPS Vitaにあるが、そっちは未プレイでプレイする予定もない。レビューは基本的にPSP版で、ネタバレあり。

というか、タイトルが衝撃的でどんなゲームwと思うわけだけど、中途半端なエロゲー(ギャルゲー)と、これまた中途半端なRPG部分で構成される。タイトルのインパクトの割にプレイ人口が少ないのか、攻略情報は探しづらかった。というか、一応、適当に頑張っていればエンディングには辿り着ける。

ほぼタイトル通りのネタゲー

家庭用ゲーム機だし、成人向けゲームではないけど、かなりエロ路線というか独自路線の世界観ではある。

主人公は異世界みたいなところに飛ばされて、元の世界に帰るには、星の子だかなんだかを生んでもらって悪と戦わないとならない。というか、ゲームとはいえ、出産や人の命が軽く扱われている感じがあり、フェミニスト団体に抗議されかねないと思うけど、プレイ人口が少ないからかそういった話は聞かない。

お約束のタッチイベントもあり

好感度に悪影響するのかどうかよくわからない

なにしろ、登場するヒロインらの女性は強いパーティーメンバーを得るための「子供を産む」ポジションとして存在しているのだから。結構、設定だけを冷静に考えるとヘタなギャルゲーというよりは、成人向けゲームに近い。

悪と戦う部分は一般的なRPGと同じだが、私がやったゲームだとラストレムナントみたいに、大人数のパーティーを作る必要がある。普通のゲームだと、パーティーは旅の途中で出会って成り行きで加入したり、街で傭兵を雇ったりするのだが、このゲームだと巫女とかいう女性が沢山いて、子供を産んでもらう設定。

愛好の儀、という儀式

あくまでファンタジーの世界だし、妊娠期間とかもないし、そのあたりの細かい設定はファンタジーなのだが、パラメーターとかも色々考えて生んでもらう必要がある。

ギャルゲーみたいにコミュニケーションや好感度の設定があり、エンディングに影響する。後述するが、たぶん、こっちがメイン部分の気がする。

ダンジョン部分は単調過ぎる

ドラクエとかFFとかと違って、フィールドや街の探索、謎解きといったものはない。シンプルに、悪が潜んているとわかっているダンジョンをひたすら探索する。

ワールド(?)マップ。まあ携帯機にありがちなマップ

ダンジョンはラストダンジョンを含めると全部で13あり、5フロアごとにボスがいて、5フロアごとの攻略となる。ダンジョンは季節と連動していて、各四季のダンジョンをクリアすれば、ラスダンに挑めるようになる。

引き連れているのは子供たち、ヒロインは参加しない

しかし、このダンジョンだが、ほんと見事に単調過ぎる。自動生成タイプというのだろうか、フロアがあって通路があって、触れると戦闘になる敵がいる・・・というパターンが最初のダンジョンからラスダンまでパターンが同じ。

迷路みたいに3つくらい分かれ道はあるが、ミニマップを見れば全部一本道。敵は結構強く、ちゃんとパラメーターや武器を考えないと、雑魚に瞬殺される場合もある。敵が扉の前に立ちふさがって、戦闘しないと先に進めない場合もあるし、ダンジョンや戦闘のシステムはなかなか忍耐力がいる。早送り機能もあるが、結構、時間もかかるし。

ちゃんと装備とか考えないと雑魚に瞬殺される

オート戦闘もあるが、AIが優秀なので雑魚戦はAIに任せた方がいいくらい。つまり、見ているだけになってしまいがち。

コミュニケーションパートに徹した方がよかったかも

タイトルのインパクトは強いけど、正直、ダンジョンとか戦闘とかのRPG部分は全然面白くないと思った。

ツンツンのメインヒロイン。好感度あげると多少デレる

ストーリーを進めるために嫌々やる感じというか、これだったら、単調な自動生成ダンジョンではなくて、アトリエシリーズみたいというか、巫女に関連した土地を探索するとかの方がよかったと思う。

ギャルゲー部分はクオリティ高め

そんなことを考えさせられたゲーム。PS4版もグラフィックやキツめのヒロインの性格が改善されたとかで、基本部分は同じだと思う。

好感度MAXのヒロインが2人以上いると「W愛好の儀(3P?)」が可能

ゲーム

【PS4】ジャッジアイズ(キムタクが如く)での彼女作りが本編より面白かったw

ピエール瀧の逮捕でピエール氏がモデルになっている重要キャラがいることで、新品の販売が自粛されて一時的に中古価格が高騰したキムタクが如くこと、PS4のジャッジアイズ。

本編は本編でサスペンス仕立てで熱い展開が最後まで楽しめるのだが、ジャッジアイズはシステムを流用した「龍が如く」よりサブイベントが豊富で、しかも面白いことが判明。

特に面白いのは彼女を作るシステム。サブイベント中で知り合った女性をデートに誘い、一定回数のデートを繰り返すと告白イベントが起き、以降は彼女にすることができる。

彼女にできる女性は4人登場し、一般人だと人道的(?)にまずいが、ジャッジアイズの主人公はキムタクなので4人同時に彼女にすることも可能!!

今回はネタバレありで、ジャッジアイズで彼女にすることができる4人の女性を紹介する。

彼女1人目 早乙女月乃

変態に好かれやすいため、変態に襲われたり、変態絡みのイベントが多い彼女。


彼女にするまではサイドケースや複数のフレンドイベントをこなす必要があり、彼女にするまでが一番大変。

大学生の月乃さんをゲットした八神氏。

彼女2人目 美浜さな

ストリートミュージシャン的で実は家庭的な彼女。

仲良くなるとカレーも作ってくれる。


どの女性もLINE的なメッセージアプリでやりとりする。


スーツ姿が見たいという彼女のリクエストに答える八神氏。

彼女3人目 あまね

占い師的な、あまねさんも彼女にできる。4人の中では一番、異色の存在。

あまねさんとのデートでは将棋対戦ができる。

彼女4人目 松岡七海

イベントや演出的に一番力が入っているのが松岡七海。誘拐されたのを助けたのがきっかけ。

詳細は実際のプレイで確かめて欲しいが、ドラマティックな展開が待っている。友人のゆっこは彼女にできないのが残念。

彼女にしたあと出来ることは?

付き合う前のデート中でもできるが、ダーツや将棋など、ミニゲームを楽しむことが可能。

逆に会話シーンやお散歩はできないので、彼女にした後にできることが少なくてちょっと寂しい。

個人的には彼女にするまでのイベントは、本編よりも面白いくらいだったので、こっちをメインにした続編が出たら買う。できたら、販売停止とかは嫌なので、キムタク以外は芸能人を使わないで欲しいけど!!

ストーリー上の恋人候補である真冬にバレた(?)イメージ。

実際には4股がバレることはないけど!!

ゲーム

【PS4】『アイドルマスター プラチナスターズ』SランクとDLライブが鬼畜過ぎる

PS4で最初に出たアイマスと言えば『アイドルマスター プラチナスターズ』だ。中古で千円くらいで売っているのだが、完全にクリアしようと思ったら、並の人間には無理なゲームシステムなので鬼畜仕様となっている。

先に続編というか、ゲームシステムを改善したステラステージからプレイしたのだが、ステラステージは割りと普通の人が普通に楽しんでクリアできるようになっている。

しかし、改めて評判悪いのを知りつつもプラチナスターズをやってみると、「意外と、歯ごたえがあってステラステージより面白いかも!?」と思って割りとやりこんでみた。

Bランクで一応のエンディング

ゲームシステムをざっくり言うと、プレイヤーはアイドルの事務所の社員となり、13人のアイドルをプロデュースすることになる。

前世代機で言うアイマス2や初代アイマスみたいな時間制限的なストイックさはなく、永遠とループしていくタイプで、PS3のONE FOR ALLにやや近い作り。

普通の人が普通にプレイする場合、Bランク達成時点で一応のエンディングを迎える。13人分クリアしても40時間くらいじゃないだろうか。前作までと違って、シンプルなリズムゲームと化しているので、人によってはこれだけでも結構飽きてくる場合もあるだろう。

B以降はやりこみゾーン

Sランクは死ぬほどしんどい

Bランクになってもさらにゲームは続くのだが、その上にAランクとSランクが待っている。

Aランクになるのもかなり大変なのだが、Sランクは1.000万人必要で鬼畜プレイとなる。やりこみ要素だが、それぞれのアイドルに専用のエンディング的演出がある。

私はやりこみで2名までなんとかSランクにしたが、DLコンテンツのライブで大量にファンを稼いだものの、何度もこの手は使えないので、この先はしんどいなんてものではなく、今のところ、2名でやめておくことにした。プレイ時間は150時間くらいだ。

プラチナスターズは衣装ゲー

誰もがSランクとDLライブに泣かされるはず

ファン数を集めるのが非常に大変なのはもちろんのこと、このゲームは過去作にはないくらい衣装とライブの相性が合っていないとどうにもならない仕様となっている。

ライブに適応した衣装を持っていれば、大した難しくない一方で、衣装がないと何度やってもクリアできないか、アホみたいにしんどいレベル上げをすることとなる。

プレイヤーの息の根を止めかねないのは、その大事な衣装が思うように手に入らないこと。衣装はライブ終了後やブティックのようなところで基本的にランダムで手に入るのだが、目当てのライブに適応した衣装がタイミング良く手に入ることが少ない。

結果、衣装がなくて泣くことになる。ちなみに、この要素はステラステージでも6大タイトル制覇の時には引き継がれている。

レベル上げは、なんか桁が1つか2つおかしいんじゃないの?と思うくらいしんどい。時間がかかるから長く遊べるというのもあるが、基本的にゲームは単調なので、さすがに飽きてくる。作っている人達はプレイヤーを楽しませる気はなかったのではないかと思う。プレイヤーにそっぽ向かれ、次回作のステラステージはあまり売れなかったというし。

演出が良いだけにゲームバランスは調整して欲しかった

実はステラステージよりキャラクターのランクアップ時の演出は良かったりもする。特に真美のエンディングはお気に入り。

しかし、SランクやDLライブのバランスが悪すぎる。せっかくグラフィックやキャラクターの演出が、雨後のたけのこのようなリズムゲーム界の中でも、圧倒的に高いレベルにあるだけに、ゲームシステムは本当に残念な作品。