ゲーム

ゲーム

【PS4】龍が如く6の舞台、尾道に緩く聖地巡礼…ゲームと現実の交差

新幹線のぞみで東京〜福山へ

福山から在来線で尾道へ!

PS4の龍が如く6の舞台、広島県尾道市に行って来たぞ。ゲームでは散々歩き回ったけど、実際にいくのは初めて。

聖地巡礼ってほどでもないが、ゲームをやる前後で街並みを見ておくとゲームの印象が変わるかも。

尾道に到着

東京から尾道までは新幹線と在来線で最短4時間ちょっとくらい。福山乗り換えが一般的な模様。新幹線の新尾道というのもあるが、市街地から遠いので、福山乗り換えがいいみたい。在来線は20分おきくらいに走っていて、首都圏の郊外くらいの頻度。

龍が如く6では尾道駅はぎりぎりでマップ街で訪れることはできない。だが、ほぼ尾道駅から東側に道路を一本渡ったあたりまでは行くことができる。尾道駅を出て左側を見るとゲームでの移動境界線あたりなのだ。

尾道駅から真正面に進むと、ゲームでもよく見たような光景になる。造船所らしいきものや、瀬戸内海がある。このあたりは緩い観光地で、平日は地元の人たちがいる。近隣の学校から修学旅行や見学旅行に来ている人たちもいる。

土日になると瀬戸内海のしまなみ街道がサイクリングロードとして有名で、レンタサイクルを使った観光客のサイクリストがいっぱいになる。レンタサイクル系の施設も多い。自分のロードバイクなどを持ち込んでいるガチな人たちもいる。ロードバイクなどの自転車専門店が多いのも特徴だろう。

ゲームではフェリーに乗って黒幕と大事な話をしたり、決戦に向かったりする桟橋だ。実際に歩いてみて思ったが、ゲームと実際だと、所々、縮尺がうまいことデフォルメされている気がする。でも、このあたりは割と忠実だ。

アーケード街。ゲームだとマップの西側に少しあるくらいだった気がするが、実際はかなり広い範囲にいくつかのアーケード街がある。

このアーケード街はゲーム同じ位置でハルトを抱えて走り回った気がする。

線路側のあたりもゲームでよく見る場所で感激した。

線路を潜るやつも感激。ゲームでもよく通ることになる。

線路付近にある歩道橋、跨線橋。バイクや自転車があってゲームと同じ。

ゲームと同じ、階段が沢山ある。観光地だがバリアフリーではない。

ロープウェイ乗り場付近。ゲームだとタクシーが停まっているが、付近は細い道や階段なので、タクシーが停まっていたりしない。

階段や坂があまりにもきついのでロープウェイを利用した。体力のある人は歩いても上まで行ける。でもロープウェイは景色がいいので乗ってみるといいかも。片道300円くらいだった気がする。

登ると句碑があった。句碑は元々達筆なのと風化?していて、看板に書いてあるじゃないと読めなかった。山の上の方には美術館?みたいな施設がいくつかある。

下界に戻って散策へ。猫が多いところで、猫ボックスがあった。

これはゲームだとモレノのモデルになった建物のような気がする。ゲームとは微妙にデザインが違う。

ゲームでのスナック街は現実だと久保二丁目という住所。駅からは結構歩く。

スナック清美のあたり。このあたりは道が入り組んでいて慣れていないと迷子になりそうになる。地元の人向けの昭和のスナック街という印象だ。日中だと人も少ない。

夜に来た時の様子。ゲームと違って怖い人たちがうろついていたりはしないwので、ゆっくり散策ができる。

ゲームでも出て来た食堂、米徳。昼間は営業していなかったが、人気の店らしい。

おやつとやまねこ。ゲームでも出てくる尾道プリンの店。観光客に人気で売り切れ次第終了。

この他、広瀬一家の事務所があったりしたが、一般住宅なので写真は省略。

尾道に行ったことがない人は訪れるとゲームが楽しくなるかも

龍が如く6をやったことがある人やこれからやる人で、尾道に行ったことがない人はこの機会に行ってみるとゲームでの感じ方が違ってくると思う。

尾道はこのあたりでは観光地として有名な場所だが、関東以北に住んでいる人など、違う地域の人は行ったことない人も多い気がする。のんびりした観光地という印象で、日常のギスギスした心wが癒されること間違いない。

ゲーム

龍が如く7の舞台、横浜・伊勢佐木異人町を何となく聖地巡礼

初めにお断りしておくと、聖地巡礼という言葉を使っているものの、聖地巡礼が何なのかよくわかっていないwので、何となくモデルとなった場所を訪れるということだと思ってやってみた。

巡礼っていうほど龍が如く7を気に入ったわけではない(3周くらいはプレイしたが)し、実際、ちゃんと聖地巡礼なんてものをやろうとすると、そのすごくその作品を気に入っていて、場所の検証だとかが細かくしないとならないから、かなりの時間と手間がかかったりする。そんなに暇でもないし、リターンもないし、この日は35度以上で暑かった(これが大きい)ので、かなり適当なものとなっている。

筆者と横浜という街

首都圏に在住していて日帰りエリアではあるし、何度か巡礼などとは一切関係のない撮影で訪れたことがある。

横浜市は東京23区に次いで、人口の多い自治体だという。大阪市や名古屋市よりも人口だけでいうと大都会。東京の通勤圏で東京郊外のベッドタウンかというと、横浜だけでもかなりの規模がある街なのである。いや、横浜に縁のある人には怒られるかもしれないが、横浜を良く知らない人の感想だと思って貰えればよい。

大阪や名古屋の場合は駅を中心とした街づくり、交通になっていると思うが、横浜の場合はイマイチ街の中心部がどこなのかわからなかったりする。JRなどの交通で言えば横浜駅だろうけど、繁華街的なところやランドマーク的なところ(ランドマークタワーということにする)は、そこから1~2駅程度離れたところだったりする。

東京の会社に勤めたりすると横浜在住の人がよくいたりするが、住宅地がどこらへんかというと、もっと山の方(?)だったりして、休日に遊びに行く場所がみなとみらいかと思えば、都内なんだという。つまり、横浜と言う街は筆者にとってはよくわからない。中心部を知っている人がいたら優しく教えてくださいw

たぶん横浜の中心部は龍が如く7で収録されているあたり

逆説的だが、横浜の中心部はおそらく龍が如く7で収録されているあたりだと思う。飲食的やショッピング系の店、風俗店が点在する繁華街の様子を見ても、JR関内駅の半径2~3Kmくらいが横浜の都心じゃないかと思う。

龍が如く7で取り上げられているのも大体、関内駅からそのくらいの範囲だ。ゲーム的な事情でマップが綺麗な半径を描いているというわけではないが、ゲーム内での伊勢佐木異人町、現実での伊勢佐木町商店街(イセザキ・モール)付近が横浜の中心部なのではないかと思う。

関内駅南側エリア

適当なので、ざっくり。

伊勢佐木町商店街。

ゲームだとよくサブクエストなどが繰り広げられる場所。

ゲームだとコミジュルのあたり。実際に韓国料理店が多い。

ゲームだと横浜での始まりの場所あたり。実際にはホームレス公園のようなものはないし、ホームレス自体を見ない。

京急の電車が背後に走る大岡川。

ゲームだと一番製菓のあるあたり。レストランミツワグリルがモデル?

コミュジュルのアジトかな? の建物。

ゲーム内では電線を引っ張っているスナックみたいな建物群。実際にスナック、飲食店が営業している。観光地というより普通に地元の酒飲み客が出入りしている感じで、観光でさらっと行く感じではなかった。

夜だとこんな感じ。もう少し明るい時間帯だと雰囲気がありそう。付近を歩いているのは地元の酒飲み客なので、一見の観光客にはちょっと怖い感じがある。

ちなみに、ゲーム内でのハローワークの位置にハローワークっぽいものはない(たぶん)。現実とゲーム脳が行き来するくらい忠実に再現されているものがある一方で、ゲームの都合で大幅にアレンジされている建物、区間があったりする。

関内駅北側エリア

次にゲーム中以降によく行くことになる関内駅の北側エリアを紹介。ゲームだと中華街以外は広い割に、利用できる店が少なくてちょっと寂しかった気もするが。

ゲーム内では景色としてしか見えないが、みなとみらいのビル群。普通に観光に来る人はむしろみなとみらいに行く気がする。ビジネス系のイベントとかもよくやってるから、出張ビジネスマンもよく行く場所。

選挙管理委員会のビルのあたり。神奈川県議会だったかな。歴史的な建造物が多くて修学旅行っぽい子供もエリア。

昆虫採集をした山下公園。

ゲームではドラゴンカートの受付付近。現実には観光船みたいなやつ。

サーカスのチンパンジーとかがいたあたり。現実には特に何もなかった。イベントやったりするときもあるのかなぁ。

中華街。取材時はコロナ影響あるはずだが、中華街はアホみたいに人で賑わっていた。中華街の飲食的もあまり日本の大手レストランなどと違って、仕切りとかないし、日本人と(日本にいる)中国人とでも温度差があるみたいだった。

蛇足だけど、横浜で宿泊するなら食事は外で食べた方が圧倒的に美味しいものが食べられる。

ゲーム

【PS4】FF7 REMAKE 後半~EDネタばれレビュー 。リメイクってこういうことだったと判明

FF7 REMAKEの後半からEDまでのネタばれレビュー。

前半は期待値が高かっただけにボロッカスなクソゲーという感想を持ったが、チャプター12~EDまで通しでやると、リメイクという言葉の本作における意味がわかり、色々と納得のできる部分があった。クソゲーから騙しゲーに評価が変わった。

こういった部分も部分も含めて、独自解釈とネタバレがあるのが読む人は注意。

前半レビューはコチラ

実質、チャプター14~18はラスダン&ラスボス

後半はいじわる&面倒臭いダンジョンが続く。しんどかった。

チャプター14に入ると街的な部分には戻れなくなり、そのまま場所を変えながら長いラストダンジョン入りとなる。

しっかし、原作で言う序盤だからなのか、自分のプレイでは最強武器っぽいものや最強必殺技、最強召喚獣っぽいものは一切なく、エンディングを迎えて拍子抜けしてしまった。

前半があまりに面白くなかったので、お使いサブクエストは省いてストーリーメインにやったからかもしれないが、ラスボス直前まで初期装備のバスターソードを使っていた。武器も成長するので難易度イージーだと割と性能に不満はない。リミットブレークは原作だと何種類も覚えるが、ラスボスまで最初に覚える「区切り」で戦った。でもそんなに苦戦はしなかった。むしろザコかった。

FF13やFF15より戦闘はマシ。比較するとオーソドックス

ラストダンジョンはキャラ切り替えながら通路確保するような、昔のFfにありがちなアレがある。後半のかなりダルくなってきた時期にやるもんだし、ダンジョン自体も単調でダルいから結構しんどい。

梯子の上り下りとか作り込み甘いよね

梯子を上り下りするシーン

前半にもあるけど、ストーリー後半にになると梯子の上り下りがやたら増える。

幼馴染でもこれはマズイだろw

その際にクラウドがバレットのケツに頭ツッコんだり、ティファのケツに頭ツッコむ描画を何回も見ることになって、5年?だかかけて作ってる割に基本的な部分にリアリティ無さすぎるなと思う。

プレイ時間はストーリーだけで25~30時間かかる

ほぼストーリーだけ追って25時間。なんか長く感じた

ムービーとか全部飛ばしてタイムアタック的にやれば、ギリ20時間というところだけど、ムービー飛ばしてダンジョンが迷路だったり戦闘が面倒だったりで、急ぎ目にプレイして25時間かかった。

お使いサブクエストは面倒なマップを回ったりするのが嫌だからやる気が起きなかった。イージーでプレイする限り、武器やアイテム買うお金に困ったりもしないし、サブクエストをやる意義を感じなかった。

FF7リメイクの超絶ネタバレ(独自解釈)

最終章手前のジェノバ戦

FF7リメイクというゲーム全体を通してだけど、スクエニも商売上の理由で言っていないけど、このFF7リメイクの『リメイク』は他のゲームで一般的な『昔のハードの作品を現世代機のスペックで作り直す』という意味ではない。

文字通り、FF7というゲーム自体を作り直すということ。そこにはストーリーだったり、キャラだったり、世界観だったり、全てをリメイクするという意味が込められていると思った。

なぜなら最終章にあたるチャプター18やエンディングので各キャラクター達の様子からそう感じたのだ。

・チャプター18の名称が「運命の特異点」
・エアリス「未来は白紙」
・セフィロス「未来はお前(クラウド)次第だ」
・原作では死んでいるザックスが生きているという明らかなパラレルワールド設定
・ザックス以外にも原作で死んだはずの見方が生きている
・エアリスやセフィロス、レッド13はパラレルワールド的な世界を知っているような描写がある

次回作があるのかどうか

そもそも現時点では次回作の予告はされていない。こので原作を丸々一本プレイできると思ってしまうそうなタイトルだが、実際は序盤部分にフォーカスを当てた作品で、もしかしたら単発で終わる可能性だってある。なぜなら、未来は白紙だからだ。

エンディングは原作を知っている人にも知らない人にも、かなり不自然な終わり方で、次回作があってもなくても通用するような含みのある話になっている。何年かして忘れたころにFF7 REMAKE2みたいなタイトルで出るかもしれない。

まとめ FF7リメイクシリーズの目指すところとは

ストーリー含めても全部リメイクしたのがFF7リメイク

前述の点から言っても、次回作があるとしたら、原作ではエアリスをはじめ、アバランチのメンバーなど死んだ人達が何名かいたが、FF7リメイクはFF13とかみたいな、不思議な力で次元を超えたりタイムリープとかで、パラレルワールド的に誰も死なない未来を作っていくようなゲームデザインになるんだと思う。

関わっているスタッフはFF13やFF15など近年のFFの流れを汲んでいるし、FF7リメイクシリーズはパラレルワールドでFF7の物語を作り変えていく世界観だったのだ、と思う。

・・・でも、普通は「REMAKE」ってタイトルにあったら、大多数の人は昔のゲーム機からの移植作品的に思っちゃうよなぁ。FF7をストーリーごとリメイクするという意味なら、色々納得がいく。売上のために騙し要素があったのは、かなり良くないと思うけど。