コネタ

恋愛・婚活

なぜマッチングアプリには「ディズニーマニア」みたいな女性が多いのか?

筆者はディズニーランドやディズニーが嫌い。修学旅行で1度だけ強制的に行かされただけである。公立学校でアメリカ生まれのテーマパークに行かされるのは、今思うと教育的にどうかと思うが、それはどうでもいい。

マッチングアプリを使っていて違和感を覚えたのが、10人に3人くらいの女性が「ディズニー大好きです」とかってプロフィールに書いていることだ。

ネズミのテーマパークに魅力を感じない

某登録者No.1のマッチングアプリでは、やたらとディズニー好きの女性が多いのか、実際に女性の多くがディズニー好きなのかわからないが、一生に一度、修学旅行で行かされただけのテーマパークに、自分でお金を払ってまで行きたい人がいるのが疑問である。

ディズニーが嫌いな理由は挙げれば切りがないが、少しだけいくつか挙げてみよう。

デザインがアメリカ的で前時代的

東京ディズニーランドは最近できたテーマパークでもないし、前時代的で古臭い。キャラクターもアメリカンコミック的で、日本のアニメやゲームのキャラクターの方が何倍もデザインが優れている。

大体、ミッキーマウスからしてネズミだし、ハムスターとかならまだしもネズミだ。あんなものが好きだとは感性を疑ってしまう。マッチングアプリ的には即ブロックの対象だ。

普通の遊園地より値段がやたら高い

ディズニーマニアみたいな人が多かったり、前時代的に地方からの修学旅行生などの団体客が多いからか、入場料や飲食物が尋常じゃないほど高い。

最近聞いた話では、街中なら800円くらいの飲食物がパーク内だと1500円くらいするんだとか。えっ、チケット代に含まれているんじゃないの? と疑問に思う。

巻頭には無料で楽しめる公園や小動物だっていくつもあるんだし、お金を価値というものを考えた方がいいだろう。

アクセスが悪い

東京という割には千葉県で、お世辞にもアクセスが良いとは言えない。

京葉線は東京駅の乗り換えもおかしいし、海の近くを走ることから悪天候時には遅延や運休しやすい路線として知られている。というか、この手のディズニー好きが悪天候時にディズニーランドに行きたいのかどうかは知らないが。

ディズニーが嫌いな女性もいる

ネットで検索すると、マッチングアプリの異常なディズニー好きの割合とは裏腹に、ディズニーが嫌いと本音をぶちまけている女性も沢山いた。

むしろ、それが普通の感性というやつなのでほっとしたのは言うまでもない。

なんと言っても、ディズニーマニアの悪い所は、「みんなディズニーランドが好きでしょ」という狭い視野で、それを他人に強要しようとするところだろう。

ディズニー好きな男性は少数だから注意してね

女性でもディズニー嫌いな人は相当するいるが、男性でディズニーが好きという人は周囲には誰もいない、付き合いで嫌々行ったという人が少しいるくらい。

マッチングアプリで「ディズニーデート」したいという女性は、相当数の男性との出会いのチャンスを失っているかも。

自給自足生活

ノマドワーカーみたいな人が、結局、大手から仕事貰ってるアピールってどうかな~

フリーランスは自由な生き方素晴らしい、ノマドワーカー(死語?)素晴らしい的な方のブログは、その本業(?)のSEOスキルによって、関係ないキーワードで検索しても目に留まることが多い。

SEO対策抜群でひっかかりやすいし

検索にひっかかりやすいため、そういったノマドワーカー的な方のサイトを面白そうだから覗き見してしまうことがある。

サラリーマンより、好きなことを好きな所で仕事としてやれる彼らは羨ましいと思ってしまうが、残念に思ったのは結局は大手企業から仕事を受注していることをアピールしてたり、本当は彼らも安定企業で安泰な暮らしに憧れているんじゃないか?ってこと。

東南アジアに住むと日本のサラリーマン以上なのか

彼らはタイのバンコクなど、東南アジアとかの生活費が安そうな所を拠点にしていることが多いが、個人的な東南アジアの旅行経験から言えば、日本より格上だとは思えない。

人混みを歩いていると昼間でもカバンをひったくろうとする少年に出くわすわ、毎晩、売春婦に声をかけられるわ、食べ物も最初は目新しいけど長期的に食べてたら健康に良くなさそうだわ、交通機関が不便、不快だわ、日本より劣っていると感じた部分は数知れない。

欧米の先進国の都市部で日本のサラリーマン以上の暮らしができるならまだしも、東南アジア的な生活では、日本のサラリーマンより格上って言えるのかな~と思わなくもない。少なくとも、そんなノマドワーカーには憧れないわな。

コネタ

ライザップ経験者から聞いた、35万円だかのダイエットのポイント

芸能人とかのBefore・After写真を出して結果にコミットさせてきたRIZAP(ライザップ)だが、なぜか職場などにライザップ経験者が何人かいたので、話を聞いてみた結果、なんてことない内容で誰でも無料でできるかも?と思ったのでポイントを書いていこうと思う。

2カ月くらいで35万円だかの高額な内容だから、さぞ想像もつかないような内容かと思ったら、単に食事の時間や内容を気を付けてトレーニングする程度って印象だった。

基本は食事の回数や内容を気を付ける

ライザップ経験者が言うには、

・朝ごはん 少な目
・昼ごはん 普通
・夜ごはん 少な目

夜ごはんについては、21時以降は基本食べない、お酒はなるべく飲まない。飲むにしても蒸留酒の方がダイエット的には良いのだとか。

そして、水を多めに体重にもよるが一日3リットルくらい飲むのを薦められるらしい。代謝をよくするらしい。

あとは基本的に運動するだけ。それで元の体重にもよるが、数十キロ程度も痩せるらしい。

高いお金払うのと管理されることで痩せる?

ライザップはつまり、もの凄い秘策みたいのはないって考えられる。

基本的に食事に気を付けて運動するだけの指導内容で成果が出るなら、個人で気を付けていればいいだけなので、お金が有り余っていて自己管理が苦手な人向けのサービスという気がしなくもない。逆に言うと、管理されれば行動できるという気質の人には向くのかも。

ちなみにライザップは元は健康食品系の会社で、おからクッキーが大ヒットした大きくなった会社。模倣品が出て来て儲けられなくなり、今は社名もライザップで主力なのもライザップなのだとか。

当サイトおすすめ、食べまくっても痩せられる方法

当サイトは自転車がメインコンテンツのサイトなので、察しの良い方は続きを読む必要もないだろうが、自転車をやっている限りは、食事制限などしなくても体重が増えることはない。

自転車旅行で1日100Kmくらい走っていた時は、毎日、かつ丼やラーメンやピザなどカロリー高いものを食べていても、むしろ体重が減っていって困るくらいだった。

ダイエットなど健康にもいいし、旅行もできるし、自転車は本当にお勧めです。