コネタ

PC & モバイル

Canon Digital Photo Professional 4の不具合&使いづらすぎな件

デジカメがスマホに市場シェアを奪われる昨今だが、日本でも世界でも本格的な方のデジカメ、すなわちデジタル一眼レフの分野では最も人気のメーカーであるキヤノン。写真好きのアマチュアや、写真を仕事にするプロに選ばれているのがキヤノンである。

しかし、キヤノンの純正RAW現像アプリであるDigital Photo Professional 4は不具合らしき現象や、そもそもUI(ユーザーインターフェース)が悪すぎて、本当に使う気がしない。

前バージョンの3系列は良かったのに

Digital Photo Professionalの3系列は動作も安定していて、UIもすっきりまとまっていて、機能的にも全く問題ないのでプライベートでも仕事でも使っていた。カメラを買うと付いてくるレベルの無料ソフト(?)だから、オマケレベルかと侮ってはいけない。

むしろ、カメラメーカーの純正ソフトだから、カメラ自体の機能や特性を生かせるような設定ができるから、サードパーティーのRAW現像ソフトなんかより、本来のカメラが持つポテンシャルが生かせるのである。

リモート撮影もこのソフトだけで出来るので、実際に商品撮影スタジオで使用していたこともある。

ちなみに、3系列は今でもダウンロードできるし、少し古めのEOSだと3系列しか対応していない場合もある。新しいEOSでも4がクソだと思ったら使ってみてはどうだろうか。新しいEOS持ってないからダウンロードできるのかは知らないが。

Digital Photo Professional4のクソな部分

前バージョンが純正RAW現像、画像ビューアーとしてシンプルかつ必要十分な機能を持っていたのに対して、この鳴り物入りで登場した4系列は本当に使いにくい。

UIを刷新したと言っても、今流行りのダークモードもどきの黒ベースの背景は、白ベースで撮影することが多い商品撮影では使いにくい。風景写真とかだったらいいかもしれないが、せめて白背景も選べるようにして欲しかった。この時点で、まず使う気がしない。

そして、基本的なUIも使いにくい。現像の時のツールパネルは分離したり合体させたりできるのだが、どうにも標準的なフルHDのモニタ環境では収まりが悪い。3系列ではスッキリしていたのにどうしてこうなったか・・・。

そして、不具合らしき現象。決して特殊なPC環境ではないが、よくわからんけどJPEGを開くと変な緑や赤などの色づけがされるのはなぜ? 不具合なのか何なのかもわからんし、調べたり問い合わせるのもダルい。3系列を使い続けたいから即アンインストールで決定してしまった。

キヤノンは昔から付属ソフトがしょぼかったけど、プロという名称を使うからには基本的な機能だけでもしっかりして欲しいと思う。純正なんだし、サクッと使えるのも大事よ。

PC & モバイル

よくある初心者DTMer特有の悩み -絶望編-

写真はイメージ

約99%は自分自身のことなのだが、全国の初心者DTMerが陥りがちな悩みを書いてみようと思う。ここに書いてあることが1つも当てはまらなければ、おめでとう、きっと君はもう初心者ではない!?

楽譜が読めるわけがない

たぶん義務教育で基本的な楽譜の読み方は習ったはずなのに、いざDTMで音楽制作的なことをやろうとすると、楽譜を前に狼狽えてしまう。

狼狽えてしまうどころか、どちらかというと「ピアノロールがあるし、普通はピアノロールを使うっぽいからいいや」と投げやりな態度に陥る。

まともに弾ける楽器などあるわけがない

コンピュータで音楽を作るのだから楽器を弾けなくてもいいや的な態度のうえ、ネットで安いキーボードや安いギターを買ってみたものの、どちらも2カ月以内に挫折。完全に部屋のオブジェと化している。

最後に弾いたのがいつか思い出せず、埃が積もっているのでタイミングを見計らって処分しようと思っている。

書籍はそこそこ読んだがロクな曲が作れない

図書館で借りたり、ネットで音楽理論や作曲関連の入門書は何冊も読んだ。しかし、どの本も序盤は何とか読み進めるものの、中盤以降で挫折。

音楽理論や作曲が“かなり難しいこと”はわかったが、序盤しか理解できなかったこともあり、自分の作曲活動に活かせる感じはあまりしない。

無駄にプロorミドルクラスのDAWを導入済み

使っているDAWは初心者向けのグレードではなく、機能の大半は使いこなせないのにプロやミドルクラス以上をインストール済み。

機能は多いに越したことはないし、プロと同じグレードなのは良いが、宝の持ち腐れ状態が長いこと続いている。

恋愛・婚活

マッチングアプリで初めて会う時の食事代は割勘が基本!! その理由はこちら

マッチングアプリでマッチングして何度かやり取りしたら、レストランなり、居酒屋なり、カフェなりで会うことになると思う。

というか、特別な理由がない限り、中学生でもないんだからダラダラとメッセージ交換なんかしてないで、男女がやるべきことをさっさとやった方がお互いはもちろん、社会にも良いと思う。マッチングしたら簡単な会話をしつつも、会う約束を早々に取り付けないと何も始まりはしない。時間を無駄にしてはいけない。

だが、おそらく誰しも気になるのが、最初に会った時の食事代やカフェ代は一体どっちが払うのかという問題。結論を言うと、特別な理由がない限り、割勘が基本なのだ。その理由は以下に述べる。

理由1 付き合ってもいないアカの他人に奢る義理はない

割勘の理由はこれに尽きる。難しいことはない、至ってシンプルだ。

昭和のバブル期ならば男性が多く払ったり、男性が全額払うというのも筋が通っただろう。その頃の名残なのか、男性が全額払うなどという間違った価値観が男女共に薄っすらと残っているのが令和時代の初頭だと言える。

だが、これからのデジタル暗黒AI時代にそれをやると、時代錯誤であり、女性差別などと言われかねない習慣なのだ。

女性の管理職や女性社長も多い時代。それなりの割合で、女性が男性従業員をコキ使って社会は動いているのだ。

それに、国の間違った政策のおかげもあって、男性の非正規労働者の世帯主も多い世の中なのである。そんな時代に「女性だから・・・」という性差別的な理由でお金を持っていないなどと見下していてはいけないのである。女性側も古い時代の習慣にとらわれて、支払い時に財布を出さないとか、男性に払って貰うのを期待していたら、もう時代遅れのダラしない女でしかないとも言える。

ただ、さすがにカフェで会う場合の250円のコーヒー代くらいは男性が奢ってあげてもいいと思う。しかし、まともな一人千円以上の食事代や、クソ高いアルコール代までを男性が全額払っていたら、それが当たり前だと思う勘違い女が増えてしまって困る。マッチングアプリは相席居酒屋ではないのだ。

もっとシステマティックなことを言うと、他の令和時代wに対応した男性が迷惑するから、自分だけの都合でアカの他人にご馳走してはいけない。

割勘は婚活市場全体のルールだから守らなければならないのだ。女性側にしても、全額払う男性は基本的に金で女をコントロールしようとしているだけだから気を付けよう。「会ってくれた礼儀に全額ご馳走する」とか正論みたいに狂ったことを言ってる男性もいるが、そんな女性を見下した態度だから結婚できないのである。ペアーズのQ&Aサイトみたいなところで本当に見たが、真に受けてはいけない。

理由2 男性がご馳走するのは援助交際、パパ活である

食事代レベルと言えど、酒代が入ったりすると一人当たりの支払いが3千~5千円以上になることも珍しくない。マトモなレストランやバーでマトモに飲み食いしたら、一人1万円近くなる場合もあるだろう。

男性がご馳走するのは発想的には援助交際、パパ活に近いものがある。

そんな金額を交際しているわけでもなく配偶者でもない女に奢っていたら、援助交際やパパ活と認識されても仕方がないだろう。ちなみにパパ活というのは、お金を餌に女性と付き合って貰う活動のことを言う。逆バージョンのママ活というのもある。それらと混同してはいけない。

理由3 実際に食事を奢って貰うつもりの女が存在している

マッチングアプリに限らないだろうが、男性と食事などに行った場合に、男性に奢って貰うことをさも当たり前のように思っている女性がペアーズなどの大手マッチングアプリに存在している。

上でも言ったが、女性の社会進出が進んだ世の中であり、女性だからという理由だけで男性より収入が低かったり、学歴が低いということはありえない。今の時代は、仮にそんなことがあったとしても本人の問題でしかないのだ。多少関係あるにしても、ほとんどの場合は性別は無関係である。

まして、これから付き合ったり結婚する可能性も(1%くらいは)ある女性なのだから、支払い時に積極的にお金を払おうとするかどうかは重要なのだ。生活態度や教養レベルがわかる瞬間とも言える。

例外 ご馳走しても良い場合も稀にある

ここまで「割勘が基本」と常識を説いてきたわけだが、何事にも例外があるように、この件にも例外が存在している。

まず、リアルで出会うまでのやりとりを含め、初対面時の挨拶、服装、言葉遣いなどが完璧で、食事中の振る舞いもマナーのあるものであった場合だ。会話の内容も食事や飲み物が美味しくなるように、配慮されたものであったかも大事。例えば、さすがにこんなことはないと思うが、婚活中の男女の食事中に、愛犬だろうと犬のウ○コトレーニングの話をしてはいけないのだ。

一般的には脳の作りや生活習慣的に、女性は男性よりも会話が得意と言われている。会話がズタズタ過ぎる女性は普段のプライベートや職場等での人間関係を疑ってしまう。

だいたい、食事を奢って貰うつもりのダメ女は、メッセージのやりとりもこちらが10行くらい送っても、1行でそっけなく返信してきたり、ガサツで婚活を舐めている場合が多い。会った時もロクに名乗りもせず、「こいつ本当に社会人か? しかも婚活しているのか? うん?」と思ってしまう場合もある。

そんな女は時間の無駄だから、すぐに帰って貰った方がいいのだけど、男性側にしても時間を工面して来ていることもあり、食事だけは付き合ったりもする。登場時にロクに名乗らない女は、やはり食事中もダラしないことが多い。

居酒屋でメニューを見ながら「何頼んでもいいですよ」とか言うと、気の利いている女性ならば相手の好みを考えながら、一緒に美味しく食べられるものを頼むのが普通。店員が「調理に時間がかかる」と言えば、自分だけでもなく、男性にも確認を取るのがマナーなのだ。決して、勝手に頼んだりはしない。

ところが、名乗りもしない奢られ目的の女は「変な辛いマスタードソースみたいのがついた、一口で食べ終わるのに500円もするフランスパン一切れの料理」を頼んだりする。全然うまくないし、そんなの自分で払うつもりなら頼むのかよ? という不味そうなものまで頼むから、終始危険なのである。

まぁ、まともにマナーある対応をしていれば、最初の食事代くらいは自然に奢って貰えるはずとも言えるので、女性はその程度の最低限マナーは身につけておくに越したことがない。というか、婚活中だったら食事や会話のマナーくらいまずは身に着けるべき。全ての男性が避けるのも時間の問題だろう。

もし、あなたが女性で、男性に1円たりとも奢って貰えなかったとしたら、自分のマナーがどうだったか早々に反省した方がいい。唐揚げを掴み損ねて床に落としたり、話の流れで酒が入っていたからと言って、相手の出身地を悪く言ったり、花で笑ったり、年上に初対面でタメ口使ったり、相手の仕事とか、事前にわかっているはずの相手のことを全く勉強して来なかったりとか、ガサツで品のない言動はなかったか・・・猛反した方がいいだろう。