コネタ

恋愛・婚活

マッチングアプリでは真っ先にブス、オバサン、子持ち、バツイチを避けた方がいい理由

マッチングアプリで女性を見抜くのは大変だけど…

少しでもマッチングアプリを使ったことがある男性には言うまでもないが、Pairs、withなどをはじめ、主要なマッチングアプリでは男性有料、女性無料の課金モデルであることからもわかるように、女性優位の構造であることは明白。

並みの男性なら5や10イイネ貰えれば良い方で、下手すれば1か月くらい使ってもイイネが0なんてことも普通にあるのがマッチングアプリ。例外的にイイネが沢山貰える男性は、実在するかどうかわからない、年収1千万以上で自称会社経営、犬を抱いた写真を使っている男性くらいなものだ。

そんな中、並みの男性でもイイネが送られてきやすい女性の傾向というのはハッキリしている。そう、表題に挙げたブス、オバサン、子持ち、バツイチの4タイプの女性だ。

このタイプの女性が必死に並男性にイイネを送る理由

マッチングアプリを使ったことがある男性はわかるが、基本的には顔写真パっと見でイイネを送る。プロフィールなんて大体似たような定型文か、変なこだわりのある面倒な文章のどっちかだから、パッと見でヤバそうな相手なら除外して、それ以外はとりあえずイイネ送る使い方をするのが効率が良いだろう。

何しろ、マッチングアプリの仕組み的にほぼブスしかマッチングできなかろうが、システム的に一定数のイイネをくれるのだから、とりあえず使わないと勿体ないし、女性優位である以上はとりあえずイイネ送らないと何も始まらないのだ。

こういう仕組みだから、ブス、オバサンはほとんどの男性がイイネを送るのを避けようとする。間違ってタップして送ってしまうこともあるが、ブスやオバサンはイイネが少なめのことが多い。まともな企業に正社員で勤めていて年収600万以上あったりするブスやオバサンも多いのだが、マッチングアプリにおいての評価は低いのだ。

子持ちやバツイチは一応結婚できたことがあるんだから、前述の未婚のブスやオバサンよりルックスが良い場合がある。だが、プロフィールで除外する男性が多い。当たり前な話で、未婚の20代や30代男性がわざわざそんな子持ちやバツイチを相手する必要がない。

妥協して惰性で付き合うと後が大変

マッチングアプリで有料プランに課金したのにロクにマッチングできないという男性が大半だろう。そういう仕組みなのだから大抵は男性側に問題があるわけではない。それで落ち込んでしまうのは仕方ないとしても、必死にイイネを送るブス、オバサン、子持ち、バツイチの4タイプの女性に引っかかってしまう男性もいるかもしれない。

せっかく安くない金を払ったんだから、ブスでも何でもいいからメッセージしたい・・・と。

しかし、よく考えて欲しい。そんなブス、オバサン、子持ち、バツイチなんかとメッセージして付き合ったり結婚するためにマッチングアプリをはじめたのだろうか? これらの4タイプの女性は一般的な男性からはマッチングアプリにおいても相手にされにくいので、毎日1~2通くらいのメッセージが送られてくる。普通の女性なら引いてしまうような変わった趣味にも共感を示し、どんな話題にも食いついてこようとする。

あなたが払った数千~1万以上のお金は、ブス、オバサン、子持ち、バツイチとやりとりするために消費されてしまってよいのか。メッセージやりとりするにも時間や思考という貴重なリリースを奪われるし、他の普通の女性と出会えるかもしれないチャンスを確実に奪うことになる。

今は大抵の女性が少なからずアプリで加工しているから実際より美人に写っているのがほとんどだし、実際に会うともっとブスやオバサンであることは間違いない。

筆者の場合もやたら食いついてくる上記のような女性がいたのだが、メッセージやりとりしているうちに某外資系ECサイト「ア〇〇ン」のIT部門の従業員らしいことがわかった。新型コロナウイルス真っ最中であったが、「うちは需要が伸びていますよ」とマスクやトイレットペーパー転売に加担して、そりゃそうだろうけど、見た目がアレなのは性格もアレなことが多いので注意されたし。

PC & モバイル

楽天から届いた「セレクトショップ SIG(selectshop-sig)不正アクセスに関するお詫びとお知らせ」

よく大手ECサイトなどを装って「あなたの個人情報が・・・」みたいな怪しいスパムメールが届くことがある。

そういったものに混ざって届いたのが下記のメール。

差出人「楽天市場 お客様サポートセンター」
件名「(重要)[セレクトショップ SIG(selectshop-sig)] 外部システムにおける不正アクセスに関するお詫びとお知らせ」

楽天やアマゾンなど主要なECサイトで買い物をするが、利用したのは1年半くらい前だったが、このショップにはすぐにピンと来た。

サイトの構造や問い合わせ対応が怪しかった?

このショップは丁度スマホを買い替えた時に付属する薄っぺらいメーカー純正のカバーが貧弱に思えたので、もう少ししっかりした作りのカバーが欲しいなと思って買ったのだ。しかし、届いたのは本体に付属するものと同じかそれ以下の薄っぺらしいもの。

しかし、商品説明にはそんな薄っぺらいとか付属品以下という記載もなく、本能的にちょっと怪しい匂いがしたのだ。サイトの構造も個人情報を扱ったりして商売をしている割に、画像が切れていたり素人でもわかるようなプログラム周りのエラーを起こしているようだった。

楽天から届いたメール

※本事案は株式会社Ryuki Designが保有するシステムにおいて発生したものであり、楽天株式会社との間に直接の関係はございません。
本メールは、お客様保護の観点から、「セレクトショップ SIG(selectshop-sig)」およびそのシステムを提供している株式会社Ryuki Designの代わりに、楽天株式会社よりお送りさせていただいております。

この度、当該店舗のウェブページの運営などで利用しておりました、株式会社Ryuki Design(以下、Ryuki Design社)のシステムにおいて、第三者による不正アクセスが判明したためご連絡させていただいております。
お客様には多大なるご迷惑をお掛けする事態となりましたことを、深くお詫び申し上げます。

つきましては、以下の通り本件の概要と今後の対応についてご案内差し上げます。

■本件の概要
当該店舗が出店する「楽天市場」の店舗ページ等で、購買促進を目的とした情報(例:リアルタイム注文表示、売上ランキング表示、等)を表示するために利用しているRyuki Design社のシステムが、第三者による不正アクセスにより当該システムの一部が改ざんされていたことが、Ryuki Design社により2020年2月28日(金)に確認されました。
その後、Ryuki Design社および外部専門調査会社による調査が行われ、2020年3月27日(金)にRyuki Design社より報告された調査結果によると、お客様情報の流出は確認されておりません。
また、当該システム内に保存されていた情報に、お客様のメールアドレス、クレジットカード情報は一切含まれておりません。
なお、当該システムに保存されていたお客様情報は、2020年2月29日(土)に全て削除されています。

■対象のご注文
・注文番号:■▲●■▲●■▲●

■当該システムに保管されていた情報
「楽天市場」からのご注文時に、お客様へ送られる『注文内容ご確認(自動配信メール)』に記載されている、以下の情報となります。
・注文番号
・注文者情報(氏名/住所)
・送付先情報(氏名/住所)
・注文商品名及び金額
※クレジットカード情報、メールアドレスは、一切含まれておりません。
※住所は、郵便番号、都道府県名のみの記載となっています。
(一部2017年9月27日以前の注文については、都道府県名以下と電話番号も記載されています。)

■再発防止策
Ryuki Design社にて、今後同様の事態が発生しないよう、メールデータの取り扱い停止およびセキュリティー対策強化を実施し、安全性の確保に努めています。
また、当該店舗においても店舗ページに利用されるシステムの再確認を行っております。

本件により、お客様にご迷惑をお掛けしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。

本メールの内容についてご不明点、ご質問等ございましたら、お手数ですが、以下のお問い合わせ先にご連絡いただきますようお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
■▲●■▲●■▲●

学んだことは怪しい作りのショップは利用しないこと?

アマゾンと違って楽天のショップというのは、一般的にはそれぞれの店(会社)が販売するためのページ制作をする。なんでわかるかというと、私は昔、都内にあるフラワーギフトを売るブラック零細企業で楽天のシステムを利用したページを作っていたことがあるからだ。社内で全部作ることもあれば、プログラムや配送関係のシステムは外部に委託していたり、様々である。

それぞれの会社で独自に作るということは、ページの作りなどにミスがあるとそれが原因で情報漏洩などに繋がるということだ。いくら安い商品を買おうとしても、パッと見で作りが雑だったり、ページにエラーがあったりするショップは個人情報を提供するだけに避けた方が無難だろう。

なんらかの補償があってもよさそうだけど、メールの内容が正しいという前提があればプロぎラムミスでハッキングがあったけど個人情報は大丈夫だった? ということ。いや、こういうハッキングする相手は個人情報目当てな気もするから当てにならないが。同ショップを利用したことがある人はメールが届いていないか確認してみよう。

ゲーム

【名作】かまいたちの夜を久々にやったり今の時代でも面白すぎる

スーパーファミコンの「かまいちの夜」という名作サウンドノベルを知っているだろうか? スーパーファミコン後期の1994年11月25日に出た、小説を読み進めて行くようなジャンル、サウンドノベルの代表作とも言えるゲームである。

今30~40歳くらいの人なら小学生高学年や中学生くらいの時にプレイしたことがあるかもしれない。何しろ、SFC版だけで約75万本売れたヒット作だ。

ストーリーや演出は今やってる全く色褪せてない

犯人当てなど推理小説がベースのゲームなので、さすがにネタバレはしないが、当時としてはもちろん、26年経った今でも演出が色あせているようには見えない。

実在するペンションの実写に紫色のシルエットで表現された登場人物や、ニュース番組などでもよく使われているBGMや効果音、猫が動いたりするアニメーションなど、ほんとによく出来ている。

ストーリーもよくできていて、序盤は観光地的なほんわかした演出で、サスペンスものながら時折ギャグがあり、エンターテインメントとしても優れている。

ゲームとしてはテキストを読み進めて選択肢を選ぶだけの単純な操作ではあるが、前後文章などで巧妙に犯人やトリックがわかりづらくなっていて、事件解決の難易度ははっきり言って高い。

初回プレイでは普通の人には犯人を当てるのが難しいので、連続殺人で皆殺しにされてバッドエンドになるのが定番コース。しかし、段々と犯人が絞られてくるようになる。犯人の名前を入力するのは当時としても今としても斬新。早い段階で犯人を突き止めることも可能で、多数のサブストーリーが用意されているのもポイント高し。

今やるならオススメは初代PS版

SFCでヒットしてから、その後は初代プレステや携帯機などに移植されている。

今やるんだったらチャート機能が搭載されて遊びやすくなっているプレステ版がオススメ。初代PSは実機がなくてもPS3で遊ぶことができるほか、課金環境があればダウンロード版でもプレイすることもできる。

続編も出ているが・・・

かまいたちの夜のヒット以降、2や3などの続編にあたる作品も出ているが、内容的には賛否両論と言える。

ハリウッド映画などでもそうだが、初代を超えるのは難しいらしく、演出やストーリーなども個人的には初代がやはり素晴らしいと思う。

PS3のは初代風のリメイク?

関連作品の中でも、初代を彷彿させるのがPS3のこちらのゲーム。

岩手県の遠野のペンションが舞台となり、推理部分などが初代に近いものがある。初代に比べるとトリック(?)がわかりやすく、少し薄味ではあるかもしれないが、推理物に慣れていない人でも楽しめる内容となっている。