コネタ

コネタ

【レビュー】映画『マリリンに逢いたい』は沖縄&犬映画界の最高峰!?

知る人ぞ知る、沖縄映画界と犬映画界の最高峰とも言われている(どこで?)『マリリンに遇いたい』のレビュー。

気になる人はぜひ見て欲しい映画なので、ストーリーのネタばれは極力避けるが、多少のネタバレを含むので注意されたし。

『マリリンに逢いたい』を視聴する方法

古い映画だが、映像ソフトとしてはDVDで販売されている。プレミアは付いていないが激安でもない普通の価格。レンタルは探したが扱っている店はほとんどなく、動画配信をやっているサイトも見つけられなかったので、すぐに見たい人はDVDを買うと早い。

ちなみに小説版もある。ストーリーは映画版と大体同じ。先に小説を読むとネタばれになって映画が楽しめくなるので、順番としては映画→小説がオススメ。

マリリンに遇いたいの概要

マリリンを想うシロ

沖縄本島からの那覇港からフェリーで1時間弱のところにある座間味島と阿嘉島を舞台にした実話を元にした犬映画。

阿嘉島にあるシロの銅像

物語の主人公(たぶん)であるシロは阿嘉島では英雄として銅像まで作られている。シロ(♂)は3Km離れた座間味島に海を泳いでマリリン(♀)という恋人(恋犬)に逢いに行っていたのだ。

シロの恋人マリリン(♀)

なにしろ、阿嘉島には島のしきたりでメス犬がいなかったのである。比較的近い場所にいた唯一のメス犬がマリリンだったのだ。

シロは本人が出演しているが泳ぎのシーンが満載

シロは本能が抑えきれず、危険を冒してまで隣の島まで海を泳いでマリリンに逢いに行っていたという純愛(?)を描いたのが本作である。

実際は人間ドラマ部分が多い

これだけ聞くと犬映画のようにも思えるが、実際にはシロやマリリンの飼い主たる人たちの人間ドラマ部分が多い。

モノ言わない犬だけの映像だとイメージ映像的になってしまい、さすがに長編映画としては作るのが難しかったのだろう。よく知らないが当時の人気俳優などを登場させ、人間ドラマの小道具としてシロやマリリンが出てくるという変わった作りの映画でもある。

それも血の繋がった家族同士の嫉妬、喧嘩、貶し合いなど醜い人間同士の争いがメインだ。そこに本能に身を任せた犬同士の求愛が描かれていることで、逆にコントラストすら感じることができる。

沖縄映画としても優秀

『マリリンに逢いたい』は沖縄映画としても価値のある作品だ。

実際の阿嘉島や座間味島で撮影されているだろうし、古い映画なので映像は荒いものの、世界的にもダイバーなどに注目されている美しい慶良間諸島の海の映像シーンが多い。

古い沖縄の家庭の食卓などの映像もあるし、おばぁが喋る琉球語はガチで全く意味がわからないけど、沖縄映画としても価値のある映画だろう。

評価

総合評価は60点。犬好きかどうかでも評価がわかれるだろう。犬嫌いだけど60点なので、犬好きなら80点くらいにはなると思う。

総合 60点
犬映画 70点
沖縄映画 80点
人間ドラマ 40点

グルメ

【日清】爆裂辛麺は辛さレベルMAXだけに人類史上トップクラスの激辛ラーメンだった

日清の袋ラーメン「爆裂辛麺」のレビュー。

人類史上トップクラスかどうかはわからないけど、辛党で大体の辛いラーメンを美味しいと感じる自分にしても、トップクラスの辛さに感じるラーメンであった。

ちなみに、「爆裂辛麺」はイオンで1袋150円くらいする袋ラーメンとしては高級な部類。とても常食したり、家族で食べるような辛さのレベルではないからか、1袋単位でしか販売されていなかった。

麺は極太麺。茹で時間は5分

鍋に入れた様子。麺は袋ラーメンだからできる極太麺で、つけ麺とかの麺のよう。

裏面の作り方には先に野菜を炒めて~というような説明があったが、一方で「麺だけも美味しく食べられる」という記載もあり。どっちやねんという感じもするが、作り方は自由らしい。

とりあえず、モヤシなんかを中心に手元にある野菜を入れてグツグツ。ここまでは普通のラーメンだ。

辛さレベルMAXはダテじゃなかった

3分クッキング(5分だけど)のごとく早回しして完成図はこちら。

画像から辛さが伝わるかわからないけど、パッケージには5段階で5のMAX表記の辛さがあるけど、これが辛いなんてもんじゃない。いや、辛党にしても辛いなんてもんじゃない。

よくある「旨辛」という料金は跳び箱3つぶんくらい飛び越えている。「旨い」と「辛い」のバランスで言うと「1:5」くらいで辛さが際立っている。例えると、普通の味噌ラーメンに間違って一味唐辛子の小瓶を半分くらいブチまけてしまった時のような辛さだ。旨さを感じる前に辛さが押し寄せてくる。

スープは辛すぎて飲めたものではなかったけど、太麺だけにスープの辛さがまとわり付いてくる。

辛さMAXに挑戦したい人や無性に辛いものが食べたい人向け

何とか麺だけは完食はしたが、個人的には旨辛の領域を飛び越えていると感じた爆裂辛麺。

オススメできるのは辛党なのは大前提だけど、無性に辛い過ぎるラーメンが食べたい人向け。辛ラーメンの5倍くらいは辛い。

チャレンジャーな人には、ぜひどうぞ・・・。

コネタ

専門実践教育訓練の訓練前キャリアコンサルティングを受けた感想。これから受ける人の参考に…

ハローワークで専門実践教育訓練を申し込むには、事前に「国家資格キャリアコンサルタント」持ちの人にキャリアコンサルティングを申し込んで「お墨付き」を貰わないとならない。

今回は専門実践教育訓練を申し込むつもりの人で、キャリアコンサルティングが不安で仕方ないという人向けにどんな感じだったかを詳細にお伝えしよう。

申し込みは委託先に電話する

訓練前キャリアコンサルティングは住所地近辺のハローワークで行うが、申し込みは都道府県ごとに委託されている企業となる。

関東をはじめ、多くの都道府県ではランゲート株式会社という京都に本社がある(?)会社が委託されている。ここの連絡先は都道府県ごとに違うので、ハローワークに出向くなりして予約先の電話番号を手に入れよう。

予約枠はハローワークが開いている平日で、9時~とか、10時~とか枠が決められている。あまり遅い時間だと面談後に訓練申し込み手続きが出来ないので、同日中に申し込みまでする場合は注意。

ちなみに、都道府県などにもよると思うが、予約の電話は全然繋がらなかった。コンサートのチケットを取るくらいなイメージ。半日かがりで繋がったが、明らかに1回線しかなさそうな感じで、なんでこんなに繋がらないのかなと思ったら、説明がすごく細かいけど話が長い・・・。予約するだけ15分くらいはかかった気がする。

ランゲート株式会社のサイトでネットからも予約できるようだけど、ハローワークでは電話で予約してくれと言われたりと、癒着か知らないが随所にお役所感が漂うのが気になった。

面談にはジョブカードを予め作成して持参する

専門実践教育訓練の訓練前キャリアコンサルティングでは、悪名高い大失敗事業とも言えるジョブカードを使う。

ジョブカードとはハローワーク系の教育訓練とか職業訓練などを受ける時に作成しないとならない経歴書みたいなもの。

これがボリュームあるしクソ面倒臭い。単に職務経歴書というよりは、興味のあることととか、体験を押して感じたこととか、素晴らしい典型的なサンプル文を参考にしながら入力していく。

とてもじゃないがサンプルみたいに5行とか書けなかったので、それぞれ1~2行くらいしか書けなかったのが残念。

昔は手書きしかなかった気がするが、今はジョブカードのサイトでPC入力して印刷することもできる。途中保存とかの機能はないのでプラウザが固まったりしないかドキドキだった。

特にしんどかったのが職歴のページで、訓練前キャリアコンサルティングの面談用にどこまで細かく入れるのかわからなかった。短期のアルバイトとか派遣とかを入れるべきなのかも基準がよくわからないし、そもそも、職歴が多い人は入力しづらい作り。2ページ以上になるとPDFで出力した時に変な隙間ができるダメ仕様だった。ブラウザの相性でもなさそうだし作りが悪いみたい。

キャリアコンサルティングの面談当日の様子

せっかく受講したいなという専門実践教育訓練があっても、この訓練前キャリアコンサルティングで「国家資格キャリアコンサルタント」の人に推薦されないと受講できないものだから、ある意味、受講希望者にとっては最初の難関である。

「あなたには必要ない訓練だ」なんて言われたらジョブカードを作った苦労が水の泡になる(←そこじゃない)

キャリアコンサルタントとの面談は予約の時に申し込んだハローワークで行う。通常は最寄りのハローワークだろう。

ハローワークにもよると思うが、受付にキャリアコンサルティングの件で来たと言うと、一般の窓口ではなくて奥まった場所にある面談ブースみたいな場所に案内される。きちんとした会議室の場合もあれば、ハローワーク職員が働く場所の一角でパーテーションで区切られただけという場合もある。筆者の場合は後者だったw

キャリアコンサルタントの人は話の通り、中高年の女性が多い。男性もいるだろうが、キャリアコンサルタントの資格自体が中高年に人気なので、そういった人と面談することになる。

面接とかではないので服装は何でもいい。スーツで決めて行ったら気合い入り過ぎてる感じがする。

キャリアコンサルティングの面談当日に聞かれること

事前に教育訓練の講座名なども聞かれたので伝わっているからか、講座についても下調べしているようだった。

気構えていると拍子抜けしてしまうが、受講の志望動機を尋問されたりとかもなく、業界に関する終始世間話や雑談レベルの内容だった。

それどころか、苦労して書いたジョブカードを全然見てくれないという(泣)。このあたりキャリアコンサルタントにもよるだろうが、職歴についても細かく書き出したりするのは無駄で、ジョブカードは意味を成していないものだった。

対策があるとしたら、自分で何のために受講したいか言えること

雑談レベルの面談に対策もなんもあったものではないが、強いて言えば、自分の口で「これまで〇〇をやってきたが、これからは△△がしたいので、××の教育訓練を受けたい」という一文を雑談のどこかで言えれば面談はクリアーとなる。

面談は最大60分なので適当なところで切り上げて、ジョブカードにキャリアコンサルタントが「訓練の受講を勧めます」と一筆書いてくれて終了。

キャリアコンサルタント自体がハローワークの癒着や天下りの産物とも言われているので、真剣に職種のことを相談したいというよりも、自分で何のために受講するか? というを整理しているかというのが大事になる。

第三者的にシビアに仕事に結びつくとか、無事に受講終了できるかとかは判断してくれないので、一筆書いて貰うだけの作業だった。

一筆書いて貰った後は・・・

キャリアコンサルティングが終わると、専門実践教育訓練の資格を満たしていれば、訓練担当の窓口で申し込みができる。

その書式もネットで入力して印刷までできるので予め作っていくと良い。結構な書類枚数になるけど、ハローワーク職員の仕事がいかに書類仕事なのか痛感する。

そのあとは失業給付の時みたいに「しおり」と「教育訓練の受給資格者証」などの一式が貰える。まだスクールの入校手続きもしていないといいのかしら・・・と思うけど、そういうものらしい。入学試験に落ちたり、何らかの事情で通えない時は取り下げ手続きというのがあるらしい。

以上、誰かの参考になれば。