コネタ

株・FX / 投資

デイトレーダーが使う3大ツールの特長 ~副業投資家からの脱却~

株の取引きのデイトレードで確実に利益を出していくには、次の3大ツールを使いこなすのが重要。

数か月後とかに投資するわけではないかせ、一般的な株式投資では大事になる企業の業績なんかは関係ないので、それよりもこの3大ツールを使いこなす方が大事だ。

株の売買は売る人と買う人がいて成立するので、その注文状況をリアルタイムに確認するのに必要なツール。

チャート

過去の値動きを確認したり、直近数分の値動きを確認して、買い時かどうかを判断するのに使う。いくらデイトレードと言っても、過去数カ月のチャートを調べて高値圏にいたら手掛けるのは見送った方がリスクが低い。

リアルタイムランキング表

値上がり率や出来高で値動きの多い銘柄を探すのに使う。

マザーズやジャズダックの方が値動きが激しい場合があるが、売買タイミングを掴むのは難しい。

証券会社によってランキングの見やすさや使い勝手には差がある。口座を持ってれば普通は無料で利用できるので、複数の証券会社に口座があると有利。

株・FX / 投資

サラリーマン投資家の9割以上が損失を出す明解な理由

サラリーマン投資家の9割以上は投資に手を出しても損失を出しているという。投資はやらない方がマシなわけで、そもそも投資は誰にでも儲けられる手段ではないというのが前提。

日本だと金を稼ぐこと自体も悪者扱いされたり、投資で飯を食っているなんて言ったら白い目で見られる時代もあったわけだ。

大抵の人は投資をロクに勉強したこともないのに、投資すると儲かるという前提で投資を始めているという現実があるだろう。老後資金2千万円問題の時も国が投資を勧めていたが、投資のスキルも現実も知らないで酷い目にあう人が増えないか心配だ。国にしたら知ったことではないのだろうが。

一つ言えるのは、投資は上司や取引先にペコペコしてYESマンになっていればお金が貰えるサラリーマン感覚では、まず上手く行かないのだ。

サラリーマンが投資で失敗する最大の理由

それは、サラリーマン業があるから。

サラリーマンと言っても色々あるが、日本株であれば平日の日中、つまり9時~15時に東証のマーケットが動いているわけだが、平日の昼間に働いている真面目なサラリーマンだったら、相場に入るのが難しい。

相場に入ると分析すべき項目は沢山ある。サラリーマン投資家が上司にサボってるのがバレないようにするには、短時間で株の売買をこっそりしないといけない。株の取引とは、銘柄選びと、売買タイミングの選択が全てだ。

しかし、横目でサボりながら後ろめたい気持ちでそれらをやっていたとしても、十分な銘柄選びなどできないだろう。タイミングに関しては言うまでもない。会議など打合せ中に急騰、急落があっても対応できない。

結果、不利な条件で売買することになり、損失を出してしまうのだ。残業や付き合いでサラリーマンは拘束時間が長い。相場が閉まれば翌日の投資銘柄を探したりしないとならないのに、それがロクにできないのがサラリーマン投資家だ。

ナイトセッションや売買予約もあるけど

「日中取引できなくてもナイトセッションがあるよ」とか「予め注文を出しておけば?」と思うなら、それは相場の厳しい現実を知らない。積立貯金にでも精を出した方がいい。

東証が閉まった後もナイトセッション、またの名を夜間取引といって、夕方~深夜にかけて日本株の取引きができる場合がある。場合がある、というのはナイトセッションに対応した銘柄は限られているからだ。

それに日中のような活気はない。売買というだけあって、株の取引きというのは買う人と売る人がいるから成立するが、参加者が少ないために希望の価格で売買できないことも多いのだ。

日中でさえ、日本株は人気銘柄やランキングに載っているような注目されやすい銘柄を除けば、ほとんど売買されないような銘柄も多い。

売買予約に関しては相場が閉まったに注文を出すわけだから、必ずしも希望の価格で約定するとも限らない。翌日の朝になって急騰したとしても、急騰前の価格で約定してしまって、儲けのチャンスを逃してしまうことが多い。

サラリーマン投資家は不利

東証が開いている時間にリアルタイムでじっくり取引できないサラリーマン投資家は不利であり、損失を出す人が大多数なのはわかっただろう。

まぁ、そもそも投資でサラリーマンとしての収入よりも稼げるなら、アホみたいな上司や会社と付き合ってストレス貯める必要もないし、大体のサラリーマンは辞めるはずだから、9割以上のサラリーマン投資家が損失を出すというデータも信憑性があると言えるだろう。

WEB制作

便利だけど、実は危険なWordPressプラグイン。その対策と考え方について

WordPressで使っているテーマに含まれていない機能を追加したり、細かいカスタマイズしたりする時にお手軽便利なプラグイン。

むしろ、WordPressが人気(これしかない需要とも)なのは、無料で手軽に使えるプラグインが充実していることが最大の理由だと思う。

しかし、実はプラグインというのは時と場合によっては怖いものであることを初心者に向けて、いや、初心を忘れてしまった中~上級者に講釈垂れてみる。

ちょっとしたことでサイトを破壊するプラグイン

WordPressというのはプログラムで動いていて、プラグインというのもまたプログラムで動作している。

WordPress自体のバージョンや、PHPなどのサーバーの環境、使っているテーマ、個別のカスタマイズ状況やプラグイン同士の組み合わせなどによって、動作したりしなかったり、また不具合が出たり、挙動が予想できないのがプラグインの怖いところ。

何かトラブルが起きてもWordPressのプログラム的な構造や、プラグインのプログラム的な動作を把握していないとならない。

いや、そういうのをすっ飛ばして素敵な機能をワンタッチで使えるからプラグインを使っているのであって、大抵の場合はプラグインに動作不具合が出たり、その影響でWordPress自体の動作がおかしくなっても自己解決などできないだろう。

これはプラグインを導入した時だけでなく、更新したり、一度いれたプラグインを削除した時にも起こる。プラグインに何らかの手を入れるときは、事前に慎重にバックアップを取るなりしておくのが大事だが、バックアップがあっても復旧できるかどうかは別問題だったりする。

まして、個人レベルのWorDPressブログなんかでは、かなりプログラムに詳しい人でないとテスト用の開発環境が別にあったりすることも少ないはずなので尚更だ。

プラグインはサイトの表示を遅くする

手当たり次第にプラグインをぶち込むと、様々な機能が使える一方でサイトの表示速度は低下する。

WordPress自体がそんなに高速をウリにしたCMSではないが、元々のテーマに含まれている機能なら制作者がチューニングしているものの、手あたり次第にプラグインをぶち込んだサイトだと、同じような機能がバッティングすることもあるかもしれないし、表示速度が目に見えて遅くなるだろう。

プラグインを大量にぶち込むなら有料テーマもおすすめ

WordPressの魅力はプラグインで好きな機能を簡単に追加できることだ。しかし、そこにはそれなりのリスクと表示速度のトレードオフという問題が潜んでいる。

そういった場合にオススメなのは、初めからブログ運営に必要な機能が大体内蔵している下記のような有料テーマを使うことだ。




国内最高峰の SEO 最適化 WP テーマ 【ザ・トール】

無料テーマではほとんど提供されていることがない「サポート」があったり、デザイン面も整合性が取れているので、CSSなどに詳しくない初心者なら、なおさらオススメだ。

余談 企業サイトではWordPressは滅多に使われない

個人ではWordPressは非常によく使われていると。無料という意味では他に選択肢がないというのもある。

しかし、中小企業などを除けば、大手企業のブログ、オウンドメディアではWordPressは滅多に使われることがない。

「大企業だから大金が払える」というのも理由だが、毎日、数万~数百万くらいPV数があったり、個人情報を扱っていたりすると、出所のわからないフリーのプラグインはセキュリティや安定性の懸念から企業の判断として使えないからだ。

あまり一般のブロガーなどには知られていないが、企業向けのCMS製品は多数あって、それらを年間数百万円くらい、エンジニアの給料で年間1千万円とかで運営しているのが企業のオウンドメディアなのだ。

以前、勤めていた会社がそうだというだけだけど、WordPressのプラグインに絡めて紹介してみた。