自転車ノウハウ

自転車ノウハウ

意外と長持ち? 7年前に買った自転車のサドルを買い替えた話

スポーツ自転車の快適性の7割が決まる気がするサドルというパーツ。

約7年前に買ったCUCLE PROというブランド(?)のサドルだが、全体が湯笑ゴムのような特殊な素材で出来ていて2万キロくらいの時点氏の旅をお供してくれていた優秀なやつだった。

しかし、経年劣化には耐えられず、表面に亀裂が入ったりして止むを得ず買い替えることにした。

物理的ダメージ+経年劣化

サドルがダメージを受けるのは物理的ダメージと経年劣化のパターンがある。

この部分に出来た亀裂は駐輪中に風で倒れた小さな傷が元になって広がっていった。ゴムみたいなぷにゅぷにゅした素材なので、ボンドなどでも上手く修復できなかった。

そして買い替え判断で決定的だったのが、全体に経年劣化による皴のようなものが出来たということ。こればっかりは室内保管でもこうなったので、他のゴム製品なんかと同じで空気中に存在している限り劣化していくのだろう。

屋外に保管していると雨風や紫外線などで、もっと劣化が早いものと思う。

サドルは意外と長持ちする

特別に丁寧に扱ったというのはないが、あるとすれば室内保管だったことくらい。それでも長旅をお供してくれたパーツにしては7年というのは長持ちだと思う。

たぶん、アマゾンで2千円か3千円くらいで買ったので1年あたりは400円しないくらい。1日にすると1円くらいだろうか。

買い替えるのも検討したりするのも面倒なので同じやつでいいかー、と思ったが残念ながらこのブラント(?)は今現在ではあまり主流ではないらしく、同じものは探せなかった。まぁ、ベストセラーでもない限り、7年前と同じ商品が売られているとは思わないのだけど。

代わりとして買ったのがこれ。

単に安かったというのが決め手だけど、最近は1千円~2千円くらいの予算でも様々なサドルが選べるようになっている。

サドルはネットで買うのが吉

自転車店で買うよりネットで買った方が安くて優秀なものを買える。

ちゃんと管理すれば自転車のパーツの中でも、かなり長持ちするものなので少し奮発して選んでもよい気がする。

基本的に自転車というのは世界共通の規格なので、普通にアマゾンなどで売られているものなら自分で割と簡単に付け替えることが可能。自転車にもよると思うが、六角レンチが必要だったりするので、初めて付け替える場合は工具も買っておく必要がある。

六角レンチは様々なサイズがあるが、ホームセンターや100均一で手に入る。サドルの位置を微調整したり、日常的な調整にも必要なので持っておいて損はないアイテム。

自転車ノウハウ

自転車のチェーンオイルは100均のミシンオイル(万能オイル)で十分なワケ

スポーツ車を含む自転車のチェーンオイルは経験上、100均の安いミシンオイル(万能オイルとも)で十分だと思っている。

店舗や時期にもよるが上記はキャン★ドゥの手芸売り場で見つけた商品。店によっては自転車用品売り場的な場所に万能オイルというような商品名で売られている場合もあるはず。

近所に売ってそうな店がない場合は、ネットからでもミシンオイルという商品名で売っている。

なぜか自転車屋には高級なオイルばかり

先日、何年か前に100円くらいで買った自転車用のチェーンオイルが空になったので、新しいものを絶賛株価下落中にイオンの自転車売り場に買いに行った時のことである。

チェーンオイルというと100円~200円くらいというイメージしかなかったが、そこそこ大きいイオンの自転車売り場というのに、その手の商品が見つからなかったのである。下記のような1000円以上するような機能性を謳ったようなチェーンオイルらしきものはあるけど、個人的にはそんな高級なものを使う気はなかった。

100円のオイルで十分な理由

見づらいが、ミシンオイルは自転車を含む様々な製品に使える

自転車屋や自転車用品のメーカーからすると100円のオイルを売っても利益なんて知れているので、マニアックな客にはできるだけ高いオイルを売りたいというのがあるだろう。それはわかる。

だが、日本半周した経験から言うと、個人的には実用性の意味がから言うと、日常的な用途の自転車に使うにはその手の高給なオイルの必要性を感じない。100円のオイルで十分なのである。

大体、チェーン自体が1千円台くらいしかしないものなのに、オイルに同じくらいの金額をかけるのは経済合理性に欠ける。オイルで湿ってさえいれば機能的に違いがないように思う。正直、料理に使うサラダ油でもそんなに大きな違いはないような気がする。むしろ、サラダ油の方が食品なだけに安全性は高いし。

例え、高給のオイルの機能性が凄くてチェーンの回転が少しよくなったり、チェーンへのダメージが少なったとしても、それ以外の本人の体力だとか、他の自転車の機能的な部分の方が遥かに影響が大きいので、900円分の違いを感じることができないと思う。

すべて個人的な思い。でも、マニアックな商品に手を出したい人には良いのかもしれないけど。

自転車ノウハウ

今日日、自転車旅行の宿泊先はホテルでも全然OKだと思う理由

自転車旅行というとキャンプ道具一式を積み込んで何がなんでもキャンプで突き通す・・・というのは一種の信念のように感じなくもない。

自転車旅行の初心者はもちろん、それなりの経験者であってもフレキシブルにホテル泊を取り入れて、快適な自転車旅行が今日日のサイクリストのあるべき姿ではないかと考えてみるコーナー。

キャンプツーリングは費用を浮かすためだった

当サイトのメインテーマである自転車旅行でも、最初こそネカフェやホテル泊だったものの、回数を重ねて自転車旅行の勝手がわかり、長期にわたる日程ではキャンプツーリングを取り入れた。

それは様々な理由があるが、自然に親しむためというよりは、どちらかというと宿泊費を節約するためだった。夏場の北海道のビジネスホテルは宿泊費が高い傾向があるので、安いホテルでも1泊4千円~5千円くらいかかってしまう。

例えば、ツーリングの日程が10泊だとすると、宿泊費だけでざっくり5万円もかかってしまうのだ。一人用のツーリングテントだったら、一流ブランドの高給テントが余裕で買えてしまう。しかも、テントなら20泊でも30泊でも使えば使うほど、1泊当たりの費用が安くなる。

少なくとも筆者の場合、ホテルではなくてテント泊を取り入れたのは宿泊費を浮かすためという理由が大きかったのだ。

テント泊のデメリット

自転車でのキャンプツーリングの場合、デメリットはどのようなものがあるのだろうか。

まず挙げられるのは、天候の影響をモロに受けることである。雨や強風など悪天候の場合は楽しくない。台風などの場合は危険を伴ったり、キャンプ場が閉鎖になる場合もある。そうなると宿泊地を変更したり、無理な行動を強いられることになるのだ。

ホテルの場合は一般的には15時くらいから深夜近くまでチェックインできるが、キャンプ場は場所にもよるがチェックイン時間が結構シビアだ。自治体公営のキャンプ場なんかでは17時や18時くらいで受付が終わってしまう場合も少なくない。

無料のキャンプ場だと公園みたいに常時開放されていることが多いが、ハイシーズンの場合は混みあっていて良い場所が確保できなかったり、遅い時間だと暗闇の中でテントを設営しないとならない不便がある。

また、テント泊は慣れている人でも、寒かったり暑かったり、風や雨、動物の鳴き声などでゆっくり寝られないことも多い。体力が命の自転車ツーリングでは、寝不足や疲れの蓄積は命取りにもなり兼ねない。

荷物が増えたり自転車に専用の装備が必要なことも

もう一つ挙げられるとすると、テントや寝袋などキャンプ道具一式を自転車に何らかの方法で積載しないとならないデメリットもある。

普通のロードバイクやクロスバイクには、そういった荷物を積載する装備がないので、自分で自転車に遇った積載するための装備をカスタマイズしないとならない。

飛行機輪行で自転車をキャンプ地まで運ぶ場合は、ガスバーナーや燃料の類はクロネコヤマトで別送しないとならない手間もある。ちなみに、ゆうパックでは規約で燃料の類は送れないはずなので注意。

全日程ホテル泊や部分的にホテル泊も全然OKだ

自転車旅行に拘りがあるサイクリストほど、キャンプツーリングに拘ってしまいがちな気がする。

それが宿泊費を抑えるためなら経済的な合理性がある。しかし、特に大きな理由もなく不便なキャンプツーリングを選んでいるだけだとしたら、自転車を移動手段だと考えてフレキシブルにホテル泊を取り入れてみてはいかがだろうか。

ホテル泊ならではの自由度や快適性、時間や精神的な余裕が生まれるのだ。

頑なにキャンプツーリングに拘っている自転車旅行者を見かけると、そんなに風に余計なお世話ながらに感じてしまうことがあるのだ。