株・FX / 投資

株・FX / 投資

実現損益とは税金の計算における特殊な金額なので、実際の損益とは全く別物という話

ドヤっ!! と見せつける人も多いけど実際の損益とは別物ですぜ

株のデイトレードをやってる人たちはドヤっ!!と取引アプリなんかの実現損益のキャプチャ画面を見せつける場合があるけど、実現損益は税法上の特殊な計算方法での金額であって、実際の損益とは別物という話。

例えは、上記のキャプチャだと実現損益としてはマイナスになってるけど、実際には+1,000円ほどの取引きである。

実現損益は税法上の計算結果でしかない

実現損益は税法上の特殊な計算結果なので、キャプチャ画面のような実際のリアルマネーとの大きな食い違いが起きることがある。

例えば、デイトレードで同じ銘柄を同日中に違う価格で数回に渡って売買した場合は大きく食い違ってくる。税金の計算としてはデイトレードを想定していないというか、デイトレードを想定しつつも、なるべく大量に税金を払わなくて済むようにサービスされているのだ。

デイトレードじゃなくても価格が四捨五入で切り上げされたりとかもするので、むしろ実際の損益と同じになることはないor少ない気がする。

納得行かない人や細かな解説や計算式が知りたい人は、下記のauカブコム証券のページがわかりやすい。他の証券会社の説明は正直よくわからんけど、ここはわかりやすい。

小学生頭脳の自分には全然わからんちんだけど、国税庁の解説はこちら。

ITや英語教育より投資教育を…

日本の学校教育では少なくとも筆者の子供時代だと、義務教育や高等教育において全く1ミリも投資について学ばない。

国の偉い人が投資をしろと言っても、ズブの素人に命の次に大切なお金を教育もなしにリスクにさらせ! と言っているのが信じられない。とても恐ろしい国だ。

IT教育や英語教育なんかより、投資の基本を学ばせた方が良いと思う。中学生の貯金5万円くらいだって、うまく運用すれば数年で10万円や20万円にすることだってできるのに、下手なバイトなんかよりずっと将来性がある。

どうやったら実際のリアルマネーの損益がわかるか

税金の計算結果でなくて、どうしたら手元(証券口座の)リアルマネーの損益がわかるかというと、証券会社のアプリやサイトでわかりやすく表示されていることはない気がする。

あくまでも証券会社がサービス運営上で必要な税金絡みの表示はあっても、取引手数料なんかも差し引いた個人の資産に関しては、自分でエクセルなりGoogleスプレッドシートなりで管理するしかなさそうだ。

初心者にわかりやすいとされる楽天証券であっても、実現損益はもちろんのこと、取引手数料が取引時点では考慮されていなくて定額コースの「100万円の壁」を超えてします、がっつり手数料分マイナスになってしまったことを何度も経験しているしw

株・FX / 投資

信用取引を初心者に勧めるYouTuberがとっても危険なワケ

デイトレードをやってる専業トレーダーでYouTubeを使って初心者向けに投資手法を解説していることがあるが、この手の動画は初心者にととっても危険な場合があるものも散見される。

図書館やブックオフに売っているような内容しか紹介していないのにチャンネル登録者が1万人以上いたりすると、騙されて再起不能にされる初心者も複数いるのではと不安になってしまう。

そもそも初心者は信用口座が開設できない

この手のデイトレーダーYouTuberの決まり文句は「信用口座を開設しろ」だが、そもそもこの手の動画を見る投資初心者は信用口座を開設することができないのが普通。信用口座を開設するのに一定以上の投資経験や知識が求められるので、証券会社を騙さないと審査に通らないからだ。

同じ資金で1日に何度も取引きしたり、売りポジションを持つことができる信用取引はディレードでは基本。そんなことはYouTuberが開設するまでもなく、どの信用取引の入門書にも必ず最初の章に書いてある初歩的な知識。YouTuberの面白おかしい説明で鵜呑みにされた初心者が出ないか心配になる。

もっとも、株式市場は資金の奪い合いだから、ネギを背負った初心者が大金ばらまいてくれると他の誰かが儲かるのでカモにされていることに気づかないとならない。

本当に大切なことは何一つ説明しない

YouTuberが説明している内容は初心者からするとその人独自の貴重なノウハウな気もするが、実は大体は図書館で無料で借りられる入門書の内容の範囲だ。

自分で勉強した人ならすぐに気づくが、それすらしない初心者はありがたがって「参考になりました!」などとコメントすることになる。そんなコメントが多いことから判断するに、何も勉強しない初心者が群がっているだけとも言える。

そして当たり前だが、そのYouTuberがデイトレーダーとして稼ぐための手法が公開されることはない。それは本人も自覚しているので「細かい手法は公開できない」と発言することになる。

そりゃそうだ。同じ手法を使う人が出てくるとその人の手法が通用しなくなるからだ。

デイトレードは初心者向きじゃない

よく言われることに「長期保有はリスク」とか「回数重ねられるデイトレードは初心者の上達にオススメ」などと初心者をデイトレードに誘う文句である。

やってみればわかるが、デイトレードで初心者が稼ぐとなると市場が開いている時間はもちろん拘束されるし、一般的な会社員以上に情報収集や勉強で終日拘束されることになる。時給にしたらいくらなんだ? という事態にもなり兼ねない。

しかも、会社員的な仕事なら仕事をすれば給料が確実に貰えるが、株式投資の場合は利益が出るどころかマイナスになる場合もある。個人的には長期投資<中期投資<スイング~短期投資<デイレードの順番で労力や難易度は高くなる。 世の中を見ればわかるが、多くの人は会社員などの労働でお金を稼ぐし、株をやるにしても兼業でやる場合が多いのはそういった理由だ。一言で言うと割に合わないことが多いから。特殊な才能や能力のある人はその限りではないだろうが、一般的にはそうだ。

株・FX / 投資

塩漬け名人の格言「終わった相場は忘れろ」は真実なり

生まれながらに塩漬け名人である筆者。

株を塩漬けにするコツは何でもわかるが、その逆をやれば塩漬けにならないはず。今回は塩漬けになる代表的パターンである「終わった相場」について解説。

3度目はあっても4度目はない

株の世界では2度あることは3度目は大体あるが4度目は期待しない方がいい。

人は今起きていることがまた起きるだろうという期待をしてしまうものだが、3度目はあったとしても4度目がある可能性がかなり低く見積もった方がいい。

ある低位株の銘柄のこと。70円台から110円くらいまでの価格変動を3日おきくらいに繰り返していた。ロットで手がければ大金を手に出来る美味しいパターンである。しかし、2度目と3度目はあったものの、4度目の波は来なかった。

海で波を眺めているのが好きだが、自然から学ぶことは多いのかもしれない。繰り返しパターンに見える株の波も、段々と小さくなっていくと心得よう。終わった相場は早々に忘れて他の銘柄を探す旅に出た方が資金を塩漬けにしないで済む。