無料期間ありの定番動画サービス

旅モノ

超快適!! ようやくわかった旅行に電源タップを持っていくべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外旅行だったら電源の変換アダプター的なものを持っていく人が多いと思うけど、国内旅行でも電源タップは自宅から持って行った方が格段に快適になることが最近ようやくわかった。

ホテルによってはコンセントの位置や数が滅茶苦茶

モバイラーみたいな人がいない時代の築年数の古いホテルなんかだと、コンセントの数が2つくらいしかなかったり、客室のテレビや冷蔵庫なんかで占領されている場合も多い。

スマホの充電やノートPCの電源として使えるコンセントがベッドやデスク周辺にまともに用意されていない場合も多いのだ。

そこで役立つのが3つ口のコンセント。こういうようなやつ。スイングプラグとか言って名称が意外とわからなかったりするけど、最悪こういうのだけでもあると電源問題で困らなくて済む。

最近なら電源タップにUSBの充電口が付いているようなのもある。但し、これは機器によっては電圧が足りなかったりして本来の充電性能が発揮できなかったりもするので、持っているものの旅行では持ちださないようにしている。緊急用としてはいいけど、モバイル機器はその機器にあった充電器を使うに越したことはない。

とりあえず充電できれば何でもいいよー、という人には充電器の分の荷物を減らせてオススメ。

とんでもない場所にコンセントがある場合も

最近泊ったホテルで絶句したのが上の写真のコンセント。わかりにくいが、天井側の高い位置に唐突にコンセントがあった。新築物件とも言えるホテルだったが、設計を間違ったのかとんでもない場所だ。

こういった場合には延長コードがないとモバイラー的な人は困ってしまう。このホテルの場合は他の場所にもコンセントがあったけども、こんな変な位置にしかコンセントがない場合でも自前で電源タップを持っていれば慌てないで一休みできるのだ。

ホテルでも借りられる場合もあるけど

ドミトリーとか民宿的なものは知らないけど、全国チェーンのビジネスホテルや、それに準じたレベルのホテルならば、大体は無料貸し出しグッズとして電源タップや延長コードが用意されている場合も多い。

しかし、頻繁に旅行や出張でホテルに泊まるなら、毎回毎回フロントで「電源タップ貸してください」と申し出るのもダルい。

いや、以前はそうしていたが電源タップにも色々あって、せっかく借りても長さが好みの位置に届かないなんて場合もある。なので普段から嵩張らずに長さとコンセント数が確保できる自前のタップを用意して、旅行の時はバッグに忍ばせておくことにしたのだ。