コネタ

旅モノ

【2022年版】秋の乗り放題パスで旅した感想~メリット、デメリットいろいろ~

青春18きっぷと違って自動改札も入れるタイプ

鉄道乗り放題好きには知らない人間はいない(?)秋の乗り放題パス。

毎年、夏の青春18きっぷシーズンが終わったこの時期に発売されるけど、2022年は鉄道開業150周年ということで普段よりアピールしている感じがある。個人的には青春18きっぷや北海道&東日本パスよりお得感が低いのであまり利用したことがなかったけど、久々にこのきっぷで旅してみた。

個人的に思ったメリット、デメリットをまとめたので、この切符を利用しようか迷っている子羊の参考になれば幸いでござる。

2022年版 秋の乗り放題パスの概要

利用可能期間は2022年10月1日~2022年10月23日の連続する3日間である。

お値段は大人7,850円で1日あたり2617円ほど。青春18きっぷはより少し高く、北海道&東日本パスよりけっこう高い。

メリット、おすすめポイント

まずは秋の乗り放題パスの個人的に感じたメリットを挙げてみる。

長距離を乗れば普通運賃よりお得

単純に1日あたり2617円より高い区間を移動すればお得になる。

現地で2泊して1日分捨てる場合は3925円より高い区間なら元が取れる。

夏休み、冬休みの学生とかとバッティングしない

路線によるけど夏休みや冬休みだと学生旅行者でいっぱいになるような路線も比較的空いているはず。

最もこのご時世はコロナもあるし、お金のある高齢者は新幹線とか飛行機で旅行するから、最近は大都市圏を跨ぐような地方路線も比較的空いていることが多い気がするけど。

自動改札が使える

首都圏の駅なんかでも最近は朝方は係員が不在だったりするから、早朝に出かける場合は自動改札が使えて便利。ちなみに、18きっぷとかだと無時間時間帯はインターフォンでセンターの人に「18きっぷ使うわ」とか言って降りる駅でスタンプ押して貰ったりした。

濡れてたり折れたりしている切符を入れると詰まってしまうから、そこは注意が必要。

デメリット、不便な部分いろいろ

青春18きっぷとの差別化のためわざと不便にしている気もするけど、気づかず不便にしているならJRにはぜひとも改善してほしい点。

日程をバラして使えない

連続する3日間っていうのがミソ。

青春18きっぷと違って日程をバラして使ったりできない。旅先の現地で2~3泊するときっぷの有効期間が終わってしまうし、1回分だけ使ってチケットショップやメルカリなどで売ったりはできない。

そもそも、平日に仕事をしているまともな社会人wなら、3連休で旅できるタイミングって有給とか調整しないと厳しい。祝日で世間的に3連休の時はホテルが爆値上がりしたりするし、切符の安さの恩恵を受けられない。国の全国旅行支援とかも適用条件がワクチン接種必須だったり、国のやり方が酷いし・・・この話おいておくにしても、バラして使えたらなぁ。

逆に好きなだけ旅行できる時間がある人にしたら、3日間は短すぎるというデメリットがある。

微妙に旅程が組みにくい

なんだろう、青春18きっぷの5日間や、北海道&東日本パスの7日間での旅程に慣れているからか、3日間というのが中途半端すぎて、中途半端な旅程になりがち。

自宅から違うエリアの街に出かけて1泊して翌日帰ってきたら1日分余るし、余った分で近隣で日帰り旅行しても不完全燃焼な感じがある。かといって、出かけた先のエリアで鉄道で旅しようにも、地方によっては鉄道路線やダイヤや不便だったりするから、元を取れるほど鉄道が利用できなかったりする。

理想的なのは自宅→A都市→B都市→自宅みたいな3角形の路線で旅できればいいけど、せわしない感じあるし、なかなかそんな旅程は組めなかったりする。

新幹線や特急は乗れない

18きっぷとかもそうだけど、一部の特例区間を除けば、この切符と特急券を組み合わせても新幹線や特急には乗れない。

3日間という微妙な日程なのと150周年wなのを考えれば新幹線に乗れてもねぇ、と思わなくもないけどダメ。

混み合うとコロナのリスクがある

時間帯を工夫したり、首都圏とかの都市部を避ければ何でもないことが多いと思うけど、ボックス席で見知らぬ他人と隣り合わせ、向かい合わせで座るのは抵抗がある。近隣の人が無症状だろうとコロナ感染者だったら・・・と思うと怖い。

意外とJRの駅は消毒液があったりなかったりするから、持ち運びできるタイプの消毒液は携帯しよう。

まとめ 18きっぷと北東パスの穴埋め利用に最適

良い部分と悪い部分で半々って感じだけど、18きっぷなどかない時期に安価にそこそこの距離の旅行をしたい場合にオススメ。

色々な都合で18きっぷシーズンに旅行できなかった人のリベンジにも使えると思う。でも感染対策はしっかりしよう。

コネタ

【鏡ウロコ】15年放置した超頑固な風呂場の鏡ウロコを落とした方法

ユニットバスのイメージ

「鏡ウロコって、そもそもなんぞ?」って思った人は危ないかも。

拙者もそんな一人だった。鏡ウロコとは主に風呂場の鏡など、水道水がかかる場所にある鏡の表面に出来るウロコ状の頑固な白っぽい汚れのこと。

鏡が鏡としてのアイデンティティを失っているというか、曇りガラスでもないのに自分の顔が白っぽい靄の中に映るような風呂場の鏡は大体が鏡ウロコが原因だ。

頻繁に鏡の掃除をすれば発生しない気もするが、暇な時や気が向いた時だけ風呂掃除するタイプの人だと、数年も放置すれば確実に立派なウロコが出来上がっているはず。

まずは敵を知ろう~鏡ウロコの正体~

鏡ウロコは汚れっていうよりも、もはや鏡の表面に付着した固形物と言った方がいい。

固形物なので普通のスポンジではどんなに力を込めても通常は落とすことができない。柔らかいもので、それよりも硬いものを打ち砕くことはできないのだ。

何年も放置したような鏡ウロコは普通のバスルーム用洗剤では落とせないことも肝に銘じておきたい。

鏡ウロコを落とす方法

拙者の場合は15年だけど、数年単位で放置した結果、成長しまくった鏡ウロコはちょっとやそっとじゃ落とせないと覚悟した方がいい。半日~1日、下手すれば2~3日かかるかもしれないので、まぁ気長にやるのが精神衛生的に良い。

用意するのは以下の3つ。

鏡ウロコ落とし、ダイヤモンドパフ

キャンドゥで買ったダイオモンドパフ

商品名が最初わからんかったけど「鏡ウロコ落とし」とか「ダイヤモンドパフ」という名前の商品。小さいスポンジの表面にダイヤモンド的な研磨材を付けた専用グッズ。ホームセンターや大手100円ショップ、大きいドラッグストアに売っている。100円ショップだと大き目の店舗で掃除グッズコーナーを探せば置いているはず。

硬さの違いとか、ダイヤモンドじゃない鏡に優しい素材を使った似たような商品が色々あるけど、数年単位で放置した頑固なウロコは、ダイヤモンドのハードタイプじゃないと落とせない可能性が高いので、迷わず最強っぽいヤツを選ぼう。

普通の大きさの鏡なら1つあれば十分だけど、鏡以外にもコーヒーポットとか台所周りとかの掃除にも使おうと思えば使える。100均のダイヤモンドパフでも問題なかったけど、本当かどうか知らんが大手メーカーの方がダイヤモンドの成分が多いという話もチラッと聞いたので、余裕のある人は大手メーカーのも試すとよいかしらん。

サンポール(酸性洗剤)

数年~10年以上放置したウロコはダイヤモンドパフの力だけでは落とせないかもしれない。

最初は酸性が効果的ということで「クエン酸を使うといいよん」という話を聞いて、100均でわざわざクエン酸の粉の買って来て鏡に塗って、ラップで1番放置して・・・という気が遠くなることも試したが、我ながら何の意味もなかった(笑)。世の中に意味のない苦労というものはいっぱいあるが、その代表格かと思えたくらいだった。

次に試したのがトイレ用洗剤のサンポール。酸性の少しキツイ匂いがする昔ながらのトイレの洗剤だけど、より強力な酸ということで鏡にも使えると聞いた。

あくまで自己責任ということで、手袋や換気など必要な安全対策をして鏡に塗って、ダイヤモンドパフをこすったら・・・最初はザラザラしたたがみるみるうちにツルツルのこすり館に変わった!!

お断りと安全について

今回紹介したのは自分用の作業記録。

真似する人は完全自己責任で、各自必要な安全対策をしよう。ダイヤモンドパフ自体、鏡の表面を削るわけだから鏡の種類によっては傷付くかもしれないし、少しずつ試すのがポイントだ。

PC & モバイル

【テレワーク】荘子から学ぶビジネスチャットの注意点とコツ

年齢がある程度高い人には、チャットというとWindows95が出たくらいのインターネット黎明期のチャット機能を思い浮かべる人もいるかもしれない。匿名掲示板的に顔も本名も知らないハンドルネームだけのネット友達とやりとりする遊びだ。

しかし、テレワークで一般的というか強制的に使うことになるチャットと言えば、仕事の指示を受けたり、報告や相談と言った、業務全般を司る重要なもの。

ビジネスチャットは難しい

チャット自体はLINEなんかでも顔の知っている友達とやりとりすることはあっても、仕事のビジネスチャットは難しい。

リアルと違って相手の状況もわからず、身振り手振りや、口調のニュアンスがないので、文字情報だけで誤解がないように全てを伝える必要がある。

しつこいくらいに細かく伝えるのが基本

リアルよりも情報量が少ない文字だけのやり取りにおいては、しつこいくらいに細かく伝えるのが無難だ。

ルーチンワークなどで詳細情報が必要ない場合を除いては、誰が、いつ、何を、どのように、と言ったリアルでは省略しがちな基本情報もしつこいくらいに伝えるのがすれ違いを減らすコツと言える。

そもそも問題、言葉というツールには限界がある

中国の思想家「荘子」を知っているだろうか?

荘子は紀元前の中国の人物だが、現代にも通じる様々な思想を残してくれている。しかし、老子などの他の思想家に比べて、活字として残されているものは少ないという。

なぜなら、荘子は言葉というツールの限界を悟ったため、言葉を紡ぐことをやめてしまったのだという。

言葉には限界がある

人間は見たものや感じたことを言葉に変換して思考したり、他人に伝えたりする。

例えば、散歩していて近所の家の庭に赤いバラが咲いていたとしよう。

これを他人に言葉で伝えようとしたとき、目で見たものそのものを他人に伝えることはできない。「近所の家の庭に赤いバラが咲いていた」というような、主観と文章力の範囲で変換することになる。

つまり、言葉というのは、そもそも不完全なものなのだ。

この大原則を知っていないとビジネスチャットを前にした時、どうあがいても限界があることに気付いて延々と苦悩することになる。

なぜなら、チャットどうこう以前にそもそもの話、言葉自体が不完全なツールだからである。

必要に応じて電話やビデオ通話も取り入れるのが大事

言葉が不完全なものという大前提を知ると、ビジネスチャットの限界はあっという間にくることがわかる。

派遣先として選ぶべきは、可能なら社用携帯の貸し出しがあって必要に応じていつでも電話ができることだ。

中小企業では派遣社員に社用携帯の貸し出しがない場合も多かったりするので、テレワーク中心の場合は顔合わせで確認しておくとよいだろう。

まとめ 言葉は不完全なものとしてやりとりしよう

チャットの文章でやりとりを頑張っても、ニュアンスは互いに伝えづらいなんてものじゃない。

初めは小さなすれ違いだとしても、いずれ雪だるま式に大きなすれ違いになってしまう。

言葉自体が不完全なものであるという大原則を知った上で、必要に応じて電話やビデオ通話を取り入れるのが最低限必要であろう。