初心者

株・FX / 投資

信用取引を初心者に勧めるYouTuberがとっても危険なワケ

デイトレードをやってる専業トレーダーでYouTubeを使って初心者向けに投資手法を解説していることがあるが、この手の動画は初心者にととっても危険な場合があるものも散見される。

図書館やブックオフに売っているような内容しか紹介していないのにチャンネル登録者が1万人以上いたりすると、騙されて再起不能にされる初心者も複数いるのではと不安になってしまう。

そもそも初心者は信用口座が開設できない

この手のデイトレーダーYouTuberの決まり文句は「信用口座を開設しろ」だが、そもそもこの手の動画を見る投資初心者は信用口座を開設することができないのが普通。信用口座を開設するのに一定以上の投資経験や知識が求められるので、証券会社を騙さないと審査に通らないからだ。

同じ資金で1日に何度も取引きしたり、売りポジションを持つことができる信用取引はディレードでは基本。そんなことはYouTuberが開設するまでもなく、どの信用取引の入門書にも必ず最初の章に書いてある初歩的な知識。YouTuberの面白おかしい説明で鵜呑みにされた初心者が出ないか心配になる。

もっとも、株式市場は資金の奪い合いだから、ネギを背負った初心者が大金ばらまいてくれると他の誰かが儲かるのでカモにされていることに気づかないとならない。

本当に大切なことは何一つ説明しない

YouTuberが説明している内容は初心者からするとその人独自の貴重なノウハウな気もするが、実は大体は図書館で無料で借りられる入門書の内容の範囲だ。

自分で勉強した人ならすぐに気づくが、それすらしない初心者はありがたがって「参考になりました!」などとコメントすることになる。そんなコメントが多いことから判断するに、何も勉強しない初心者が群がっているだけとも言える。

そして当たり前だが、そのYouTuberがデイトレーダーとして稼ぐための手法が公開されることはない。それは本人も自覚しているので「細かい手法は公開できない」と発言することになる。

そりゃそうだ。同じ手法を使う人が出てくるとその人の手法が通用しなくなるからだ。

デイトレードは初心者向きじゃない

よく言われることに「長期保有はリスク」とか「回数重ねられるデイトレードは初心者の上達にオススメ」などと初心者をデイトレードに誘う文句である。

やってみればわかるが、デイトレードで初心者が稼ぐとなると市場が開いている時間はもちろん拘束されるし、一般的な会社員以上に情報収集や勉強で終日拘束されることになる。時給にしたらいくらなんだ? という事態にもなり兼ねない。

しかも、会社員的な仕事なら仕事をすれば給料が確実に貰えるが、株式投資の場合は利益が出るどころかマイナスになる場合もある。個人的には長期投資<中期投資<スイング~短期投資<デイレードの順番で労力や難易度は高くなる。 世の中を見ればわかるが、多くの人は会社員などの労働でお金を稼ぐし、株をやるにしても兼業でやる場合が多いのはそういった理由だ。一言で言うと割に合わないことが多いから。特殊な才能や能力のある人はその限りではないだろうが、一般的にはそうだ。

株・FX / 投資

【失敗談あり】投資初心者は投資信託に手を出さない方が良い理由

約投資信託というものを知っているだろうか?

1万円くらいの少額から投資ができて、金融機関などのプロが自分に変わって資産運用して稼いでくれるという、一見すると初心者に打って付けに思えるものだ。

証券口座を開設したら投資信託も自動的に買えるようになっていたりするので、いつの間にか投信も身近な存在である人も多いと思う。

しかし、これは少額の資金を最大限に生かして短期間で投資で稼ごう! という未来ある初心者投資家は決してやってはいけなかったりするのだ。

大原則、投資を他人に任せてはいけない

繰り返しになる。投資信託を売っている金融機関を敵に回すかもしれないが、投資信託は少額の運用資金で短期間で儲けたいという人は絶対にやってはいけないのだ。

日本には個人が一般的に買える投資信託だけでも6000もの種類があるという。投資信託とは言葉の通りで、投資を誰かに任せるということ。

信託という言葉の意味は、Wikipediaによれば「様々な手続きや決定を、個々の契約に依らず包括的に信用する他者に委託すること。不遇の失敗に対しては責任を問わないこととされる」とある。

投資信託も上記の通りで、他人に任せた結果、損失が出ようと責任を問うことができない性質が投資信託にはある。「そんなの自分で株を売買する時と同じでは?」と思うかもしれないが、投資信託の場合は利益が大した出ない割に、損失を出すケースが割と多いのだ。

投資信託は誕生の経緯からして怪しい

ある元銀行マンという人が書いた投資関係の本を読んだ。

それによれば投資信託というのはバブル崩壊の頃に誰も株なんか買わなくなったような時代があり、株の流動性を高めるためにプロが運用するという安心さと少額から運用できるという気軽さを前面に出しつつ、お役人由来のアヤシイ経緯で生まれたのだという。

売る側はリスクなく手数料が取れる優秀な商品

投資信託売る側の目線で考えてみよう。

投資信託は儲けが出ようと損失が出ようと、運用実績に関わらず手数料収入が入る。もうこの一文だけで察しのいい人はわかると思うが、売る側が一方的に有利なのが投資信託なのだ。

投資信託は6000種類ある中からダイヤの原石を見つけ出したとしても、年間で数パーセント程度の利益が出れば良い方だ。手数料の支払いが大きいこともあり、自分で株を売買した時のように数十パーセントや数倍の利益が出ることはまずない。

ローリスク、ローリターンであるのがまず基本。少額の投資資金で運用するという人にとっては、年単位で預けることになり、自分で投資する資金がなくなってしまうというのが大きいだろう。これは少額で儲けようとしている人が投資信託を投資対象に選んではいけない大きな理由の一つだ。

実際に運用した結果

筆者も実際に数万円ほど試しに投資信託で運用してみたことがある。国内の金融機関が運用しているものや、海外のものなど、バランスよく”分散投資”したのだった。

しかし、結果は5種類買って4つは早々に損失を出した。よく知らなかった頃は、プロが運用しているのにこんなにボロボロになるものか・・・と画面を見て呆然としたものだった。残り1つも手数料が高くてプラマイゼロと言ってよい程度しか儲けられなかった。

今考えてみると6000もの中からダイヤの原石を探さないとならないのに、選び方が悪かった気もする。だが、投資信託に含まれている投資対象は目論見書である程度は確認できるものの、投資初心者が見て判断できるようなシロモノではない。日本株が何割で米国株が何割、なんとかの債券が何割で・・・といった情報である。それを見て判断するのは初心者には無理だ。

以上が投資がよくわからない初心者が安易に投資信託に手を出すべきでない理由だ。

株・FX / 投資

【FX】初心者がFXで絶対に両建てしてはいけない理由

初心者がFXで絶対にやってはいけないことに「両建て」という手法がある。

あなたが「両建て」というキーワードを調べてここを見ているとしたら、すでに両建てをやってしまっているのかもしれない。

両建てとは何か?

一つの取引対象(USD/JPYなど)について、買いポジションと売りポジションを同時に持つことである。

FXはシンプルに言うと「上がる」か「下がる」の二つを当てる取引。つまり、買いと売りのポジションを同時に持つということは、どっちに値段が動いても利益が取れるので、二刀流的な強さがあるような気もするが、しょせんは気がするだけである。

両建ては資金が豊富にあるようなベテランが意図的にやるケースなどを除けば、まず初心者にはオススメはできないのだ。

両建てが危険な理由

想定した程度の”値幅”と”期間”で、上手いこと買いポジションと売りポジションに利益が出て、短期間で手仕舞い出来れば、両建ても意味のある有益な取引と言える。

しかし、そう思った通りに上がったり下がったりしてくれるとは限らないのがFX。

両建てをしたあとによくありがちなのが、片方は想定通りに利益が出る。しかし、初心者が両建てをしたくなるようなケースというは、相場が見えていない場合で、変動が大きい時に保険として行う時であろう。

そんな荒れた相場の時、都合よく反対にチャートが動いてくれることはほとんどない。天井知らずで相場が上がり続けたり、底無しで下がり続けてしまい、含み損が膨大になる。保険として両建てにしたつもりが、命を失いかけてしまうリスクがあるのが両建てなのだ。

両建てをしまくれば短期的には確実に儲けられるが

これこそが初心者が両建てをやってしまう罠だ。

なにしろ、相場が上がろうが下がろうが確実に短期的には設けられる甘い誘惑が両建てにはある。しかし、反対側にもポジションを持っている以上、利益が出た段階で逃げ切るというのが出来ない。

それが出来るんだったり両建てほど素晴らしい手法はないが、そんなに甘くないのがFXだ。両建てに偽りの活路を見出してしまった初心者は、大怪我をする前にポジションを手仕舞う方向に動いた方がいいだろう。

大体のFX会社でも両建てを勧めていないことも付け加えておきたい。