沖縄

旅モノ

超絶オフシーズンの渡嘉敷島に日帰りで行ってきたぞ

2020年の年明け早々、微妙に年末年始をかわした平日の昼間に沖縄の離島、渡嘉敷島に行ってきたぞ。

ダイビングとかマリンスポーツをやる人たちからは、東洋でも海がかなり綺麗だと言われていて、世界遺産的な綺麗らしいぞ。マリンスポーツやらないからよく知らないけど!!



那覇の泊港から往復3千円ちょい&1時間で行ける離島

沖縄と言って離島を含めるとかなり広いが、本島近辺の離島地域では伊江島に行ったことがある。

渡嘉敷島は那覇中心部付近にある泊港からフェリーで行ける。高速船だと30分くらい、値段の安い普通のフェリーだと往復3千円ちょいで片道1時間ちょいで行ける。のんびり派には安いし普通のフェリーでいいんじゃないかしら。

伊江島はアトラクション?多いが冬の渡嘉敷島は・・・

はじめに言っておくと、冬の平日の昼間という、マリンスポーツの島(たぶん)である渡嘉敷島にすれば、シーズン外れの時期に行った。

フェリーの乗客も地元風の人やビジネスマンを除けば、観光客なんて10人いるかいないか程度たったから、一般の観光客というよりはマニアック層な観光客たちだ。

伊江島は冬でも観光客が多く、無料で見学できる施設や案内板が多かった。それはそれで色々なカラクリがあるわけだけど、渡嘉敷島はビーチ以外は文字通り、観光的なものは少なく、飲食店やコンビニ、土産物を買える所もあまりなかった。

その日は冬だし曇っていたこともあるが、海も言うほど綺麗ではなかった。同じ冬の曇った日に昔行った宮古島の方が綺麗だったと思う。

那覇から近いのに、観光に力入れていないのは少し寂しいかな。いや、それでも島としてやっていける何かがあるのかも知れないけど。

まぁ、那覇に何日か滞在して、那覇周辺の観光も飽きちゃったし、本島北部とか行くのも面倒だなーという時に、船に乗れるし、うまくやれば日帰りでサクッと帰ってこれるから、いいんじゃないかしら。

でも、美味しい地元料理とか土産物とかうまくやらないとありつけない。帰りのフェリーでポテトチップスをつまみにビール飲むことになる。まぁ、1時間くらいで戻ってこれるから那覇で食べればいいんだけどね。



旅モノ

【凄い? 凄くない?】沖縄最大級のショッピングモール、イオンモール沖縄ライカムに行ってきたぞ

沖縄最大級の諸ピングモールとして鳴り物入りで登場した、イオンモール沖縄ライカムに行ってきたぞ。

場所は中部の真ん中あたりで微妙

ライカムって何? って普通の観光客とかは思うはずだけど、かつての琉球米軍司令部 (Ryukyu Command headquarters) の通称。

このへんも米軍施設で返還されてイオンができたわけ。ライカムというのは地名としてそのままカタカナで使われているけど、内地企業のイオンがそのまま戦争の名残もあるライカムを店の名前にしてしまったのは、沖縄県民にも賛否があるのだろう。

とは言っても、沖縄県民はイオンライカムが気になるようで、否定派の人は大体は一度は行っているらしい。アクセスはそんなに良くないし、北谷からでも歩いていくのは気合がいる。

確かにデカいがテナントは内地企業が多い

沖縄最大のショッピングモールだから、内地からの観光客がここに行った方がいいかというと、行かない方がいいと思う。

なぜならテナントの多くが内地でよく見るような店ばかりだから。レストランとかも地元系の店もあるにはあるけど、服屋とかのテナントは内地系ばっかりな気がする。

そう、ここは沖縄県民受けするようなテナントが多いのだ。屋上のスペースで遊んでいる付近の小学生とかも多い、観光シーズンとかは知らないけど、観光客が行って楽しめるところじゃないね。

ほんと、内地によくあるデカいタイプのイオンと同じようなもの。水槽みたいのがあって後で近くで見ようと思ったけど、どうでもよくなって近くで見るの忘れてしまった。

外にもテナントがあったりして広いけど、広いだけとも言えるので、3泊くらいの時間のない観光客は行かない方がいいと思う。時間の無駄。沖縄はもっと見るところあるから。

ナイトライフ

沖縄のデリヘル事情メモ2020

誰かの役に立つか知らないけど、自分が忘れそうだから、どんなふうだったかメモ。

呼べる場所

ラブホテルに限らず、シティホテル、ビジネスホテルでも大体は呼べる。そのへんは基本緩いのが沖縄。

建物の作りとかによるけど、フロントがいたりいなかったり、入口の脇ですぐエレベーターや階段があるようなセキュリティのない所はまず大丈夫。ホテルの客室に普通のマッサージ屋の広告が複数置いているような所も、自由にやってくれって言ってるようなもの。

普通にネットの予約サイトとかに出てくるホテルなら、ホテル名と号室を伝えれば業者の人に伝わる。

見かけは多い店舗数

店はネットで検索すると沢山あるように見えるが、5店舗くらいが系列店だったりする。よく見ると同じ娘が複数の店舗に名前や年齢、プロフィールを変えて在籍してたりする。これが沖縄流なのかもしれない。華やかに見えるリゾートとかもそうだが、沖縄は表面だけのことが多々ある。

皮肉にも、リゾートが儲かっても、内地に金が行く仕組みなので、普通の沖縄県民は潤わないのだ。

話戻ると、ネットでリアルタイムに出勤を確認しても、出勤時間など全く当てにならず、「今日はもう帰った」などと言われ、大抵は代わりのヤバミな人が送られてくるのが普通。

写真は信用するな

店によるが、パネルマジックが凄い場合があるので注意。ボカシが入っていて、日記に自分で撮った写真がない場合は疑ったほうがいい。面影すらない別人が来ることもある。

島の社会は狭いので、かなーり加工している場合も多い。

ちなみに、下の本で知ったのだが、そもそもダミー写真を提供する業者というか、そういうビジネスがあるのだ。1つの店舗が女の子を使いまわして系列を作るのも、やはりデリヘル業界では経営的に常識なことらしい。

出稼ぎ系は要注意

沖縄は概して沖縄県外から出稼ぎで働いているプロが多い。中卒などで夜の仕事をして、沖縄に流れつくパターンはやばい。沖縄出身の20代中盤〜くらいをあたったほうが外れがない。

値段について

沖縄に限らないが、凄い安い店は何だかんだで手数料がかかったりするから、あまりケチらない方が良い。かと言って、高くてもパネルマジックや態度の良くない店もあるので注意

まとめ 沖縄の風俗はチャンプルー

まとめると、沖縄事情知らないと、結構遊びにくいのが沖縄の風俗。

そもそも沖縄の場合ソープが1万円〜なので、デリバリーヘルプにそれ以上出す意味はない。これが基準だ。もうね、南国ムードに惑わされちゃいけないから。

沖縄のデリヘルで酷い目にあった人の体験談

素人ロリ系の子が目当てで、pu〇syなんとかという店舗に某風俗サイトから予約する。

最近はネットで風俗も予約できるんだね、と感心する間もなく、ホットペッパーみたいにきっちりしているはずもなく、待機中の子が「帰ってしまっている」のは沖縄デリヘルでは当たり前だ。

そりゃ、一人の女性が複数の店舗に出勤してたりするのが沖縄デリヘルでは当たり前なのだから。帰ったこととかにしないと辻褄が合わなくなる。

で、素人ロリがいないので、代わりに似たようなタイプの子を紹介される。写真見てプロフィールも見て、妹系と書いてあるし、その子にする。

が、実物はどうかというと、悪い意味で写真とは別人。ロリ肌に加工されていただけで、実物はガサガサ、ぶつぶつで歯並びがやばい。歯並びを見たら家庭環境がわかるというが、本当にその通り。

ここでキャンセルしたりチェンジすれば済むんだけど、そのまま続行。これも失敗パターンの王道だ。

まあ、沖縄はこういうパターンが多いから、こういう遊びはお勧めしない。