旅モノ

旅モノ

超快適!! ようやくわかった旅行に電源タップを持っていくべき理由

海外旅行だったら電源の変換アダプター的なものを持っていく人が多いと思うけど、国内旅行でも電源タップは自宅から持って行った方が格段に快適になることが最近ようやくわかった。

ホテルによってはコンセントの位置や数が滅茶苦茶

モバイラーみたいな人がいない時代の築年数の古いホテルなんかだと、コンセントの数が2つくらいしかなかったり、客室のテレビや冷蔵庫なんかで占領されている場合も多い。

スマホの充電やノートPCの電源として使えるコンセントがベッドやデスク周辺にまともに用意されていない場合も多いのだ。

そこで役立つのが3つ口のコンセント。こういうようなやつ。スイングプラグとか言って名称が意外とわからなかったりするけど、最悪こういうのだけでもあると電源問題で困らなくて済む。

最近なら電源タップにUSBの充電口が付いているようなのもある。但し、これは機器によっては電圧が足りなかったりして本来の充電性能が発揮できなかったりもするので、持っているものの旅行では持ちださないようにしている。緊急用としてはいいけど、モバイル機器はその機器にあった充電器を使うに越したことはない。

とりあえず充電できれば何でもいいよー、という人には充電器の分の荷物を減らせてオススメ。

とんでもない場所にコンセントがある場合も

最近泊ったホテルで絶句したのが上の写真のコンセント。わかりにくいが、天井側の高い位置に唐突にコンセントがあった。新築物件とも言えるホテルだったが、設計を間違ったのかとんでもない場所だ。

こういった場合には延長コードがないとモバイラー的な人は困ってしまう。このホテルの場合は他の場所にもコンセントがあったけども、こんな変な位置にしかコンセントがない場合でも自前で電源タップを持っていれば慌てないで一休みできるのだ。

ホテルでも借りられる場合もあるけど

ドミトリーとか民宿的なものは知らないけど、全国チェーンのビジネスホテルや、それに準じたレベルのホテルならば、大体は無料貸し出しグッズとして電源タップや延長コードが用意されている場合も多い。

しかし、頻繁に旅行や出張でホテルに泊まるなら、毎回毎回フロントで「電源タップ貸してください」と申し出るのもダルい。

いや、以前はそうしていたが電源タップにも色々あって、せっかく借りても長さが好みの位置に届かないなんて場合もある。なので普段から嵩張らずに長さとコンセント数が確保できる自前のタップを用意して、旅行の時はバッグに忍ばせておくことにしたのだ。

旅モノ

沖縄旅行30回越えの筆者が思う沖縄で琉球ガラスを最も安く買う方法

沖縄の代表的な土産とも言える琉球ガラス

沖縄で土産屋を除くとカラフルな色をした様々なグラスが売られている。あれが俗にいう琉球ガラスである。

ルーツは戦後の廃ガラスを再利用したもの・・・などと言われているが興味のある人は別途勉強して頂くとして、沖縄で1円でも安く琉球ガラスを買いたい人向けの情報をお届けする。

序章 なぜ琉球ガラスを買いたくなったか?

沖縄の人は琉球ガラスで泡盛を飲むとか飲まないとか

30回目くらいの沖縄旅行の時、連泊て泊っていた中部地方にある某安ホテルで、部屋にあるコップが紙コップだったのである。そのホテルは新築の新しいものだったが、コストパフォーマンスを優先するためか、あるいは破損や盗難を防ぐためか、ガラスのコップがなかったのである。

これではせっかくのビールや缶酎ハイ、泡盛も雰囲気が出ない。紙コップと言っても色々あるが、よく検尿で使うような小さいやつだし、美味しくお酒が飲めるようなものではなかったのである。

それで急遽、イオンライカムの土産コーナーで琉球ガラスのコップを探す旅に出た。

なんでだが、それまでの29回くらいまでの沖縄旅行では一度も琉球ガラスに興味を持ったことなどなかった。ガラスだし持ち帰るのが大変そうだからというのもあるけど、普通は初めての沖縄旅行とかで興味を持つ人の方が多いのかもしれない。

イオンライカムは謎の梱包料金がかかる

沖縄最大のショッピングモールだけど要はイオンモール

イオンライカムは沖縄最大級のショッピングモールで、沖縄本島内にある他のショッピングモールがほとんどショボく思えてしまうのだが、そこの2階(確か)のスーパーの上らへんに琉球ガラス売り場がある。

1階にもイオンが運営する美ら音とかいう、お菓子を中心として土産コーナーがあり、その奥の方にも琉球ガラスが売られている。2階の方が琉球ガラスは充実している。

イオンで売られているのは特にイオンのオリジナル商品とかではなくて、沖縄の土産コーナーなどでよく売られているメーカーのハンドメイド製品である。

相場は安いものだと1千円くらいからあるが、謎の梱包料330円くらいが有無を言わさずかかるような張り紙があった。

なんだかんだで国際通りが安くて商品豊富

アーケード街にも琉球ガラスの店がいっぱいある

国際通りというと居酒屋も多くて酔っ払いやガラの悪い人たちが闊歩しているイメージがある(実際そうだが)ものの、こうした土産物の類を買う場合は品揃えも価格も他の場所よりも有利だ。

隣近所にライバル店があるため、競争の原理が働くのだろう。イオンライカムにも売られているような商品でも、アーケード街を含む国際通り近辺の店だと梱包の箱も無料で付けてくれる。

ハイビスカスという店で買ったが、梱包も無料でやってくれる

後述の那覇空港の売店で買うよりも定価の10%オフなどで売られていることもあり、お得感があるので一番オススメ。

那覇空港の土産物屋

帰り際に買いたい人には良いかも

早朝や遅い時間だと買えない場合もあるが、旅行中は忙しくて買い物できなかったという場合にはオススメ。

品揃えもそもそもあるし、いくつかの店で売られているので意外と好みの物が見つかるかもしれない。空港だから空港価格でボッタクリかというと、意外とそうでもなくて街中と同じくらい。

もっとも、那覇空港の手荷物検査後の飲食物は空港ボッタクリ価格だけど。

一番安いのは中古店を探すこと

琉球ガラスなら、さんぴん茶も冴える

琉球ガラスは沖縄県内の地元の人も普通に買うらしくて、ブックオフやセカンドストリートと言った大手チェーンのリサイクルショップにもわんさか売られている。

相場は500円くらいで、小さいものだと300円くらい。土産物屋と同じものが売られていることもあるので、先に見ておいた方がいいかもしれない。

梱包などは期待できないので自分で安全に持って帰れる人向け。ブックオフやセカンドストリートは、那覇空港に近い「ゆいレール」の小禄駅や赤嶺駅の近くなどにある。無理して新品を買いたくない人やエコ志向の人にもオススメ。

旅モノ

JRのフリー切符とか紙の切符を折り曲げると自動改札に通らなくなって不便になるので注意

画像はイメージ

最近はSuicaとかスマホで自動改札を通ることが多いので、紙の切符自体をあまり使わなくなったものの、旅先でフリー切符の類を使う場合は昔ながらの紙の切符であることが多い。

この紙の切符、今さらだけど扱いは丁寧でないとならない。具体的には、数ミリとかちょっと折り曲げたりしたら自動改札に通らなくなる! というか、通らなくなった!

折れ曲がると透明なバーコードが破損してしまう

フリー切符の場合は数日間ずっと同じ切符を使うことが多いけど、持ち運んでいる時に財布の中でこすれて端が折れ曲がったり、曲がったりクセが付いた切符を自動改札に入れると詰まって折れ曲がってしまう場合がある。

北海道&東日本パスとかで7日間使える切符で初日で折れ曲がってしまっと時は、道中始まったばかりだというのに残念な気持ちになった。最も、旅先が北海道の道東方面メインだったので自動改札自体がほとんどない地域だったけど‥‥。

この手の紙の切符は目に見えないバーコード上の磁性体で、切符の有効期限が種類などの情報が記録されている。

自動改札機は磁性体の目に見えないバーコード的なものを読み取っているのだが、QRコードとかICチップなんかに比べてレガシーなシステムということもあり、少しでも折れ曲がったりして損傷するとバーコードが読み取れなくなってしまうのだ。

こうした状況は磁性体の異常と表現される場合もある。

目視で内容が確認できれば切符自体は有効

折れ曲がってしまったものはしゃーない。レガシーなシステムなうえに、簡単に折れ曲がる切符側も悪いので、とりあえず開き直って旅を楽しもう。

たとえ自動改札に通らなくなったとしても、切符自体は目視で内容が確認できれば有効である。磁気で記録されている情報というのは、あくまでも補助的なものであって、切符時代の効力そのものではないからだ。

まぁ、切符というのは金券みたいなものだから大切に扱うに越したことない。折れ曲がったからといって、交換したり再発行してくれることはないと思う。

紛失したらもっと絶望的なことになるので、旅行中で弾けたくなっても切符は大切に扱ってね、という話。