旅モノ

旅モノ

【2019年版】塘路元村キャンプ場の感想・・・貴重な釧路湿原内だけど蚊が多すぎる!!

2019年現在、釧路湿原内には2つのキャンプ場がある。以前はJR茅沼駅の近くにシラルトロ湖キャンプ場があったが、隣接している温泉宿泊施設「憩いの家 かや沼」が破産により営業停止したことにより、シラルトロ湖キャンプ上も休止。

復活を望みたいところだが、1つ釧路側にあるJR塘路駅から徒歩20~25分程度のところにある塘路元村キャンプ場に訪れてみた。ちなみに、もう1つの釧路湿原内のキャンプ場はオートキャンプ場であり、徒歩や自転車ツーリングの人が利用しやすいのは塘路元村キャンプ場が唯一となる。

釧路駅方面からのアクセスは比較的よい

徒歩キャンパーの場合の利点だが、JR釧路駅からのアクセスは比較的よい。茅沼の1つ手前の駅だが、夏休みシーズンなどはノロッコ号という、青春18きっぷや北海道&東日本パス、あるいは普通乗車券だけでも乗れる観光列車が日中ある。運行区間が釧路→塘路の往復なため、日中は運行本数が少ない釧網本線にありながら、比較的、列車本数が多いのだ。

塘路駅は無人駅なものの、ノロッコ号が行き来する時は団体観光客でごった返す。塘路自体がカヌーを主とした観光地なのである。ただ、あまり観光地だと思っていると、拍子抜けするくらい寂しい場合もあるので注意。

塘路駅前の最も栄えているあたり。3年くらい前に来た時はもう少し店が営業していたが、2019年9月中旬に訪れた時は、営業している店があまりなかった。そもそも、観光客向け(たぶん)に営業している喫茶店や軽食が食べられる店は少しあるものの、スーパーやコンビニなど、食料品や生活用品を買える店はおそらくない。

買出しは釧路市内か標茶町内になるので、自転車でも列車でも遠いのが難点。茅沼と違って、温泉施設はないし、シャワーもないので注意。

塘路駅から元村キャンプ場への道のり

特に駅前で見ておくものなどはないと思うので、国道391号線に出て、とぼとぼ北に歩く。

大体20分か、とぼとぼだと30分くらいかかるかもしれない。徒歩キャンパーをやっている人ならそんなに遠くないはず。

キャンプ場の案内版。ここまで来たら右折する。博物館などの観光施設があるが、日によっては休館しているので注意。釧路湿原内にあってアクセスはよくないので、基本的にはそれほど人気はないはず。

キャンプサイトの様子

キャンプ場の受付は道なりにいけばわかるのだが、カヌーの受付しているような建物になる。但し、スタッフが1~2名くらいで運営しているので、午前中の早めの時間だったりすると不在の場合もある。

とりあえず蚊の話は抜きにして言うと、キャンプサイトの下の画像のような感じ。

写真に写っている範囲で大体1/3くらいなので、それほど広くはない。塘路湖に隣接しているものの、木が生えていて湖が見えないというオチもある。

炊事場やテーブル、水洗トイレなどの設備もしっかりしていて300円台で利用できるキャンプ場として申し分ない。

設備、ロケーションなど全てを台無しにする蚊の大群!!

このキャンプ場の評判を調べるとよく出てくるのが「蚊が多い」という利用者の声。

古い情報のことも多いし、もう秋に差し掛かった9月中旬だし、蚊は大丈夫かな~なんて余裕ぶっこいていたら、2019年9月においても蚊はものすごく多かった。

普通に近隣を歩いているだけでも、常に5~8匹くらいは体の周囲に蚊が纏わりついてくる。もちろん、虫除けスプレーはMAXに使っているが、自然の驚異には逆らえない。

湖の近くにあるキャンプ場でも蚊がいない所もあるので一概に言えないが、塘路のすぐ近くというのが影響しているのだろう。塘路湖は見た感じ綺麗な湖なのだが、蚊にとっては絶好の繁殖環境なのかもしれない。

ちなみに、こういった蚊の大群がいるキャンプ場でも強引にキャンプがしたい場合は、虫除けスプレーではなくて殺虫スプレーが有効。テントの中に入ってしまえば蚊はシャットアウトできるが、テント設営時や外での食事等の場合に殺虫スプレーがあれば、自分の周囲にスプレーすることで数十秒程度は安息の時間が訪れる。

蚊はジーンズやシャツの上から貫通して刺してくるので、殺虫スプレーは用意しておいた方が良いだろう。というか筆者の場合は、虫除けスプレーあるし大丈夫じゃね、と思ったが全然歯が立たず、急遽、釧路市内のドラッグストアーで殺虫スプレーを買ってきたのである。

総評としては、蚊がいなければそこそこ良いキャンプ場だが、リピーター利用は厳しいキャンプ場といった所だ。

旅モノ

スマホ充電もできる!! 今どきのLEDランタンは安くて明るくて便利!!

最近のキャンプギアで庶民的な上に便利だなぁ~、と思ったものと言えばLEDランタン。

キャンプギアに極力投資をせずに、それこそキャンプで使うライトは自転車用のLEDライトで通してきた自分。そんな自分でも便利だと思って愛用しているLEDランタンを紹介したいと思う。

アマゾンとかで2~3千円くらいで買える

このLEDランタンという代物がどういうものかというと、今どきのスマホとかのモバイルバッテリー機能があったり、そもそもモバイルバッテリーの部品を使いつつ、キャンプ用のLEDランタンを作りました、みたいな流れで登場してきたものだと勝手に想像している。

アマゾンとかで海外メーカーが作ったものを買って使っている人が多いと思うが、自分が使っている2千円くらいのものの場合、一度充電しておけば1週間くらいのキャンプでは再充電することなく使えたりする。

明るさの調整や色味の調整もできて、テント内はもちろんのこと、そのへんの枝とかに引っ掛ければテント外で食事をしたりする時にも使えたりする。真っ暗なキャンプ場だと、暗くなったら何もできなくなってしまうから、この手の明かりがあると大変助かる。

モバイルバッテリーとしても使える

最近のスマホは高機能な一方で、普通に使っていたら1~2日程度でバッテリー切れになってしまう。節電モードとかでうまいことやりくりしても、3日くらいしか持たなかったりする。

現代生活をそこそこ残しつつもキャンプをするなら、スマホの充電もできた方がよいのだが、大体のLEDランタンはスマホの充電もできたりする。ただ、そのぶんLEDランタン自体の電力残量が減るから使い方次第だけど、いざという時の見方が一つ増えるのはありがたい。

あと、自分が買ったやつは妙に外箱がオシャレだったw

※商品リンクはLEDランタンの例(記事で紹介しているものとは異なります)

旅モノ

2019年10月、バニラエアがピーチと統合して消滅するも何だかなぁ・・・

2019年10月26日にピーチと統合して消滅する日本のLCCにして全日空系列のバニラエア。成田-札幌線でジェットスターと値段比べして安かった時によく乗ったのだが、先日、乗り収めをしてきたが、何だか先行きが不安になってきた。

ピーチも全日空系だが

LCC周りの業界図は素人にはわかりにく過ぎるが、統合するピーチもWikipediaレベルの情報では全日空系列であるらしい。つまり、成田を拠点にする全日空系列のLCCであるバニラエアと、関西を拠点にする全日空系列のLCCであるピーチが合併するという話なのだろう。

個人的にはジェットスターorバニラエアなので、ピーチは乗ったことがないし全日空系とは言ってもバニラエアとは文化が違う。

例えばバニラエアはウェブチェックインと言って自宅などで48時間前からネットでチェックインすることができた。ジェットスターも同様。予めチェックインしておけば空港ではチェックインすることなく、紙に搭乗券を印刷して保安検査場にすぐ行けた。ジェットスターに至っては、スマホアプリが搭乗券代わりになるので印刷する必要すらなくて便利だった。

しかし、関西拠点のピーチは徹底したコストダウンなのかそういった仕組みはなく、国内線は90分前に今どき空港でチェックインしないとならないらしい。今どきね。

バニラエアに残って欲しかった

経営上の理由なんだろうけど、バニラエアはサービスや雰囲気(大事)において、成田-札幌で競合だったジェットスターに負けている部分はないし、サービス的にはジェットスターより上だと思って利用していた。

ジェットスターはLCC業界大手の外資で組織力はあるものの、欠航時の対応なんて酷いものだったから。バニラエア消滅は個人的には暗いニュースでしかない。

心残りだけど、奄美大島は結局行かなかったなぁ。