旅モノ

旅モノ

標茶・憩いの家かや沼が休業へ・・・

釧路湿原にある温泉、宿泊施設として貴重な存在だった「憩いの家かや沼」が2019年3月22日を持って休業となった。公式サイトなどで確認できる。

2015年以降は赤字で資金不足の噂があったが、道東地方で非常に貴重な施設で、日帰り温泉やキャンプ場があることからツーリング、徒歩旅において、この地域になくてはならない施設だっただけに非常に残念。

自転車旅ではもちろん、徒歩旅でも何度も訪れた。キャンプ目的だったり、食事目的だったり、冬のタンチョウ観察だったり・・・数え切れないほどの思い出が瞼の裏に滲む。

旅モノ

120円で網走を学べる! 網走市立郷土博物館


北海道で最も歴史の古い博物館のひとつ、網走市立郷土博物館に行ってきた。

2018年の年末、網走市立郷土博物館の年内最後の開館日にあたる日に訪れた。場所は網走駅の裏辺りの小高い丘。冬季は少し大変だが、歩いていくことができる。

建物自体が歴史的な価値があり、古い洋館のような佇まい。

大人120円で学べる

入館料は大人120円と安い。静かで小さな博物館なので、たぶん、観光客が大勢わっと訪れるようなことは少ないのではないかと思うが、冬以外の季節はよくわからない。ちなみに、冬は休憩室以外は暖房が効いていないので外と同じ程度に寒い。

インパクトがあるのはヒグマなど野生動物の剥製だろうか。土器などの古い時代に使われていた道具類の展示もある。

こちらは比較的新しい、昭和時代を彷彿とさせる道具類。

アクセス

網走の市街地からも近い。休憩にも使えるので近くを立ち寄る人にはおすすめしたい。

網走市桂町1丁目1番3号

http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/270kyoiku/050kyoudo/010profile.html

旅モノ

ジェットスター欠航時の新千歳空港カウンター対応は笑えるほど杜撰だった件

あけましておめでとうございます! と夜中のコンビニ店員に挨拶されましたので、あけましておめでとうございます!

本当は年明けの夜中にコンビニに行くつもりはなく、カウントダウンもクソ興味ないし、そもそも正月も大晦日も人間が社会生活の管理のために勝手に作ったものなので、おそらく自然界や宇宙には正月や大晦日という概念はないと思う。

そんな屁理屈はおいとくとして、大晦日に乗るはずだった新千歳→成田のジェットスター便が機材整備の都合でものの見事に欠航しやがったので、JALに振り替えられるまでを備忘録として記述したい。

結論を言うと、ジェットスターは所詮、海外の格安航空で地上係員の数も少ないし、トラブルが起きるとどうしようもないグダグダ対応のダメ航空会社というのがわかった。同じLCCでも日本のANA系列であるバニラエアの方が係員の対応や案内もスムーズで、ジェットスターはどうしようもない時以外は今後は絶対乗りたくない。

ジェットスターはじめLCCは予備機材がない

前提知識として、低価格が売り(と言っても連休などは大手と大差ない)のジェットスターなどのLCCは、ぎりぎりの飛行機の数で運行しているので、遅れや機材不調があると欠航になってしまう。遅い時間の便などは機材繰りの都合で欠航となりやすい。

今回の欠航原因も機材不調のため。大手だったら代わりの機材が用意できたり、そもそも便数が多いので次の便に乗れたりもするがジェットスターだとそうはいかない。ちなみにJALだと新千歳-羽田便は15分おきくらいにある。

ジェットスターでの欠航対応

予約している人が当日の欠航をどうやって知るかというと、空港の案内かスマホなどで自分で情報収集するのが基本。予約時に登録したメールアドレスに欠航の連絡が来るのは本来の搭乗時間の1時間前だったので、カウンターは海外だったら殴り合いが起きるんじゃないかというくらい人が殺到しているので手遅れ。

払い戻しか振り替えか選べる

機材不調などジェットスター都合での欠航は、手数料なしで払い戻し(カスタマーセンターかマイページ経由が便利)か、当日のジェットスター便、それがなければジェットスターが指定した日本での出資元であるJAL便への振り替えかが選べる。

新千歳空港のカウンター対応は杜撰過ぎる

新千歳-成田便は便数が多くて、割と立派なカウンターがあるのだが、それでも欠航対応をするカウンターはなんと2つだけ。長蛇の列が出来る上に、列の整理など案内が全くできていない。

外国人の家族が状況がわからず、係員の女性に問い詰める場面があったが、「対応が気に入らなければ、自分で払い戻し手続きして、他の航空会社のチケットを新規で買え」ということを平気で言っていた。安いからジェットスターを予約しているのに、当日に航空券買ったら馬鹿高いだろうが。海外への乗り継ぎがある人は、被害が半端じゃないとし思うし。

それどころか、預け入れ荷物を検査する係員のオッサンに当事者意識がない。ジェットスターに委託されている別会社の契約社員とかの人かも知れないが、並ぶ列を間違えた欠航被害の客を冷たくあしらったり、他の客に「さっきは遅延という話だったけど欠航になっちゃってねえw」みたいな話を他の客としている。列の案内するなり、ちゃんと仕事しろと思う。雇用関係などは知らないが、あんたが働いている職場だろう。

ハイヒール姿で走り回る地上係員

この日は新千歳-成田のはずが、新千歳-羽田のJAL便に振り返られることになった。当初は20時か21時の便乗れるはずだが、カウンター対応人数が少なくて時間がかかり、手続きが間に合わず、乗れたのは21時15分の便。

飛ばされた先で終電がなくなって帰宅難民になったりもするのだが、地上係員の女性はハイヒールで走り回るw

2時間くらい並んだが、泣き叫ぶ子供や、状況を伝えないジェットスター係員のせいで、罵声や列割り込みなどでの客同士のトラブルも発生。ジェットスター2度と乗らん、と誓った人も多かっただろう。私もその一人だ。本当はバニラエアにしたかったが、500円くらい安くてジェットスターにしたばかりに酷い目にあった。

補償の範囲

基本的には振り替え便手配が基本。もしくは返金対応。

対応する係員によっても違うようだが、翌日にジェットスターの自社便がある場合は1万円まではホテル代や空港までの交通費を実費保証してくれる場合もあるらしい。でも、基本的には振り替えもしくは返金の順番。

振り替えのJALは快適

個人的には飛行機はLCCばっかりなのでまちりの国内線に乗ったのは10年ぶりくらいな気がする。

飲み物が運ばれてくる国内線は本当に久しぶりだ。ハイヒールで走り回るジェットスター地上係員員と違って、笑顔のJAL客室乗務員が天使に思えた。

また、JALは飛行機の中でWifiが使える。最近はスマホだけでなく、クラウド化でノートPCやタブレットPCもネットに繋がっていないと何もできない場合も多いので、有意義に過ごせることだろう。電波状況はそれほどよいとは言えなかったが、LCCにはないサービスと言えるだろう。

とりあえず、今後はジェットスターは使わず、バニラエアに載ることにした。さようなら、ジェットスター、今までありがとう。所詮は外国の会社でトラブル対応なんてロクに出来やしない航空会社というのがよくわかった。

以上、ジェットスターの杜撰な対応で終電なくなり、トホホな新年を迎える羽目になっちゃった話。