旅モノ

旅モノ

【激ウマ】一人用バーベキューコンロで一人焼肉を異次元のウマさへ

ソロキャンプブームもあってか、一人用のバーベキューコンロがよく売られている。

急に直火で本格的な焼き肉や焼き鳥を食べたくなり、衝動買い的にカワイイサイズのバーベキューコンロを買ってみた。

まず注意! 室内でやるリスクを理解すること

最近はソロキャンプブームもあってか、一人用のバーベキューコンロや、室内での使用が想定されているような七輪も売られている。

しかし、炭火を使うということはガスや電気コンロなどと違って、火災や一酸化炭素中毒の危険がある。

窓を開けたり換気扇を回して換気をよくすることで一酸化炭素中毒は防げたとしても、匂いや煙が近所に漏れるので、集合住宅や都市部では火災だと思われて消防や警察に通報される場合もある。

田舎で近所付き合いが濃厚で理解ある人たちに囲まれているなら良いが、都市部や集合住宅では自己責任だろうと、基本的には室内バーベキューは薦めないことを冒頭でお断りしておく。

炭火×焼き肉の雰囲気がたまらない!

ガスコンロやフライパンで作る焼き肉とは泥沼の差がある。油が炭に滴るたびに「じゅわっー」と直火ならではの煙が昇るのがたまらない。

一人用バーベキューコンロの場合、そんなに炭を入れるスペースはないので、写真のような着火剤が仕込まれているような炭を使えば事足りる。1時間くらい調理できるようになやつで実売300円前後で手に入る。炭火を熾すのは手間がかかる・・・と思いそうだが、ライターで一瞬で着火できる。

燻製作り、いわゆるスモークも楽しい

燻製というと本格的な器具がいるのでは? と燻製未経験者は思いがちだが、実は“なんちゃって燻製”なら、数百円で買えるスモークチップを適当に焙って煙を食材に燻すだけでそれっぽくなる。

ソーセージやチーズなんかは、安いものでも市販の高級品以上の本格的なおつまみになって旨すぎる。チップの種類によって香りが違うので、色々試すと楽しすぎる。

安い燻製キットなんかもあるので、こちらも合わせてオススメしたい。商品的にはスモーカーなどと言う。

基本的には屋外やキャンプで使うアイテム

調子に乗ってホタテも焼いた! 炭火だと何でも本格的になる!

火元や一酸化炭素中毒を防ぐために換気に気を付ければ、まぁ家庭の台所などでもできないことはないが、居室では煙や炭から火種が飛び散る場合があるので自己責任だろうと、これは薦めないというか危険過ぎるから安全なところでやろう。

どうしても、それなりに煙が出たり色々するから集合住宅の場合は心配されたりしないような環境じゃないと気を付けた方がいいと思う。基本はキャンプアイテムなので、いずれにしても自己責任で。

燻製も室内でやる時は盛大に煙や匂いが出るので環境によっては注意。

コネタ

【陰謀論】新型コロナは国際社会や政府の演出? コロナは実在しない仮説

リーマンショックに擬えて『コロナショック』などと言われたりするが、リーマンショックは黒幕がいて人為的に引き押された金融事件だ。リーマンショックや投資の世界をよく知らない人は、ド暇な時にでもCDSやCDO、合成CDOと言ったキーワードで調べてみると良いだろう。

それで思うのが、新型コロナも人為的に演出されたシロモノである気がしている。これは仮説だからエビデンスもないし、100%そうだとは立証できない。ただ、コロナに限ってはエビデンスがなくてもGoToトラベルが雰囲気で中断されたりするから、エビデンスがなくとも重要な意見の一つと考えてもらえる場合もあると期待している。

それでは、新型コロナが実在していなくて、国際社会や政府の演出に過ぎないと個人的に思う理由を挙げていこう。

旅行しまくっても全く感染しない

テレビやネットのニュースでは「東京都○○○人感染、最多」などと言ってるが、どこかパラレルワールドの世界の話のように思えてならない。コロナが全く存在しないように思える。

コロナ脳に侵された人には怒られてしまいそうだが、緊急事態宣言が出された頃から、飛行機で14回、新幹線で8回も個人的な旅行に出かけている。北海道から沖縄の離島まで、全国各地を旅行しているわけだが、自分自身も、滞在した場所などでもコロナに感染したという事実が全くないのだ。

コロナ脳の人だと、この時期に旅行に出かけるのはバカげているとか、無症状なだけでは?などと言われてしまいそうだが、そもそも、無症状だと健康ということではないのか。

ネットのジョークで、コロナに感染した人の多くが無症状というが、その無症状の人から感染しても、やはり感染した人も無症状というなら、それはもはや健康体でしかない。

昔、仕事関係で精神的に参ってしまって心療内科に行ったことがある。病院では健康保険を適用させるためなのか、診察したり薬を出したりする時に、何かしらの病名や診察項目のようなものを設定するようだ。心療内科では「仕事のことを考えると気分が重い」などと、ごく当たり前のことを口にすると「○○という病気なので、お薬を出しましょう!」という診療ストーリーが出来上がるのだ。

同様のことは歯科医院でも行われている。よく取れてしまう奥歯の被せ物(歯科医が未熟だったので作りが悪いらしい)があるのだが、これが取れて付け直してもらうと、保険診療代を多めに取りたいのか、その歯科医がセコいのか知らないが、大抵は「被せ物だけ治して欲しい」と言っても、「歯石を取りましょう」とか「全体的にチェックします」と、やはり診療ストーリーが作られる。

コロナも似たようなものではないのか?

無症状の件を含めて、検査すれば診療ストーリーが作られて健康保険でも診療代をたっぷり請求できる。あくまでエビデンスもない仮説ではあるが、医療機関というものに懐疑的な私はそう考えてしまう時がある。

ちなみに、外出時にコロナ脳の人に怒られそうなので、マスクや消毒をしているためか、普段は季節の変わり目などに必ず風邪をひく体質なのに、今年に限ってはコロナ脳のおかげか風邪すらひかないw

コロナで儲かる人や業界もある

コロナで失業したり倒産する企業、業界がある一方で、コロナになってから儲かりまくっている業界、業種というのもある。

コロナが危険だから外出するなとなれば、テレワーク関連の機材やソフトウェアを手掛けている企業が儲かる。事実、コロナ関連株と言って、それらの企業の株は高騰している。

ワコムというペンタブレットを手掛けているメーカーがあるが、テレワークで手書き入力の需要があるのか、ワコムの株はコロナになってから過去にないほど高騰した。持ち帰り寿司の小僧寿しも過去にないほど高騰したし、ゲーミングチェアーをはじめ、家具関連も伸びている。

リーマンショックですら人為的に引き起こされているものなのだから、国際的な陰謀で、これらの業界の権力者、大株主などが人為的にコロナを引き起こしている可能性もあるだろう。

中国や米国の陰謀

国際社会については専門外なので、雰囲気でしか語れないが、今の世界経済の中心にあるのが中国と米国だ。

人口や経済規模において中国の国際社会での影響力が増している。米国は中国の成長に危機感を感じているのは、この10年くらいのハリウッド映画で、中国企業がライバルとして登場したり、中国人が悪役だったりする作品が多いことからそう言える。

SF映画のインターステラーも、最終的にはストーリーが変更されたが、最初の案では中国人が先に開拓した惑星に主人公らが乗り込んで中国人から奪い取るというような結末だったらしい。

フェーウェイ排除よろしく、それくらい米国は中国を目の敵にしているのだ。

周りにコロナに感染した人がいない

これだけ毎日何百人、何千人も感染しているのに、知り合いや身内が全く感染しないというのもおかしな話だ。

身内が住んでいる田舎町の大病院でクラスターが発生したことがあるが、それでも身内や知り合いは誰一人感染しなかった。もはやニュースは本当のこと言ってるのか、疑わしくなってしまう。

・・・と、ここまでの話は何のエビデンスも、エビの茶碗蒸しもエビチャーハンもないのだが、個人的にはコロナは陰謀論だと思ってしまう。

旅モノ

意外にアレが重要!! 北海道の氷点下の寒さに耐えられる着こなしのコツ

画像はイメージ。見てくれより暖かいかどうかで服装を決めろ

地元ながら関東以南の生温い冬に慣れてしまうと、北海道にたまに帰省すると段違いの寒さに選んだ服のチョイスを後悔してしまうことがある。

今回は旅行などで真冬の北海道を訪れる人などに向けて、真冬の北海道にも耐えられる服装のチョイス、着こなしの講釈を垂れたい。

とにかく着る順番が大事

寒くない格好とは、単に冬用のいかにも暖かそうなコートを着るというのも、まぁ一つではあるが、それよりも重要なのは着る順番である。

世の中には暖かそうに見えても、氷点下の真冬の北海道では何の役にも立たない冬用衣類というのも実は多い。

肌に近い部分から段階を追って暖かくしていく

服装に限らず何でもそうだが、物事は順番が大切だ。

まずは肌に近い部分から保温性の高いものを着よう。各社からヒートテック的な長袖の肌着が売られている。これがあるとないとでは、最終的な暖かさに差が生まれる。ぶっちゃけ、これが一番大事だ。

旅行の荷物としてもそれほど嵩張らないし、暑くなければ家から着て行ってもいい。あとは適当なシャツやフリース、セーターなどを、アウターとの兼ね合いで苦しくない範囲で着込めばOK。

マフラー、手袋なんは当然必要。関東仕様の薄手の手袋はダメ。最近だとスマホ対応の手袋があると、スマホ操作でも手袋を外す必要がない。

アウターは暴風、防雪メインで選ぶ

アウターの選び方だが、デザインの好みもあるだろうが、基本的には真冬の北海道の寒さにおいては、見てくれよりも防寒性で選ぶべきだろう。

フード付きで暴風性能が高いものが良いだろう。オシャレ系やビジネス系のコートだと、真冬の北海道に耐えられる作りでないものが多い。オシャレ重視のボタンよりもチャックで完全に暴風できるものが望ましい。

まぁ、間違った服装で真冬の北海道に来てしまったら、とりあえずインナーを一着買うだけでも帰るまでの期間くらいなら耐えられることが多い気がする。