旅モノ

旅モノ

新潟市水族館「マリンピア日本海」の年間パスポートを作ったぞ

水族館の年間パスポートを持つのは人生で初めて

水族館にもよると思うが、1年中、好きな時に好きなだけ出入りできる年間パスポートというものが売られている場合がある。

そして俺は、新潟に初めて訪れた時に「自称・第3故郷」にしてからというもの苦節19年、ついに自宅から200Km以上も離れているのも全く気にせず、新潟市のマリンピア日本海の年間パスポートを申し込んだのであった。

3回マリンピア日本海に行けば元が取れる

イルカショーはやる側からしたら毎日やってる定型業務な気がする

ここ数年間の実績で言うと、1年間に2回~3回はマリンピア日本海に行くことが多い。

とは言っても、本当は4~5回行きたいけど、我慢した結果が2~3回なのである。年間パスポートがあれば、4~5回は必ず行く見立てがあった。

1回入館するには1500円かかるから、3500円年間パスポートで元を取るには3回行けばよい。

新潟のどこかで時々配布されている割引クーポンをゲットできれば、1200円で入れることもあるものの、割引クーポンは新潟中をくまなく探さないと見つからないので、大抵は1500円払うことになる。

それだったらサクッと年間パスポートを申し込んでしまえ、と申し込んだわけである。

マリンピア日本海に訪れるオススメの時間帯

平日に開館直後である9時に行くのが最もオススメ。

ホントの9時に行くと夜明け前から待ってたマニアだと思われかねないので、9時5分くらいがちょうどいい。

この手の観光施設はスロースタートで10時~11時くらいに訪れる一般観光客が多いからである。

平日の朝一から訪れるのは、地元のアカデミックな人間がほとんど(の気がする)。

それ以外にも幼稚園児や小学生の団体がバス3台くらいで押し寄せることもあり、彼らとバッティングしないためというのもある。

彼らは平日11時から始まるイルカショーに合わせてなのか、10時半くらいに来ることが多い気がする。

経験上、大人しく見学する幼稚園児や小学生の団体というのは存在しないので、できるだけバッティングは避けた方がよい。

朝一が難しい場合は、閉館2時間前にあたる15時くらいの時間帯もオススメ。

ややせわしない感じもあるが、心を乱す幼稚園児や小学生の団体がいないはずだからである。

マリンピア日本海以外の新潟オススメスポット

第3故郷ではあるが、最終的には観光スポットとして他人様にオススメできるのはマリンピア日本海しかない。

・・・と言ってしまうと新潟愛が全く感じられないかもしれないので、マリンピア日本海の次点以降にオススメできるものを紹介する。

新潟地下街「西堀ローサ」

全国有数の立派な地下街があるのに勿体ない・・・

世間的には地下街というのは地下鉄の乗り換え通路とかに自然発生的にできるものと認識されているかもしれないが、新潟市には地下鉄はないものの、結構、大規模な地下街が単独で存在する。

10年くらい前だったらデパートと接続していたり、それなりに賑わっていた気もするが、現状ではデパートも閉店して物悲しい雰囲気が漂う地下街となっている。

2025年には運営会社が解散されるそうで、残っているテナントも退店が要請されているという。なんということか。

イタリアン

みかづきのイタリアン。観光客が食ってる姿を見たことは一度もない

焼きそばにミートソースがかかったような新潟独自料理。

新潟市だったら「みかづき」が有名。長岡方面だと「フレンド」が有名。

食べ比べると、かなり麺やミートソースの感じが違う。

タレカツ丼

店によっては煮卵が載っている場合もある

卵で閉じないタレカツ丼の店が新潟には多い。

タレカツ丼を知ってからというもの長い間、卵で閉じないのは「けしからん!」と思っていたが、ロースじゃなくてヒレカツを使うことが多く、そもそも卵とじのカツ丼とは別料理なのである。

騙されたと思って食べてみると想像以上に美味しかった。色々な店で食べ歩くほどにハマった。

有名店も存在するが、並んだりしないで普通に食べに行ける。観光地で食べると高いが、専門店でも意外と庶民的なのだ。政ちゃんとかのチェーン店もオススメ。

バスセンターのカレー

ミニカレー。当たり前のようにソースをかけるのが新潟っ子(?)

新潟3大グルメの最終兵器。

その名の通り、バスセンターのカレーなのだが、立ち食いそば屋の人気メニューなのである。今では土産用のレトルトも普及している。

新潟グルメでオススメを一つだけ選べと言われたら、早い、安い、旨いの3拍子揃ったバスセンターのカレーだ。

旅モノ

なぜ人は沖縄病になってしまうのかを論理的に考えてみる

日本人の2~3割くらいは俗に言う沖縄病を患っていたり、過去に沖縄病だった、もしくは潜在的な沖縄病患者である。

大きな意味もなく足繁く沖縄に3~4回と通っていたら、ほぼ沖縄病。10~20回以上なら完全な沖縄病。

内陸県に在住しているような人が、たった1度だけの沖縄旅行で海の青さに感激したあまり、急に会社を辞めて荷物をまとめて1か月後には沖縄に引っ越してしまうというのも、ある意味で重度の沖縄病患者だろう。

年間2万7千人引っ越して2万6千人くらいは逃げ帰る

2000年代前半は空前の沖縄ブームだった。

ドラマとか音楽アーティストだとかメディアの影響が大きかったと思うが、AIブームみたいに一定の周期でブームがやって来ては去っていくらしい。

その頃に何冊か発刊されていた『沖縄スタイル』という、銀座や六本木を闊歩するハイグレードOL(笑)を思わせるハイソな沖縄移住成功者たちを紹介するムックによると、その頃は年間2万7千人くらい沖縄に移住していたという。

ただ、憧れだけで引っ越したわけで、現実(要は島での仕事や人間関係)に打ち砕かれて年間2万6千人くらいは逃げ帰ってくるという。

それだけ聞くと、煽るだけ煽って酷い媒体だなと思うかも知れないけど、40代や50代とか微妙な年代で移住した人たちも紹介されていて、個人的には勇気づけられたりもする(そうなのか!?)。

でも、あのムックだけを見ると、沖縄には芸術家や「なんとか士」とかみたいな立派な職業の人や、引っ越していきなりホテルのオーナーになれるくらい金と実績がある人ばかりが移住しているのではないか・・・という浮世離れした思想に陥りがちだから怖い。

沖縄で見かけるあの店もあのホテルも、実は移住者がオーナーだったのかと驚くことが多いムックだ。

個人的には、あのムック自体が沖縄病の匂いがプンプンしてきて嫌いではない。

ちなみに、このムックは30冊も続いたがブームが去った頃合いなのとネタも尽きたからか2009年に休刊した。

なぜ人は沖縄に憧れるのかを真面目に考える

ここからが本題のつもり。本来は日記帳に書くようなことだけど、ここが日記帳みたいなものだから、まぁいいか。

主に自分の場合で解説するけれど、他人のケースでも多くは当てはまるのではないかしらん。

沖縄が日本語の通じる外国だから

前述のハイソなムック『沖縄スタイル』によればだけど、沖縄は日本語の通じる外国だからというのが大きい。

ちなみに、フィリピンの東の方にあるパラオで使われているパラオ語は、日本統治時代の影響で日本語の単語が数百程度も含まれているという。

だが、沖縄の場合は方言を除けば日本語そのもの。

通過も日本円だし、インフラ周りも日本そのものなので極めて日本に近い外国であろう。

日本人国籍があれば自動的に沖縄の永住権がある

日本の環境が合わないので海外移住も何度も考えたが、思った通り、海外移住のハードルは高い。

海外展開している大企業や国の機関などの駐在員としての後ろ盾があれば、そういう組織に入るのが低スペック人間には絶望的に無理という問題を別にすれば、一時的な海外移住であればそう難しくないだろう。

だが、完全に個人で海外に永住するのは相当にハードルが高い。

富士山、いや、エベレストくらい高い。

先進国ではもちろんだが、東南アジアなどの国でさえ、ハードルは相当に高いのだ。

その国の企業に雇われればビザの発行はしてくれるだろうが、その企業を退職したら住み続けることができなくなってしまう。

外国に永住権を取得するのは国によっても違うが、住むというくらいだからその国の言語が相当できないと厳しいし、学歴や仕事の実績(医師その他の職業的ステータス)が国際レベルで高くないとならなかったりする。

投資家ポジションとして金で永住権を買う方法もあるが、日本円で最低1億円くらいの資産が必要な国が多く、総合的に考えると前述のようにエベレスト級に外国の永住権を取得するのは高い。

どんな方法をとったとして、どう考えても絶対に必要なのは『健康』『語学力』『金』の3つであり、これが1つでも足りていないと海外移住など不可能な話だ。

抜け道があるとすると国際結婚くらいだけど、これは真面目に考えたことはないから、その諸問題などはここでは書きようがない。

日本の中では南国に近いから

沖縄は常夏ではないものの、日本の本土に比べると相当に暖かい。

北海道出身なのにそこいらの東京人はもちろん、そこいらの沖縄人よりも寒がりな自分からすると、これは大きな魅力。

1年の半分が雪に覆われている北の大地でどうやって過ごして来たのか今では想像もできないが、寒がりな人間にとっては寒さは生命力とあらゆるモチベーションを奪う。

つまり、沖縄が格段に暖かいということは、生命力とあらゆるモチベーションが満ち溢れてくるはずだ。・・・本当か?

DNAにより本能的に外へと向かわせるから

人類はアフリカで誕生したが、DNAにより本能的に領域を拡大して、外へ外へと広がっていった。

その結果として日本に人が住んでいるのだと思う。

アメリカ人はうまく行かなくなったすると、生まれながらの当然の権利として西へ西へと大地を開拓していったが、日本人に当てはめて考えると、うまく行かなくなったりすると、当然の権利として西へ西へと沖縄を目指すことになるのであろう。

現状に大満足している人は沖縄を目指すことはないし、現状が上手くいっていないか、少なくとも現状がパッとしない人が沖縄病になるのである。

なぜ沖縄が好きかと聞かれたらこう答えるのがベスト

あんまり初対面レベルの人に「なぜ沖縄が好きか?」という込み入った質問をされたくはないが、仕事上の付き合いなどがある人に聞かれたとしよう。

「DNAによる本能で・・・」と答えるのも変な人と思われるだろう。

わかりやすく平易な言葉にすると「現実逃避で・・・」→「現実を変えたくて・・・」と言葉を濁しながら説明することになる。

これが会社の上司や先輩とかだと後々面倒なことになるから、「沖縄そばが好きで・・・」、「青い海に恋をして・・・」くらいの思ってもいないようなことを言うのが無難だと思う。

旅モノ

美しい長良川が流れる岐阜市の街を歩いてきたぞ

岐阜は名古屋から(まで)快速電車で約20分という近距離

岐阜県の県庁所在地である岐阜市の街を歩いてきたぞ。

この街は東日本と西日本を行き来する時に、電車で通り過ぎたことは人生で15回くらいはあると思うものの、用事らしい用事がないので降り立ったのは今回が初めてなのだ。

タワマンがそびえ立つ岐阜駅前の様子

ひょえ~タワマンがそび立つ~、と思いきや、ただのタワマンではないのだ

メインサイドと思われる岐阜駅の北側の様子。

岐阜市の約40万人という人口からすると「ひょえ~」としか言えないタワマンが迎え入れてくれる。そこいらの100万都市にもあまりないような高さのタワマン。

しかし、このタワマンで後で知ったのだが、単なるタワマンではなかったのだ。

大阪駅前(梅田)かと思うような何車線もあるでっかい道路

有事の際には2つのタワマンが合体して巨大変身ロボとなって岐阜市の平和のために戦う・・・というのは嘘で、写真で言うところの左側にある「岐阜シティ・タワー43」の下層階にはクールなショップやレストランが入っており、上層部は分譲や賃貸マンション、最上階には無料の展望室まであるという。

貧乏旅行者にも優しい太っ腹な複合商業ビルだったのである。

なんとなくタワマンは日頃から近寄りがたいので避けてしまったが、無料の展望室には行ってみたかったものである。

ちなみに、駅の南側は全国的に見ても大規模なソープ街が広がっていて、北側の雰囲気とはかなり違う。

アーケード街や飲み屋街が果てしなく広がる

アーケード街は赤いジュータン(?)のようなものが印象的

全国の他の同じくらいの人口の街はもう少し寂れていることが多いけど、名古屋の近隣だからだろうか、首都圏の衛星都市の駅前のような賑やかさがある。

駅を出て小道に入っていくと、居酒屋や飲食店が並ぶ通りが続き、やがてアーケード街が現れる。

居酒屋のエリアを抜けるとキャバクラ街というか夜の街が現れる。

若干、駅を出てから居酒屋とか夜の店くらいしか見ていない気もするけども。

ここは都会のオアシス的な場所。

「みんなの森 ぎふメディアコスモス」という場所らしい。図書館などメディア系の機能の施設。休日はキッチンカーが出店するようで、タコヤキのキッチンカーと、沖縄料理(沖縄そば、タコライスなど)のキッチンカーが出店していた。

直接関係ないが、沖縄以外で食べる「沖縄(の)料理」はなんちゃってレベルの味のことが多いから、あまり積極的に食べることはしない。

沖縄の雰囲気や気候などもコミコミで沖縄の味になるというのもある。

「ムーンライトながら」の長良川

都会を流れる川でこんな綺麗な川を見たのは初めてだろう

18キッパーには馴染み深い、昔走っていた夜行列車「ムーンライトながら」の名前の由来と思われる長良川。

沖縄のサンゴの海みたいにエメラルドグリーンがかっていて、とても綺麗な川だった。

自分はどこの街でも近くに川や海があれば必ず見に行くようにしているが、都会を流れる川でこんな綺麗な川は見たことがなかったと思う。

岐阜城は赤矢印のあたり

途中から何となく察しは付いていたが、駅で貰った観光マップを見ながら岐阜城に導かれるように歩いてきたものの、ここまで来て確信したことがある。

岐阜城は平地ではなくて、山の山頂にあるのだった。

先日、「旅行の友」だったミラーレスカメラのEOS M2のシャッターが寿命でぶっ壊れた影響で、光学ズームが使えないスマホでは点のようにしか撮影できず、何とも言えない侘しい気持ちを増強する。

岐阜城はそこいらの城と違って、駅前から歩いてトボトボ行ける場所ではなかったのだ。

要塞や戦いの場としては周囲を360度見渡せるし、簡単には攻め入ることができない山頂に城を建てるのはベストな選択だろう。

もちろん有料だけど、山の麓まで行けばロープウェイがあるそうだ。

金と時間を惜しまないのであれば見学はそう難しくないものの、岐阜城は空想の世界で楽しむことにして岐阜の街を後にした。