Final Stage 真・北海道編 Excellent Hokkaido Native

プロローグ ローリンサイクリストは明日もきっと転がり続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年夏。当初、この旅行記はラフスタイル自転車旅行の第7弾として公開する予定だったが、旅行中に考えたあんなこと、こんなことなど、様々な事情にて、やはりここで一旦、終止符を打ちたいと思い、とりあえずの最終章として記述することとした。

遠回しに言っているが、補足すると少々現実的な話で恐縮だが、自転車で飯を食っているわけじゃないから、なんつーか自転車旅行ばかりもしていられないのだ。

ただ、心変わりは人の常。これが永久的な最終章であることを意味するわけではないだろう。誰かに頼まれてやってるわけじゃないし、またやりたいと思った時が来たら、きまぐれで再開すればいいのである。旅行同様、なんという適当!

人生は旅。そんなフレーズをテーマにする旅行会社かホテルチェーンがあった気がするが、私は人生は旅ではないと思う。旅というのは、わりかし、出発点や終着点がはっきりしていて、目的も基本的にはっきりしているのが普通。

旅が人生の一部であっても、人生自体が旅ってことはない。目的や終着点がはっきりしている人生なんて、あってはいけない気がする。

さて、今回の行き先は北海道。いろいろ折り合いをつけて、なんとか10日程度の期間が確保できたので、沖縄に行くか非常に迷ったが、北海道は夏場しか自転車旅行ができないので、北海道に行くことにした。4回目の北海道自転車旅行である。今までの旅行については、過去の旅行記を参照頂きたい。

ちなみに、細かく言うと私は生まれが北海道なので、子供の頃とか学校に行ったふりとかして、家の近所や隣町、いや北海道は平均的に隣町が遠いんだが、そういうレベルの自転車旅行は沢山しているから、通算500回目くらいと言った方が良いのかも知れない。

それと今回はウィークポイント的なものがあって、生活(≒仕事)上の都合で、まともに長距離を走るのは実に半年以上ぶり。キャンペーンで価格的に安かったので、行きは茨城県の大洗から苫小牧のフェリーに乗り、帰りは新千歳空港から成田空港へのジェットスターとした。

北海道についてからのコースは・・・どうだろう。私は一般的な“北海道に行くサイクリスト”ではなくて、地元が北海道だからか、最北端の稚内を目指すとか、一周したいとか、全く思わないし、そういう趣味がない。

1年近くキャンプツーリングのブランクがあると、それがどういうものだったか思い出せない。自分の旅行記(このサイト)なんかを少し読み直してみると、“なんかすげー大変そう、この人アホじゃないの・・・(自分だけどナ)”くらい、普通の生活とのギャップがある。

まずは自宅から大洗港への150Kmの旅が控えている。これが、まず厄介だ。雨でも困るし、炎天下でも困るし、中間くらいだといいのだけどな。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

楽天トラベルならホテルだけの予約はもちろん、飛行機とホテルを同時に予約することも可能。北海道をはじめ、全国各地への航空券と好きなホテルを組み合わせるだけで、自由に旅の計画が出来る!!

楽天トラベルで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

CAPTCHA