旅モノ

【連泊に最強!?】沖縄で近年多いMr.KINJOというホテルに滞在してわかったメリット&デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


この10年くらいで沖縄の各地で目にする「Mr.KINJO」というホテル(?)についに宿泊デビューした。その独特な名前(KINJO=金城は沖縄によくある姓だが)もあって、今まで、何となく避けていた。

今回はMr.KINJOに初めて宿泊する人のために、通常のホテルとの違いや、メリット、デメリットを利用者目線で紹介したい。

中・長期滞在が多い沖縄にマッチしたマンション型ホテル

夕暮れの浜辺の散歩は鉄板


沖縄は通常の観光地としても人気のある場所だが、特徴的なのが1週間や数週間以上の滞在をする人が多いということ。沖縄に何度もリピートしている旅行者だったら、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなどで中・長期滞在したいと考えたこともあるのではないだろうか。

冷蔵庫、電子レンジなど家電付き


Mr.KINJOはホテルという形を取っているものの、建物や部屋の設備面は前述のウィークリーマンションなどに近い。コンドミニアムとも言うが、キッチンや電子レンジ、洗濯機など家電付きなのが特徴だ。

通路など外観は普通にマンション


それでいて、あくまでホテルなので楽天やじゃらんなどの宿泊サイトで1泊から予約できる。ウィークリーマンションやマンスリーマンションでは保証金や光熱費などが別途必要になる場合もあるが、普通のホテル代金のみで利用できるのが利点というか美点だ。



メリット1 連泊に最適なシステム

部屋に入るとマンションそのもの(!?)


1泊から利用できるとは言っても、フロント(と言う名の管理人室?)の空いている時間が物件によるが15時〜22時くらいだったりする。弾丸旅行や仕事の出張などで、遅い時間に到着して寝るだけの場合は通常のホテルの方が利便性が高いかもしれない。朝食は提供されないので、朝食もホテルで食べたいという場合も、通常のホテルに泊まった方が良いかもしれない。

しかし、ある程度、沖縄に慣れていたりして滞在中にフロントに特に用事はないという場合は、こういったマンションタイプの方が利便性が高いだろう。自宅にいるかのように、スーパーで食材を買ってきて部屋で調理をしたり、洗濯などができるからだ。

滞在中の部屋の清掃なども通常はない(別料金で頼める場合もあり)が、連泊で旅慣れている人なら、これも特に必要性はないだろう。ゴミ出しは必要があれば、所定の場所に出しておいたり、タオル交換などは無料で対応して貰えることが多い。

メリット2 値段の割に設備が良い

部屋内に洗濯機がある。バルコニーや浴室乾燥機で干すのも便利


同じ地域にある同じ価格帯の通常のホテルと比べた場合、Mr.KINJOの方が部屋がかなり広くて、物件によるがバス、トイレが別だったりする。さらにバルコニー付きの場合もある。

前述のようにキッチンや洗濯機も部屋にあるし、部屋の設備面では同価格帯の通常のホテルよりかなりグレードが高く感じるだろう。

ざっくりした感覚で言えば、普通のホテルだったら1泊1万円近くするような部屋に、Mr.KINJOなら半額以下で泊まれる。

デメリット1 フロントが24時間常駐していない

普通のホテルだったら、正面に大きな入り口があって、フロントがでーんと構えているのが一般的。呼び鈴を鳴らせば、24時間対応してくれる場合が多い。

しかし、Mr.KINJOはじめコンドミニアムタイプの場合は、管理人室というような場所に15時〜夜までの決まった時間だけフロントの人がいるだけのケースが多い。チェックインも入り口のインターホンで決められた号室を呼び出したりと、初めてだと少し戸惑うかも知れない。

つまり、夜間や早朝の設備など何らかのトラブルが起きたとしても、すぐに対応して貰うことが難しい場合がある。フロントと言っても個人経営ではないので、その時によって常駐する人が違うのだが、ざっくりと予約サイトのクチコミを見た方が良い。

ちなみに、チェックアウトは鍵を返却ボックスに入れるだけという簡素な場合が多い。

デメリット2 ロケーションがやや不便な場合も

物件によるので、那覇市内だとゆいレールの駅から近い場合もある。

ただ、那覇以外だと少し観光地から外れた住宅街的なロケーションの場合も多いように感じがしなくもない。長期滞在だと毎日観光ってわけでもないので、デメリットというほどでもなく、むしろスーパーなどが近くて住んでいる感覚が味わえるが。

デメリット3 朝食なし、素泊まりが基本

旅の魅力はその土地のグルメを味わうこと、と思えると少し大人。いや、筆者も20代の若者だった時は旅とグルメは切り離していたが、最近はセットのような気がしている。

マンション感覚で数日以上滞在していると、自炊的なことも段々と面倒になり、朝食付きの普通のホテルが羨ましく思えてくる場合もあるかもしれない。何目的の滞在かによるけど、個人利用の場合は旅行だか何だかわからなくなる可能性も。

デメリット4 物件のクオリティが様々かも

これは賃貸物件とか普通のホテルでも言えるが、外観が立派なマンションに見えても、意外とレオパ○ス並に近隣の部屋からの物音や声が響く物件があった。

安めのビジネスホテルでもベッドは割と高級なマットレスを使っていることが多いが、Mr.KINJOベースで経営が最近変わったという名護の某物件に泊まった時は、マットレスが安物なのか異様に沈むタイプで腰を悪くしそうだった。一般的に高級なマットレスは極端には沈まず反発力があり、ふかふかなマットレスは安物に多い。

物件によっては部屋の備品や共用部分の整備がイマイチな場合もあるので、クチコミはチェックした方が良いだろう。

まとめ Mr.KINJOは数日以上の連泊ならオススメかも!?

連泊だと自炊もしたくなるのでキッチンもいいよね


気になった部分をデメリットとして列挙したが、実際にMr.KINJOを連泊利用して思ったのは、連泊の場合だったら普通のホテルにはもう泊まりたくないかも(!?)というくらいの利便性をまず感じた。

沖縄はMr.KINJO以外にもコンドミニアムタイプのホテルが多いのだが、数日〜数週間程度ならぜひ利用したい施設だろう。

ちなみに、あくまでホテルなので郵便物などは対応できないし、数ヶ月単位の滞在だとマンスリーマンションや賃貸物件の方が利便性が高いはず。数週間くらいなら価格的にも利便性的にも、大体は文句がないレベル。

↓那覇中心部にある駅近Mr.KINJOの例
Mr.KINJOinMIEBASHI

【PR】GoToトラベル割引適用で交通機関+ホテル予約OK!!
日本旅行がオススメな理由

国の観光業を応援する施策『GoTOトラベル』は適用される場合とされない場合があって、意外と申し込みに手間がかかるのが実情。例えば、JRや航空会社から直接チケットを買うと適用されないという落とし穴も。

でも、『日本旅行』のサイトから申し込めば簡単! 出発地域と旅行に行きたい地域を選ぶだけで、GoToトラベル割引された交通機関+ホテルのパックツアーが簡単に申し込める!

日本旅行のサイトへGo!!

コメントを残す

*

CAPTCHA