Second Stage 埼玉~東北~北海道編

プロローグ 新しい旅へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最初に断わっておくが、この旅は本来予定していなかったものである。ある意味、番外編だ。なにしろ、このスポーツ自転車を買って達成したかった最終目標が「新潟まで自転車で行くこと」だったから。だって、もう新潟に行ったんだから、本来はすべて終わりなのである。ゴールイン! お疲れ、自分! めでたし! めでたし! またいつの日か、お会いしましょう!! さようなら~!!

・・・だが、その新潟旅行が案外あっさり達成できてしまって、自転車のローンも残っているから元を取るべき、もっと違う旅行に行くべきだ・・・というのが旅立ちの理由だ。

この頃はまだ気づいていなかったが、自転車旅行というのは中毒性がある。旅の終わりころに、体も心も疲れ切って「二度と自転車旅行なんかするものか!」と心底思うのだが、数日して疲れが癒えたら、なぜかまだ自転車に乗りたくなってしまう。自転車中毒とでも言うのだろうか・・・。間違いない。きっと自転車には依存性がある。

いま新潟以外で行きたい場所といえば、帰省も兼ねて北海道だろう。鉄道や飛行機では何度も行ったことがある(というか生まれた場所)北海道に、自転車で人力で行けるとしたら、それは素晴らしいことだ。地震など自然災害が多発している中、万一交通機関がストップしても、自転車なら自分の力だけで行き来できる。そのための練習をしておこう。でも、それほどの規模の災害なら、道路も使えないから結局できないのでは? などという矛盾というか、適当な考えを色々としているうちに、出発の準備は整った。

大まかな地図や宿泊予定地の情報をスマホに入れて、できるだけ荷物は少なくした。ちなみにマイスマホはwifiのある環境でしかデータ通信はできない。お金が勿体ないから、通話機能しか契約していないからだ。GPSすら使えず、大した役には立たない。まだ5月で北海道は寒いだろうから、重ね着できる服装の用意だけはした。

前回の新潟旅行同様、適当な準備だけして、とりあえず旅立つことにした。

※地図はイメージです

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

楽天トラベルならホテルだけの予約はもちろん、飛行機とホテルを同時に予約することも可能。北海道をはじめ、全国各地への航空券と好きなホテルを組み合わせるだけで、自由に旅の計画が出来る!!

楽天トラベルで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

CAPTCHA