Fifth Stage ひがし北海道 ホタテフライ夢ロード編

15日目 再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この日は早朝に旭川を発った。旭川には無料のキャンプ場がいくつかあるが、札幌方面へと戻ることにした。旭川の街に用はなかった。

特に大急ぎで戻る必要はなかったので、途中の街にも立ち寄ることにした。この区間は特急列車や高速バスでかっ飛ばしてしまう旅行者やビジネスマンが大半だが、そこそこ魅力ある街も存在するはずだ。

滝川の道の駅。野菜などが売っていた。

岩見沢の縁日。

ジェイアール生鮮市場はJR北海道の100%子会社。札幌周辺の各地にある。ディスカウントスーパー的で埼玉で言うとロヂャースに近いような。

この頃はドリンクバー的に色々な飲み物が飲みたかった。

江別の街へと帰ってきた。このまま札幌市内へと進むか迷ったが、あと2日間くらいの間は天候が安定しているようなので、最初に泊まった野幌のキャンプ場へ行くことにした。というより、本当はホテルに泊まりたかったが、連休で安ホテルは満室、1泊2万円の高級ホテルしか空き室がなかった。

キャンプ場に到着。受付を済ませる。もう9月も中旬に差し掛かり、朝夕はだいぶ寒いのだが、連休前だから家族連れのテントがとても多かった。20~30組くらいはいるだろう。そして、入り口付近には見たことのあるおじさんがプラスチックのベンチに腰掛けて、缶第3のビールをゆっくりと飲んでいた。九州から来たランドナーのおじさんだ。

「こんにちは・・・前にお会いしましたよね」

おじさんは旭川方面まで一度行ったものの、天候悪化で山には入らず、ここに戻って来たのだという。北見峠を越えて遠軽や湧別、紋別に行ったこと、網走での迷惑な茨城ライダーのこと、トホダーに出会ったこと、摩周温泉、釧路に行ったこと、長野の軟弱ライダー、ホタテフライを食べに湧別に戻ったこと、貸切だった遠軽のキャンプ場・・・旅の出来事をダイジェスト的におじさんに話した。

おじさんは30歳くらいの時に会社を辞めて、それ以降の18年間は臨時のアルバイトをしたりする時期もあるそうだが『遊んで暮らしている』のだそうだ。熊本の実家にも少量の荷物はあるが、ほとんどの持ち物をランドナーに積んで旅をしている。山登りは虫が少なくなるこれからが本番らしいが、九州に帰ろうと計画している。

旅の最初と最後のキャンプ場でこの人に会うのは何かの縁だと思ったので連絡先を渡したが、おじさんは連絡手段を持っていないという。それでも構わないと思った。

明日も私はここに泊まるので、時間が合えば晩酌でもと話した。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

楽天トラベルならホテルだけの予約はもちろん、飛行機とホテルを同時に予約することも可能。北海道をはじめ、全国各地への航空券と好きなホテルを組み合わせるだけで、自由に旅の計画が出来る!!

楽天トラベルで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

CAPTCHA