旅モノ

【複雑すぎる】沖縄のバスは乗るのが難しいと思う理由を列挙してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よく見ると「すみません回送中です」などとユニーク

沖縄で公共交通と言うと「ゆいレール」を除けばバス。ある意味で恐怖の対象だ。

東京の電車網より遥かに複雑な路線網を持つ沖縄のバスを乗りこなすのは、たまにしか沖縄を訪れない旅行者にとって相当難しい。沖縄に年数回のペースで訪れている筆者にしても、乗ったことのない路線にサクッと乗ることは不可能。初めて沖縄に行く人や、数年に一回しか行かない人にはもっと難しいはずだ。

「このバスだ!」と思って乗っても「終点ですよ!」「乗れないよ!」「そこには行かないよ!」と一瞬でダメ出しされることもしばしば。この程度で凹んでいたら沖縄でバスに乗るのは永久に不可能なのだけど、今回はどうして沖縄のバスはこんなにも乗るのが難しいのか科学的に考察してみた。

1人でも2人でもいい、沖縄のバスで滅多打ちにされてしまった人の救いになればと思う。

一つのバス停に20以上もの行先、経由がある

国道58号線沿いの平均的なバス停

沖縄のバス停と言っても色々あるが、主要幹線である国道58号線にある平均的なバス停だとこんな感じ。

時刻表部分の拡大図

このバス停の場合、行先や経由別に分けると何と22種類もの系統のバスが停まるのだ。平日と土日祝日など曜日によって違ったりもするし、停まるバス停が限られている急行バスというのも混じって走っている。

東京の電車も埼京線のホームに湘南新宿ラインが停まったり、快速、通勤快速や行先の違いがあったりはするけど、ホームで案内もされるし、よほど都会の電車に慣れていない場合以外は、路線図を見ればどこで乗り換えればよいかなどがもう少しわかりやすいと思う。乗り換え検索アプリなんかもあるし、よほど辺鄙な場所に行かない限りはそんなに難しくない。

渋滞に混ざってバスが連続的にやってくることも多いけど

沖縄のバス停の場合、東京の駅と違って無人なので「次のバスはどこどこ経由、どこどこ行きです。途中の停車バス停は・・・」なんて案内されることもないし、バスがやってきたら瞬時に判断しないとならないという緊張感がある。

時刻表が荒れ放題で読めない

都心部でもバス停によっては荒れていることも

那覇の都心部にある幹線道路沿いの利用者が多いバス停だと、さすがにこんなことは滅多にないと思いたいが、少し郊外や利用者の少ないバス停だと時刻表が雨風で敗れていたり荒れ放題で読めないことが多い。

那覇市内の観光名所に近いバス停もこんな感じ

心無い誰かがいたずらしている場合もあるだろうが、ラミネートなどせずに印刷した紙をそのまま貼っているだけのことも多いので、沖縄の激しい雨風で剥がれたり破れたりして、全く読み取ることができないことも多い。

沖縄本島の半分くらいのバス停はこんな感じの気がする

スマホの時刻表などを駆使すれば乗れないこともないが、一番重要なのは現物のリアルなバス停から読み取れる情報なだけに、荒れ放題のバス停と対峙しないとならないのは難易度を上げる大きな要因となっている。

沖縄のバス会社は過去に民事再生したりと経営状態は全体的によくないので、時刻表にラミネートしたり、管理をしっかりする予算が取れないという事情があるとは思うが、バス離れが進む悪循環に陥ってしまうのではないだろうか。

沖縄の人も普段乗る路線以外はよくわからない

基本事項として子供や高齢者を除けば、沖縄の人の多くはマイカー生活をしていることが多いので、そもそも普段バスに乗らないという人が多い。

バス停で居合わせた地元の人に聞こうにも、普段から利用している路線以外はわからない場合が多いのだ。自分に照らし合わせてみればわかるが、東京の電車でも普段利用する路線やその周辺以外は停車駅などの詳細がわからないことが一般的だと思う。

沖縄で地元の人に聞いたところで解決しないのは仕方ない。明らかに地元の人でも時刻表を睨めっこして、乗るべきバスを議論している光景もよく見るし。

運転手の判断で行先が変わることもある(?)

沖縄のバスは時刻表や路線図よりも、最終的には運転手の判断に委ねられていることもある気がする。

那覇市内である路線に乗ろうとした時、路線図的には次のバス停が終点にも関わらず、終点で一つ手前で運転が打ち切られてしまい、乗車させて貰えなかったことがあった。

実際には筆者が乗る方向(上り、下り)を間違えていたのだけど、一般的に歩ける距離の区間を乗ろうとしても乗車させて貰えないケースもあるというふうに納得した。「〇〇方面だったら乗り場は逆ですよ」くらい教えてくれればよかったけど、終点とだけ告げられて思考停止になってしまった。

昔は沖縄のバスの運転手はタクシーの運転手みたいに喋りかけてきたり親切な人が多かったけど、最近は親しみをあまり感じない運転手が多い気がする。

ICカードはOKICAしか使えない(執筆時現在)

OKICAはほぼ沖縄でのバス専用カードなのが悲しい

ゆいレールはSUICAなど本土のICカードで乗車できるようになったけど、バスについてはOKICAという沖縄独自のICカードしか使えない。

筆者はバスで両替したり小銭を払ったりするのが死ぬほど嫌いなのでOKICAを作ったが、バスでSUICAが使えないのは「沖縄のバス路線が複雑過ぎてSUICAのシステムと統合できない」からだと聞いた。

県外の観光客≒レンタカーという図式もあるが、OKICAを持っていない観光客は、キャッシュレスのご時世に小銭での支払いが強いられる不便がある。

ちなみに、OKICAは逆もしかりで、東京の電車で使うことはできないし、電子マネーとして支払いできる所も沖縄県内でさえほとんどない。ほぼバスとゆいレール専用である。

バス停に難読地名が多い

勢理客(じっちゃく)はまだ読みやすい方だけど、読めんのは本当に読めん!

沖縄は本土とは違う独特な読み方をする地名が多い。那覇市内のメジャーな地名でさえ、安謝(あじゃ)、天久(あめく)、銘苅(めかる)など、本土の感覚だとまず読めない地名が多い。行先や経由地の読み方がわからず、心理的なハードルが高くなってしまう場合がある。

地元の人や運転手、車内の案内などで「次はどこどこです」と言っても、地図の地名などと一致しない場合もあったりする。

また、沖縄あるあるで実際の地名とバス停の位置がかなり違ったりすることも多い。北谷のアメリカンビレッジは以前は「軍病院前」というバス停だったが、最近は「美浜アメリカンビレッジ入口」という名称に変更されたり、昔の地名のままのものもあれば、今どきの名称に変わっていものもあったりする。

わかりやすいスマホアプリがなかなかない

沖縄本島の中南部の場合、沖縄バス、琉球バス、那覇バス、東陽バスという4つのバス会社が走っているため、それぞれのバス会社の公式サイトの時刻表を見るだけではとてもじゃないが自在にバスを乗りこなすことはできない。

沖縄のバス移動の行先をスマホのGoogle窓などで検索すると、NAVITIMEやジョルダンなどの東京の会社がやっている乗り換えサイトが出てくることが多いが、これがわかりやすい場合もあれば不十分な場合もある。

本土の電車だとそれらのアプリは優秀でも、沖縄の複雑なバス網には対応しきれていない感じがあるのだ。バス停の上り下りを間違えると酷いことになるし、バス停を探すのがまず大変。幹線道路なら上り下りはわかりやすくても、郊外だと単純に北、南で判断することもできないから、出発する前にホテルなどでじっくり研究した方が後悔しないで済む。

沖縄の複雑なバス網を学ぶ上で一番わかりやすいのは下記の「バスマップ沖縄」というサイトさん。東京で言う「京浜東北線」とか「丸の内線」とかいうのは「〇〇番」みたいな系統番号に置き換えて理解するとよい。番号で覚えるのは大変だけどね。

道路工事でバス停の位置が大きく変わる

那覇北部~浦添あたりの58号線

沖縄は主要幹線を含めて、年がら年中大きな道路工事をやっていることがあるが、道路工事の事情に合わせてバス停の位置が大きく変わる場合がある。

執筆時だと那覇北部~浦添あたりの58号線の北向けは絶賛各幅工事中のため、バス停が臨時だったりして乗るのが大変。

このあたりを歩いている時、雨風が強くて歩くのも大変だけど、乗り場がわからなくて困っている地元のおばぁにバスの乗り場を聞かれたけど、俺も正直わからん!

不慣れな場合は面倒でも那覇ターミナルから乗ろう

再開発で上等になった那覇バスターミナル

筆者みたいにペーパードライバーで、とてもじゃないが沖縄でレンタカーなんか運転できるわけない! という人が確実に路線バスに乗ろうとする場合、面倒でも那覇のバスターミナルから乗ると確実性が高い。

ここはちゃんとした電子案内版があるし、時間帯にもよるが建物内にインフォメーションみたいな人がいたはず。観光案内所も近くにあるし、確実に路線バスに乗るならバスターミナルから乗るのがよい。

帰りはバスターミナル行きのやつに乗ればよいし、確信がある場合を除けば、バスターミナル以外のところから乗り降りするのは難易度が高い。

【PR】いらなくなったPC、家電の回収サービス!!

国が唯一認定した『パソコン/小型家電の宅配便回収サービス』

ご家庭に眠っている不用なパソコン/小型家電を宅配便でご自宅まで回収に伺い、国認定工場にて適切にリサイクルを行っています。

詳しく見る