Sixth Stage 沖縄やんばる Special Touring Style

1日目 沖縄本島のキャンプ場事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

台風により飛行機を1週間後にずらした。成田空港まではいつも通り国道16号線などを通って向かう。出発は明日の早朝なので前日の日中に移動する。

この旅で使用する自転車。数回の自転車旅行の末に辿り着いた、現時点で最新&最高のラフスタイル自転車旅行仕様車。

今回もキャンプを予定しており、シュラフとテントを持っていくため、1600円の安物リアキャリアを復活させた。せっかく買ったが1度しか使ってなくて勿体無いのと、テントは車体に括り付けられるが、シュラフはどうにもならず。前回の旅行ではシュラフはリュックに入れたが、かなり嵩張るし重たかったのだ。

ちなみに、沖縄本島のキャンプ場事情について。

比較は不幸の始まりだが、あえて比較すれば北海道はキャンプ天国、沖縄はキャンプ地獄と言って良いだろう。沖縄ではキャンプといえば米軍キャンプ(上の写真)か、プロ野球チームのキャンプを意味する。昔から金属加工がお茶の子さいさいで、キャンプ用品メーカーが多い新潟の人達もビックリしそうだが、意外にも沖縄では週末ファミリーキャンプみたいなものは一般的ではないという。

実際問題、首都圏並みに人口過密な南部にはキャンプ場を作る土地の余裕はなく、昼夜問わず戦闘機が飛び交う中部以北に僅かに存在するキャンプ場は、テント1張り1,000~2,000円くらいが相場。

参考までに、県庁所在地の那覇市中心部の安ビジネスホテル(個室、バスルーム、エアコン、ネット環境あり)の相場が1泊2000~3000円くらい。

そのためか、観光を主要産業とし国内屈指の観光県である沖縄は、貧乏ツーリングの人間には避けられている。議題に上がることすら滅多にない。亜熱帯で、冬でも日中は半袖で過ごせるほどの好環境なのに勿体ない・・・。

しかし、執念で沖縄でのキャンプ事情を2週間かけて調べ尽くすと、様々なことがわかった。

ダムだ。通称やんばる、沖縄本島北部にはダムが複数あって、特に宣伝していないがダムサイトのWebサイトにはキャンプの申請書がある。許可が必要だが、ダムサイトなら無料でキャンプできるのだ。その他にも、キャンプ場を名乗っていない、専門施設以外のところがキャンプ場を密かに併設していたりする。例えば、図書館とか民間の植物園とか、辺境の地にあるカフェなどである。

その他には、フェリー代がかかるが近隣の離島だ。沖縄は本島以外にも沢山の有人島がある。そして、その島同士はどこも観光客誘致のライバル関係にある。本島の近隣には安くて上等なキャンプ場を設置している島がいくつかあるのだ。

なかなかネットで調べているだけでは、現地の風みたいなものがわからないのだが、どうも沖縄にはビーチパーリーなる習慣があるらしい。浜辺でバーベキューとか宴会をやって、そのまま浜辺で朝まで酔い潰れて寝たりするイベントだという。これは老若男女問わず、誰でもやるらしいのだが、これが沖縄以外でいうキャンプに相当するものではないのだろうか。

ビーチパーリーとキャンプの違いがはっきりしないが、こっちでいうキャンプよりも宴会重視なのがビーチパーリーなのだろう。

さて、車(自転車)は20時頃、成田市内へと入った。いつもは公津の杜駅付近のイトーヨーカドーなどで過ごすのだが、珍しく成田駅近くを散策してみる。公津の杜駅前には千葉県のキャラクター『チーバくん』のイルミネーションがあった。

私は埼玉県に住んでいるから、チーバくんを見る機会はないので新鮮な感じがする。埼玉県だとコバトンという、胡散臭いハトの一家がそこらじゅういてウンザリするが、埼玉を離れるとコバトンを見なくて済むのだなぁ、としみじみ思う。

成田駅の東側にはスーパーのヤオコーがあり、上等なイートインスペースがあることを発見。山岡屋は飽きたので、ここでカップラーメンや惣菜などを食べる。

21時ころ空港方面へ向かう。

川のほとりで煙草を吸ったりしながらゆっくりと向かう。

22時ころ、国道51号線の寺台インターのあたりで、若い中国人カップルに話しかけられる。成田ビューホテルの名刺を持っていて、女の方にホテルの行き方を英語で尋ねられた。成田ビューホテルは昔、所用で泊まったことがあるから知ってるよ。しかし、英会話なんて久しぶりだな。

「Go strait.about 5Km. But rong road.(意訳:真っ直ぐ行け。でも、お前らには無理)」

実際は5Kmもないと思うが、成田ビューホテルの周辺はバイパスみたいな感じになっていて、外人の歩行者が容易に辿りつけると思えなかったから、適当に5キロってことにした。

女性は異国の地で、外人(私)相手にサバイバルしているが、メガネを掛けたオタクっぽい彼氏は何をしているかというと、iPadで地図を検索中。ていうか、GPSも駆使しているんだろうし、それを見てわかんないんだったら相当だよ。彼氏もiPadも役立たず。こんな使えない彼氏とはすぐ別れたほうがいい。

彼氏は相変わらずiPad検索をしているが、女性は遠くて無理ということを理解したようだ。私も英語力が低いが、彼女も英語力が低いので、お互いよくわからん英語で会話を交わす。じゃあ、私はどうしたらいいの? みたいなことを言っている。

「Right turn Narita Station.about 2Km.And taxi.(意訳:右に曲がって2キロくらいの所に成田駅があるから、そこからタクシーにでも乗れ)」

彼氏は相変わらずiPad検索をしているが、彼女だけから英語でお礼を言われた。彼女は無事にホテルに辿りついて欲しいと思ったが、彼氏は野たれ死んでしまえばいいと思った。礼儀のない彼氏とはすぐ別れたほうがいい。

しかし、なんであんな成田ニュータウンの近くに中国人旅行者がいるんだろうな。典型的な郊外型飲食店などがいくつかあるが、外国の個人旅行者がわざわざ来る場所じゃない。パックツアーで、明日の早朝便で国に帰るという状況で、成田ニュータウンで夜の食事でもして来いという風にバスで降ろされたんだろうか。ホテルまで歩くと距離があるし、パックツアーの会社は中国人をバスで回収するなり、ちゃんとホテルまで戻る方法を案内しとけよ、と思った。

それとも成田駅から歩いて成田ビューホテルに行こうとして迷ったのだろうか。日本人でもそんなことする人あまりいないし、相当、地図力に自信がないと外国でそんなことしないよな。どっちにしろアホだ。

0時過ぎ、成田空港到着。相変わらず、迂回路の案内がわかりにくい。案内板は改善されていたが、紫外線で色が変色してて、薄暗いこともあってやっぱ全然わからん。

この案内看板を見ても私には理解できない・・・。

自転車を解体、荷造りし、なぜか夜明かし欧米人がいっぱいいる夜間待機所で休む。結構、ぐったり。少し眠った感じがする。

【PR】まだキャリア携帯? 月額1千円台~でネットも通話もOKな格安SIM/スマホ!!

1人でも、家族でもおトクに!ドコモエリアで使えて、お手持ちのスマホがそのまま使える格安SIMのBIGLOBEモバイルを紹介しています。ファーウェイなどの人気最新端末の同時購入も可能!!

詳しく見る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください